2009年08月23日

青物は回っていたけど、、、

この日は磯釣りを教えてくれた先輩ミノさんと友人Nとで熊野の地磯へ!!

僕と友人Nはルアーオンリー。
朝一番、僕にチェイスがあった直後にNがアタックされたの事。
更にテンションUPでキャストをするが、無風でキャストをすると大粒の汗が止まらない。。

まだ朝だというのに持参したニリットルの水分が残りわずかに。
みのさんは久しぶりの釣りでたぎっており、ボイルも二枚持ってきているので撤収不可。

僕とNは青物の気配のある中、日陰で命の水をセーブする。(ついでに爆睡)



正午過ぎ、風も吹いてきて、上り潮が下り潮に変わる。
フカセをしているミノさんにも今までになかったアタリが頻発!

僕もルアーを投げてみると、シイラっぽいのがチェイス!!
オシアペンシルにフラフラと付いて来る。



大きかったのでシイラと思い込んでいたが、、、
シイラではない。


磯際で反転して確認したのはブリかデカマサw(゚o゚)w

次のキャストでスプラッシュをあげながらリトリーブしてみると、猛スピードで突進してくる。


喰わせようと一瞬フォールさせてみたらフラフラ〜と潜っていかれました(-.-;)

この後、三人とも水分切れで帰宅。
水中で見るとデカくなるが、それを差し引いてもいいサイズ
近いうちに熊野に行きたくなる一日でした。

2009年07月18日

串本釣行1日目

この週のはじめからキハダや青物が毎日のようにバンバン釣れていて、絶好釣を見て悶々してました。

そして週末になり、串本へゴー!!
着いてみると、、、
ルアーマンの多さに唖然。。。ヘタレな僕はいきなりやる気なくなりました。

みんな悶々としてたんやな(笑)

朝に入った地磯でカンパチを釣られているのを見てタギッたが、反応がよくないのでD介さんの底物釣りを見に行く。
ちょっとやらせてもらったが、中々面白い。
ガンガゼでこんなにアタリがあると思ってもいなかった。


なんかルアーもやる気がおこらないので、泳いでみる。
海の中は極寒でした。。
まさか梅雨も明けた海で震えるとは。。。

これじゃあシイラも薄いなということでノンビリし、夕方にちょこちょこランガンしましたが、何もなく終了。


釣れてなくとも他の人に遠慮しないで釣りができる場所の方が気楽でええなと思った1日でした。

2009年07月09日

尾鷲はいいところ

尾鷲のDさんとSさんに案内してもらい、今回が初めての地磯へ

先輩達と合流し、ワクワクしながら磯へ向かう!!
道がはっきりしない雑木林を歩くと方向感覚がなくなるな〜と思いながら付いていく!



しかし、、、
先輩もなくなってたようで。。。

まるで物語のような
魔のループぴかぴか(新しい)


同じ道を三度歩いている事に気付いた時は焦りましたが、なんとか磯に到着!

流石一級磯!とてもいい場所です。
帰り道も迷いそうなので、先輩達にあわせて一時間勝負!!
でしたが、、僕はいつものように何もなく。

Sさんはワームで良型根魚×2をキャッチされており、かなり羨ましかったッス!
帰り道、仕事前に地磯通いされている超人のお二人に全くついていけずバテバテでふらふら
Sさんには申し訳ないというか、どうもありがとうございました


先輩達と別れ、爆睡した後、
ぷらぷらーと熊野の地磯を2つ見に行きましたが、いつも通り何もなく。

水分がなくなったので早めに切り上げ、川遊びをして帰りました。



釣れなかったですが、新しい場所での釣り、遭難しかけのドキドキ感etc、なんかいい感じの1日でした!

2009年07月04日

筋トレとダイエット、ときどき釣り

もっくさん、後輩ヅメと昼から尾鷲の地磯へ!
魚を持って帰る気にならない程歩く磯なので、釣りというよりダイエットのつもりで。

三人とも汗だくで到着してみるとぺたぺたでルアーを投げる気にはならない。
フカセは飽きない程度にサンノジなどの魚が釣れており面白そう。持ってこなかった事に後悔。。。

フカセをしている先輩がトビウオを釣ったので、ルアーもチャンスあるかも?!と思っていると、、、
3時頃から潮が流れ始め、シイラが跳ねたり、ナブラが見れるようになる。

ペンシルでバイト、ミノーでチェイスが一度ずつあったが、ヒットまで至らず。

串本でも見れなかったシイラを確認することが出来、暗くなるまで夢中でルアーを投げてました。

暑い時期にこの磯に行くのは拷問でしたが、また行ってみます!

