2008年09月14日

串本キャンプ 2nd day

2日目、、、
後輩Sがヒラを狙いたいということで、潮岬の地磯へ!!

到着すると、いい感じにサラシが!!

釣り開始2投目で真っ白なサラシの中からBlack Finがアタックしてくるが、のらず・・・

後輩も3度襲われるがフッキングせず・・・

それにしてもヒラスズキは喰うのヘタクソあせあせ(飛び散る汗)
ヒラスズキがヘタクソなのかexclamation&question釣り人がヘタクソなのかexclamation&question

両方かな眠い(睡眠)


このあと平和な時間を過ごし、終了。


自分のタックル(特にロッド)に自信がなくなってから、魚が釣れん・・・言い訳やけど。
注文したミュートス110H、早く届かへんかな〜

2008年09月13日

串本キャンプ 1st day

サークルメンバー8人で串本キャンプexclamation×2

1日目、みんなで大島地磯へ!!
ちょい荒れで、気配ムンムンぴかぴか(新しい)

朝イチからキャストを続け、、、
後輩GがK-TENミノーの早巻きでモンスターヒット!!
足元でヒットし、物凄い突っ込みで完全にのされている。
→フック伸ばされ、バラシ。。

とれへんかったけど、これでルアーメンバーのテンショングッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


この後、40センチ位のツバスがポロポロ程度


ダメかなと思いながらも、信頼するポップクィーンをキャストし続ける。
すると、チェイス→水柱exclamation×2 待望の青い魚雷exclamation×2


ヒットしたポイントの手前に目に見えるほど浅い瀬があったので、フッキングせずゆっくり誘導するように寄せてくる。
ファイトに持ち込める場所まで少しというところで、方向転換され針ハズレ・・・。


この後、同学年のまっつんが知らない間に50センチ位のオオモンハタをゲット!!

僕も負けじとボトム付近でジグをシャくるが、ロスト連発。。


夕方まで粘るが、大したこともなく終了たらーっ(汗)



2008年09月06日

串本にて

先輩Dさんと共に串本大島の地磯へ
前日に黒潮が離岸してしまうが、到着してみると結構潮が動いている。

湾内寄りで薄暗いうちからキャスト開始!!
朝イチ、Dさんのミノーにヒットするが、バラシ・・・
直後に僕のミノーにもチェイスがあるが、喰いきらず・・・

沖向きに移動してすぐ
Dさん、40センチのカンパチゲット!!

この後も小さいナブラは何度かあるもののHITせず。


昼前にDさん帰宅。
このとき潮岬付近の磯へ移動ダッシュ(走り出すさま)

先端で大きな潮目があり、青物がベイトを追いかけているのを確認。
アスリートミノーS12で攻めてみる。
真昼間ということもあり見切られるので、超高速巻き→ヒット!!
が、、足元でバラシバッド(下向き矢印)

このあとサメが入ってきて、反応がなくなる。
この磯は諦め、朝に入っていた地磯に移動し夕方までやるが、異常なし。


今回、数少ないチャンスを釣果に繋げられない非常に悔しい釣行となった。


2008年08月24日

Poisoning

黒潮も離れているので、京都の実家に帰っていると、、、
いつの間にか黒潮接岸。

T先輩と友人Jが串本に行くというので、慌てて津にもどる。
1人だけ晩飯を食べていなかったので、紀伊長島のコンビニで飯を買い、すぐに食らいつく。
尾鷲を越え峠に入った頃、、、足から痺れはじめ、全身へ
息ができなくて死ぬかと思ったが、何度かもどしながら無事に串本大島到着!!


クラクラしながらも朝マズメは逃したくない一心で、釣り開始。

アスリートミノーをセットし、ランガン!!
大き目のサラシの中でヒットするが、シオ。。
次もシオ、シオ・・・

デカイのも混じってるかと淡い期待を寄せながら、キャストをつづけるが、、、
シオ×30匹位で朝マズメ終了。


反応も薄いので、昼前に大島の別の磯に移動。



こちらも潮があまり流れていない。
が、期待が持てそうな感じ。

友人Jがツムブリをペンシルで釣り上げる。
ナブラ少々あったみたいだが、この後続かず終了。


<勝手な一言>
惣菜パンやのに、冷蔵してないヤツは注意したほうが・・・









2008年08月19日

不完全燃焼

黒潮も離れているので、友人N&後輩Gと熊野の様子見にでも行こうかと思っていると、、
大先輩Sさんが串本に行かれるということで一緒に行かせてもらうことに!!


