2011年09月30日

ソルティガZのメンテナンス メカ音痴がやると・・・

購入してから3年弱のソルティガZ4500H。

メンテフリーと言われるソルティガだけれど、だんだん巻き重りが酷くなってきている。

普通にメーカーオーバーホールすることを考えたが、シルバーウィークの遠征前にメーカーへ送り出すことは出来ない。

ってことで、先日の九州遠征前にメンテナンスしたりました。


まずスプールを外した状態から、適当にパーツを脱がせていく。

DSC00098.JPG


よしよし、順調^^

DSC00101.JPG


レンチ(サイズ14)でローターを取り外す。

今回はギアの様子が見たかったので、インフィニットは無視。

そうするとボディに付いてる4つのネジを開けたら、ギア内部が見れる。

そう思うと、ドキドキしてくる。

出番だ!50円で買った2.5mm六角ドライバーぴかぴか(新しい)

DSC00113.JPG

この形状、力を入れづらい。

1、2個目、無事に開く。


3個目、
んっ、開かねぇ。 

新鮮な牡蠣のごとく、しぶといちっ(怒った顔)


力でこじ開けを試みる手(グー)


ネジ穴なめてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

次の日、「ネジ穴救助隊」ってやつを購入して再度トライ。
素直に開いてくれない残り2つのうち、1つは開いてくれましたが、もう1つはダメ。

ネジにはタイドロックがガッツリついている模様。
ソルティガを燃やしたり、叩いたりしてやってみるが・・・ウンともスンとも。

申し訳なくきっきさんにお願いして、ドリルでネジ飛ばしてもらいました。
どもどもありがとうございます^^
DSC00115.JPG

格闘の末、ソルティガに刻まれた傷。

DSC00120.JPG

このカバーを外してギアをチェック。

写真はパーツクリーナーで綺麗にした後。
開けたときはグリスが固まってたり、端っこにこべりついてたりしました。

DSC00094.JPG

メインギア取り外して

DSC00111.JPG

DSC00107.JPG

特に問題なさげ。

ここに純正のグリスと、かずやんさんから頂いたエンジン添加剤を塗付。

それとネジぶっ壊してるので、同じサイズのプラスネジに交換。
こっちの方が今後メンテ楽。

DSC00104.JPGDSC00105.JPG

あとは元通りにして復活。


DSC00096.JPG

メンテ前は高速巻き→手を離して3回転程。

メンテ後は7回転するようになりました。

それでもツインパワーと比べると巻き重り感がしてしまうので、ラインローラー部分を6500EXPのものと交換予定です。


ソルティガを分解するのは、パーツもデカイし、めちゃ簡単ですが・・・

六角ネジは強引にすると・・・危険でしたwww

2011年07月29日

防水カメラ

先日の釣行でデジカメを死なせてしまったので、買おうか悩んでた防水カメラを購入^^

防水の中では薄くて軽い「SONY Cyber-shot TX10」ってやつにしました。

DVC00311.jpg


カメラを持っていってしまうと魚が釣れなくなる気がするので、今までは持っていかないことが多かったですが、、、
せっかく購入したので、ライジャケに常備しよ〜。

写真撮れるような魚釣れればいいけど・・・。

2010年01月07日

ブルースナイパー100H

キャタリナ4500に引き続き、学生の最後を共にするロッドを購入ぴかぴか(新しい)

ミュートス110Hに大した不満があったワケでもないですが、やはり100g超のジグを使用するにはティップが入りすぎる。

この竿でヌメヌメっとシャクってやった方がいいときもあるだろうが、キビキビ動かせるロッドがあれば幅広く適応できる。

五島釣行時、ヒラマサはブリよりも激しいアクションを好むような気がしたので、どうしても欲しかったティップから張りのある竿。



タイドマーク100/13なんかも選択肢にあったが、予算の都合でちょっと厳しい・・・。


プレミア96HHかなと考えていると、釣具店でヤマガブランクスのブルースナイパー95Mと出会う。

聞いたことのないメーカーのライトジギング用だったが、これのもっと硬いモデルも見てみたいと思わせてくれる竿だった。




ブルースナイパー100H・・・。




家に帰って調べてみるが、情報がほとんどない。。。


で、、、


ヤマガブランクスにメール攻撃exclamation×2

気になることを聞きまくる。

一番気になってたのが、ガイドが小さいと感じたこと(95Mで)とルアーマックスの表示について。



ガイドに関しては、100lbなら問題なしとの事。


メーカーによってバラバラなルアーマックス表示についても、、、

「釣りをされる環境(特に水深)にもよりますが、Max150gまでは特に問題なく操作できると思います。
ですが、1番ベストなLure Maxとなると、やはり120〜130gがいいと思います。
」との事。