2009年06月07日

串本地磯釣行 二日目

車内泊で蚊に悩まされて、2時に起きて磯へ

狙いの場所はすでに人が入っていたので、仕方なく移動。

薄明かるくなってきたころ、ペンシルで狙ってみると・・・


ダツ
ダツ
ダツ
ダツ
ダツ
の五連チャン。



日が昇ってからはジグで探る。
撃投ジグ100gをシャクっていると、強烈な引き後プッツン。。
歯でリーダーをぼろぼろにされていたので青物ではなかったと思うが、姿を拝みたかった。


昼までの予定だったので、セーブなしでシャクリ続けたが、いつものように何もなく終了。


早く青物andシイラ釣りたいです。

2009年06月06日

串本地磯釣行 一日目

後輩ほーきとS、ツツミの四人で串本へ

もちろんルアーメインで保険にフカセも準備。


この日の串本は波三メートルということで、ヒラスズキ日和。
僕はビビりなので、安全なところで釣りをしていると全身ずぶ濡れの後輩Sが75センチのヒラスズキをキャッチしている。

話を聞くと、ランディング中にデカイ波がきて、流されるもリーダーを離さなかったそうな。。
この時にティップを折った後輩にガイドしてもらい、僕もヒラスズキを求めて全身シャワーを浴びに行く。

真っ白なサラシの中から二回飛び出して来たが、キャッチできず。





休憩がてら、フカセを始める。

狙うは良型イサキだったが、エサ取りだらけでアラサー尾長がぽろぽろ程度。


とりあえず魚が釣れたことに満足し、爆睡。。。



気が付けば、すでに夕方4時。
それからも青物、ヒラスズキを狙うが、何もなく終わりました。

2009年04月07日

沸騰中に僕は・・・

カゴ師の後輩ほーきと南紀の地磯へ

薄暗い内に到着し、準備をしていると・・・先客者が早速釣っているぴかぴか(新しい)

僕も釣り始め、ジグをシャクる。



1時間後くらいして・・・

底から中層付近までシャクり上げてきて、もう一度沈める・・・




ジグが沈まないexclamation&question


軽く竿を煽ってみて、魚だと気付いた時は手遅れでした。。。


気分転換に後輩ほーきのカゴタックルを借りて、一投目るんるん
あっさりアラサーグレ釣れました(後輩ここまでNO fishだったので、地味に嬉しい1匹)



その後から青物の気配がムンムンしてくるぴかぴか(新しい)
カゴにエサ取りが寄ってくるようになると、それを捕食するためか、、、


単発でメジロ?!が水飛沫。

僕のルアーをあっさりと見切るカンパチの集団の到来。

湾内ではモンスターが20センチ位ありそうなベイトを追っかけている。


色んな場所で1時間に一度のペースで青物が一瞬頭を出す。

磯を行ったり来たりして沸くのを待つが、僕を避けるようにボイルバッド(下向き矢印)




そしてフィナーレるんるん
強風に流され、僕のルアーが磯に根掛かりした直後、、、


磯を包み込むように巨大ナブラ発生。。。
ワケがわからない程、規模がデカく、しかも密度が濃い

すぐ近くなのに水飛沫で魚の姿が確認できない


後輩ほーきは僕のセカンドタックルでペンシルをキャストexclamation×2
真っ白な水面から、何回も猛アタックされ
IMGP0252[1].jpg
初めて青物を釣り上げ、興奮する後輩


僕がルアーを回収した後は、もちろん冷え切った海。。。



全てがうまくいかない一日でした手(チョキ)

2009年03月21日

釣れなくてもいいやん!! 4日目

この日も車内泊をして、友人Nと大島の地磯に。

3連休の真ん中ということもあって人だらけ・・・。

車を止めるところで寝ていたのだが、1時半に磯にいく人もあせあせ(飛び散る汗)
それから3時頃まで、たぎった釣り人が何人も磯に向かっていったようだ。

鈍感な僕は爆睡していたので、友人N情報ですが(笑)



僕らはのんびり5時出発でなんとか場所を確保し、釣りはじめる。

なんか釣れる気配がない・・・。

波がすっかり落ちて、平和な海面。


毎日この磯で釣りをしている元気な強者夫婦の方の話によると・・・
今年はナブラも少ない。
ベイトも少ない。
ってことで場所移動ダッシュ(走り出すさま)

しかし移動した磯も人だらけで満足に釣りが出来ずに終了。


今年は串本不調なのか・・・。
でも夢を求めて、また近いうちにリベンジしてきますexclamation×2

2009年03月20日

釣れなくてもいいやん!! 3日目

友人Nと車内泊して朝を待つ。

夜中、暴風と豪雨で何回か起こされるが、朝7時頃に天気も良くなってきて、出撃!!