ここ最近、オイシイ思いをしている磯へ!!
朝イチから投げ始め、8時ころにやっと根周りで良さげな何かが一発が出るもすぐバラシ。

後、
静止した潮の中で完全沈黙。


風速八メートルで厳しいため、熊野へ移動

こちらも風がとても強く、海の表層が掻き乱されている。
何もなく、終了。

2008年07月29日

気になって・・・

一昨日の熊野釣行
ウネリが強くてはっきりとはわからなかったが、トップに何かが出た気が。。。
 
気になる・・・

でも、、、
その磯へ行くまでの山道、真横が絶壁で昨日の大雨で少々怖い・・・
って事で車を停める場所は同じで近くにある地磯で再確認してきます。

バイトが終わって、今1時半。。。
急がないとダッシュ(走り出すさま)


って事でクルマをぶっ飛ばし、なんとか日の出とともに釣り開始!!

八時半までやるも、ミノーにヒラが出ただけ。。


やっぱりちゃんと再確認したいため、一昨日の磯に行くことに。


一時間弱歩き、着いてみると、、
、沖向きはウネリがきつく、釣り座がないもうやだ〜(悲しい顔)
仕方ないので少し湾内寄りのところで始める。

午前中はゴマサバのナブラがちょこちょこあるだけ。

もう正午、、そろそろ帰るか・・・と思っていると、
沖からいい潮が入ってきたので、延長することに。

潮目に沿って、ピンテールミノーを投げていると、、、
かなりいいサイズのカンパチが3匹チェイス!!
フラフラとルアーについてくるだけで喰わない。。。
このチェイス一回で姿が見えなくなった。

粘って、一時間後にもう一度チェイスがあったが、興味はあるみたいやけど、見切られてる様子。

それから何もなく潮も悪くなったので、2時頃終了。


あ〜〜カンパチは難しぃ。。
何回もチャンスがない上に、なかなか口を使ってくれへんし。
数匹の群れやからナブラもでーへんし。。


しかしなんとかしてあのナメとるカンパチを仕留めたい。。。

2008年07月27日

熊野地磯

毎度お馴染みの友人Nとショアジギ初めての後輩Gと熊野の地磯へ


真っ暗なうちから地磯に向かい、日の出前から釣りはじめるが朝マズメ不発。。。

厚くなりバテてきたので、午前の部ラスト1時間と決めてキャストを続ける。

青物も薄めなので、磯際ミノーを通しヒラスズキを狙う。
一人で歩き回り、遠くでHITexclamation×2
足場が垂直で高いため、どうしようか悩んでいるとバラシたらーっ(汗)

その後ゴマサバのナブラがあり、2匹釣って午前の部終了。



いつも通り、昼間は泳いで日陰で昼寝眠い(睡眠)

午前中フカセのおっちゃんにシイラまわってたと聞き、夕方期待していたのだが、、、
あまりの気持ち良さに4時まで寝てしまい、完全出遅れあせあせ(飛び散る汗)


急いで地磯に向かい、午後の部開始ダッシュ(走り出すさま)

それから暗くなるまでキャストを続けるが、40センチ位のゴマサバ数匹と30センチのシオのみバッド(下向き矢印)



あ〜デカイ魚が釣りたいわ〜



2008年05月03日

ヒラスズキを狙いに

甫母、オベラに行ってきました。

GW前半、先輩がヒラの70〜80センチくらいを足元で落としたと聞き、テンショングッド(上向き矢印)

が、、、到着すると

ダダ荒れ

GWなのに他の人全くおらず貸切状態

サラシというか前面真っ白
恐怖でほとんど釣りせず、終了

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。