海は荒れていて、足場の高いところならなんとかという感じ。

ベイトは足元にたくさんいるが、ダメ。。。

ジグをフルキャストしても、サラシの切れ目に届かない。

昼頃、大コケしてしまい、膝とソルティガとミュートスで受け止めてしまう。
タックルも体も心もボロボロになって、流血しながらの撤収たらーっ(汗)


このあと串本のエサ屋さんで、数は少ないが3kgは当たり前と吹き込まれ、アオリを狙いに行くが・・・
もう思い出すのもしんどくなってきたので、ここらへんで(笑)

2009年02月08日

尾鷲地磯を彷徨って

ヒラスズキを夢見る後輩Sと尾鷲の地磯へ!!

朝から投げとおすが、ヒラ・青物の反応は全くなし。。。
すっかり意気消沈してしまい、二人座り込む。
これじゃあ2月最後の休みが台無し・・・

「地磯、開拓せーへん??」と言ってみると後輩がやる気にぴかぴか(新しい)
原生林をよじ登り、トータル2時間は歩いただろうか・・・
何とか行ってみたかった磯の絶壁上にたどり着く。
頑張れば降りれそうだったが、安全を考え、ロープを準備し後日に来ることに。

結局引き返し、降りれそうな場所で釣りをする。
ここも初めての場所で、シモリがたくさんあり、ヒラスズキ狙いの後輩Sにとってはかなりいいポイントだった。
僕にヒラスズキのアタックがあったが、いつものように弾かれる。。
真昼間でベタ凪ぎだったのでこの1発のみ。

まだ道(道ないけど・・・)が曖昧なので、3時頃撤収し、いつものポイントに戻る。


夕方も何もドラマは起きず・・・
僕は昼間の地磯開拓ですっかりバテ、磯の上に転がる。

辺りはすっかり薄暗くなるが、後輩Sは無我夢中でヒラスズキを狙っている。
こんなに暗くなると、青物は無理だろうな〜と空を眺めていると、遠くから変な声がexclamation&question




以前、N山先輩から「この磯は何か見たくないもん出るぞ!!」と脅かされていたので、急に寒気が・・・





気味悪い声は、後輩Sの雄叫びでした(笑)
僕の方に有り得ないスピードで駆け寄って来た後輩が手にしていたのは、、、

87センチの見事なヒラスズキexclamation×2
おめでとうるんるん
初めての1匹がランカーやと、人生狂わされるで〜



僕も人生狂わないように、2月中はとりあえずこれで釣り禁。潮の遅い地域では働きたくないので、就職活動に専念します手(グー)
親切な先輩、友人、後輩の方々、デカイ魚を釣って誘惑しないでもらえると嬉しいです。

内定もらったら、とりあえず教授には黙っといて・・・
バレるまで串本でハローワークかな手(チョキ)

いや〜不景気やから大変っするんるん

2009年02月07日

昼から

午前中用事があったため、昼から青物狙いで。
先輩M、友人N、後輩Sがいる熊野の地磯に。

でも・・・ベタ凪ぎの日に昼から釣れる気がしない。

先輩のフカセをやらせてもらい、1投目で運良く30アップのグレを釣っただけ。

この後、先輩がグレの50upを釣り、自己記録更新ご満悦で終了。
いや〜凄かったです。
ゴリ巻きで50のグレをすんなり浮かす先輩の腕に脱帽でした。おめでとうございますわーい(嬉しい顔)

僕と後輩Sは車内泊で次の日に備えるるんるん

2008年12月17日

荒れ模様

後輩Tから「メジロが背びれ出しながらルアーにアタックしてきましたよ!」
     「いきなり水柱が立って・・・」
などの爆釣話を聞いてたため、明日は僕のルアーにも・・・と一人ニヤニヤ妄想し、寝付けない。。
そして寝坊。気がつけば後輩Tが僕の家に。

急いで準備をし、出発。尾鷲在住のDさんとコンビニで集合し、好調な尾鷲の磯へ!!

磯に到着するが、うねりがデカい。
なんとか釣り座を見つけ、釣りはじめる。

まだ薄暗いうちにDさんがメタボなヒラスズキ65センチをゲット!!

よし!!俺もぴかぴか(新しい)と思ったが、予報通りにだんだんうねりが酷くなっていき、完全に洗われるようになったため、かなり早い時間に撤収。

今年も残りわずか・・・釣れるまで、(仮)釣り納め釣行に行くつもりです。


それと、渓流師のDさんと後輩Tの話を聞いているうちに、渓流にも興味が沸いてきた浮気症の僕。
学生生活、あと1年。来春から渓流にもチャレンジしていこうかなexclamation×2

2008年12月10日

24

愛用していたフリームスJをバラしてみたが、直りそうもなく、、、
就職活動シーズンでお金もないというのに
奮発し・・・
買ってしまった。ソルティガZ4500Hぴかぴか(新しい)
P1000183.JPG
ミュートス+ソルティガ
青物中毒を発症してから約1年。タックルだけは1人前になりました(笑)

最近釣れているという尾鷲の地磯に行こうか悩んだが、エギングも捨てきれず串本地磯へ!!

朝イチ、潮岬周遊線沿いの地磯に入ってみることに。
少々ウネリがあり、青物が釣れそうな感じだったが9時過ぎまで反応なし。
朝からシャワーを浴び続け、このときすでに全身ビショビショだったので撤収。。


とりあえずエギングでノンビリと考え、樫野の地磯へ移動することに!!
しかし大荒れ・・・
P1000180.JPG
即撤収。。

このあと最南端でヒラを狙ってみるとヒラセイゴが飛び出してきたが、一発だけ。
夕マズメ狙いで大島の地磯へ移動するが、ここもダメで終了!!

暗くなってから、エギングで坊主逃れをして帰ろうと考えたが・・・めっちゃ渋い。
串本の数ヵ所をランガンしたが釣れる気がしなかったので、42号を北上しながらのんびりやっていくことに。
尾鷲を中心に明るくなるまでやっていったが、24時間丸ボで帰宅。


Newタックルで釣れるのはいつになるだろうか・・・

2008年11月26日

灯台下暗し

青物を釣りたい僕と後輩G、それとヒラスズキ狙いの後輩Sと3人で週末と同じ磯へ!!

朝からテンションMAXで投げ続けるが、落ちる一方。。。

そして昼頃、僕のリールから異音が・・・
ギアがいかれたのか、ゴリゴリバッド(下向き矢印)
実売価格1万円のフリームスJに100gのジグの使用はやはりキャパオーバーだったのか・・・

とりあえずうるさいリールで夕方までやるが、反応なし。


帰り際、チラッと漁港を覗いてみると、
磯にはベイトがあまり居ないのに、漁港内にはイワシの大群。

そして、、、
ナブラぴかぴか(新しい)

地元の人によると、メジロらしい。
確かにボシュ・・・ボシュっと下から突き上げているのは、いいサイズだった。


すかさず準備し投げてみる。
ポップクィーンを投げてみると、ルアーの真後ろでモヤっとするがダメ。。
そうしているうちに辺りも真っ暗になり、納竿。


週末にまた行きたいが、リールが。。
ソルティガ欲しぃけど高いしな・・・







2008年11月09日

身も心も・・・

先輩Sさんと友人J&Nとで串本地磯へ!!

まだ真っ暗な雨の中、大島の地磯に向かうが・・・満車バッド(下向き矢印)
青物が釣れなくともアオリは癒してくれるだろうと前回の釣行と同じ磯、アオリの楽園へ!!


ちょっと波っ気があり、青物の期待が膨らむ。

だが気配なし。

アオリに遊んでもらおうとエギングをするも、前回の場所ではウネリとサラシでエギが転がされ、全く反応なし。
仕方なくワンドの中の浅場でやってみると、300g位の1杯とチビ数杯。
根に隠れているため根掛かり覚悟で底をじっくり狙わないと反応はない。
チェイスし浮いてくることがほとんどないため、そうとう渋いみたいだ。

関東からお越しのSさんにアオリは期待できると言っていたので申し訳なかったふらふら

その後もルアーを投げ続けるが、ベイトの気配もなくダメ。。
結局1日中雨は降り続け、寒さで体力も限界なので昼過ぎ納竿とした。

2008年10月28日

完敗。

早くミュートスをブチ曲げ、入魂完了したい・・・ってことで午前中だけ熊野の地磯へ。

妄想を膨らませ、真っ暗な山道をひとりニヤけながらダッシュ!!

夜明けとともにルアーを投げ始めるが、気配は全くなし。
ツバスの反応すらなく、完全沈黙。


帰る際に出会ったルアーマンの方もダメだったようだ。
話を聞くと、なんとこの磯に来て3日目らしい。
熱い・・・熱すぎるexclamation×2
気さくな兄ちゃんのパッション&タフさにも完敗だった。












2008年10月21日

ナブラウォッチング in Tsu

津市の超1級ポイント、日本鋼管にてツバス狙い。
そうとうナブラが出ているということで、友人N&Jをたたき起こし出撃!!

到着してみると、青物狙いの人が結構いる。
僕らもナブラが出そうな場所でキャスト開始!!

まあのんびりやっていると、鳥山が出来てデカイナブラ発生。
頻繁にバシャ×Aやっているが、200m位沖のため届かない・・・
一瞬の接岸してきたタイミングでjigにアタックしてきたが、のらず。

周りも釣れている様子はなく、タイムアップで終了。

2008年10月04日

ミュートス110H デビュー戦

去年の今頃、フカセをしている時に何回もナブラを見た熊野の地磯。
時期的にもそろそろかな??と思い、先週に引き続きN山さんとの釣行。

来る途中、42号沿いの餌屋が2軒とも満員。
地磯も結構人が来ているんじゃないかと心配しながら、南下する。

到着してみると、やはりクルマが多め。
やはり秋の気配を感じるようになり、みんなタギっているようだパンチ

最近あまり歩かなくていい串本地磯ばかりだったので、磯に辿りつくと汗だく。。
足場はあまり良くないが、端っこの方で場所確保手(グー)

僕も先輩もノンビリモードいい気分(温泉)
磯に来ただけでとりあえず癒されたぴかぴか(新しい)と思っていると、、、


ブリンっどんっ(衝撃)
ジグをシャクっていたルアーマンが、70センチはあろうかというメジロ??を抜きあげ。
カッコ良過ぎる・・・

2人で横のルアーマンのアクションを盗みながらやってみるが、、、
反応なし。
昼までやってみるがダメなので、場所を小移動。

他のルアーマンに話を聞いてみると、メジロがあがったそうだ。
ってことは、、、今日この磯で2本もあがっているぴかぴか(新しい)

移動してからナブラも出て、サラシの中にブルーバック良型魚雷も確認。
手前のナブラはツバスっぽかったが、沖で跳ねている大きなベイトを追っているのはメジロくさい。

ミュートス110Hの重さも気にならないくらいテンション上昇グッド(上向き矢印)
ジグをしゃくり続けると、、ガツンっexclamation×2

もしや??と一瞬思ったが、
あがってきたのは、、、DATSUたらーっ(汗)
ミュートス初FISHなので、一応パシャリカメラ
200810061213000.jpg

その後もナブラはあるも、僕らの腕では釣ることができず終了。
結果は完敗だったが、久しぶりに青物の気配を感じることが出来て夢中になれた。

秋のメジロ祭りもそろそろかなと思わせる熊野釣行だった。















2008年09月26日

鰤政を求めて 2nd Day

2日目、とりあえず友人Nの希望で本州最南端の地磯へ!!

朝イチ30分位はいい感じだったが、だんだん風速10メートルの強風が吹き荒れ、ウネリを増強。
危険を感じ、風裏になる大島の地磯へ移動。

ここはとても平和な海面いい気分(温泉)
と思いきや、到着して準備している間に腹黒い分厚い雲があせあせ(飛び散る汗)
秋を思わせる冷たい雨に1時間耐え、釣り開始。

夕方までこの磯でのんびりし、40センチ位に成長したシオ&ツバスを3人で5匹ゲット!!


このまま終了とおもいきや、3人ともこのままじゃ夏休みの思い出にならんということで、エギング!!
今回、持ってきているのはショアジギタックルのみ・・・
重いサオでエギをしゃくってみたが、もちろん坊主。
まあ他のエギンガーも釣れている様子は無かったが。。

今回、青物の気配がまったくなかった串本釣行だったバッド(下向き矢印)

2008年09月25日

鰤政を求めて 1st Day

台風も通り過ぎ、黒潮も一気に接岸。

タギリまくりのM1、3人組、最後の夏休みの思い出を求め、串本へ!!
到着してみると、第一希望の磯は満席バッド(下向き矢印)
もうすでに薄明るくなってきたので、第二希望の磯へ移動。

しかしシオ1匹だけで気配がないので、また移動。


地磯マップを手に地磯の新規開拓手(グー)
いいところを見つけたが、潮岬方面は荒れていて釣りにならない。

この後もまた移動し、青物の気配を探したが、何もなしで終了。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。