MAXではなく、BESTが130gのロッドが欲しかったので、希望通りるんるん


でも4万は予算的に厳しいな〜と考えてる時に釣具店から電話があり、届いたよと。。。


今日釣具店に行き、ソルティガを装着して持ってみると・・・


重さを感じない・・・。ロッドが浮いているようなバランスの良さぴかぴか(新しい)


主観的には103HSをファーストテーパー気味にした感じか。。。


そして気がつくと、、、財布から諭吉が飛び出してましたあせあせ(飛び散る汗)


って事で・・・ショアロッド2本目

YAMAGA-BLANKS・BlueSniper100Hぴかぴか(新しい)





ちょっと冒険しすぎかなと思ったのですが・・・

最後の決め手は"YAMA"でした(笑)




これから極貧生活と格闘です・・・。

2009年07月03日

どこに行こうか・・・

やっと帰ってきた!ミュートス110Hぴかぴか(新しい)

「やっと」って10日間しか経ってないですけど、待ち遠しかったです手(チョキ)


出来るだけ早くして欲しいと伝えていましたが、ここまで早いとは。


ゼナックとフィッシング遊のアフターサービスに感動した1日でした。


復帰戦、早く行きたくてUZUuzuします





2008年10月01日

ZENAQミュートス110H 入荷

ショアジギングに手を出してから半年。
最近メジャークラフト・ソルシア962Hではパワー不足を感じ、もっと強く安心できるロッドに買い換えることに。

当初、候補にしたのは、、、

天龍・パワーマスター PWM110EXH 
ゼナック・ミュートス100HH
MCworks
wildBreaker100HS
バレーヒル・ショアマサ98     など。


近場の釣具店ではほとんど店頭に並んでいないモノばかりな上、周りにショアをやりこんだ知人もいないため、かなり悩んだ。


とりあえず、主な対象魚は熊野〜串本で狙うことになるメジロ7080センチクラス!!
もしヒラマサやカンパチのモンスターがヒットしてもなんとかなるかもしれない位のパワーは欲しい。

そしてお気に入りのポップクィーン130が気持ちよくキャストでき、100g前後のジグも投げれるロッドが欲しかった。

上級者の方のホームページを見ていても1本のロッドでプラッキングとジグを両立していないのはわかっていたが、学生の身分でこの価格帯のロッド2本はキツイ・・・
ってことで、ポップクィーンを優先。

ロッドのインプレをしてくれているブログなどを見て絞っていく。


パワーマスター・・・価格も抑え目で良さ気だが、ステンレスガイド。

ワイルドブレーカー・・・超人気ロッド。手に入るまでかなり時間がかかりそう。

ショアマサ・・・プラッキングよりジグ向き??
        名前がカッコイイ

手に取ったこともないので、よくわからないが、どの竿も一長一短があるみたいだ。

自分なりに絞っていき、
第一候補はミュートスに!!
ブランクスメーカーだという安心感と、悪い評価があまりなかったこと(重いこと以外は)。
そして1番の決め手は、半永久保障というメーカーの自信。


次はミュートスのどのモデルにするか悩む。

ジグでHHを使っている人は多いが、プラグではMHHの方が使い勝手が良さそうだ。
釣具店でMHは振ってみたことがあったが、曲がり過ぎる印象を受けたのでHにすることにした。

ここまで絞り、残るは、、、

ミュートス100H vs 110H

何度も何度もゼナックのホームページで曲がり具合を確認。
110H
100Hに比べ、バットに余裕がありそうな感じがした。
(1kgまでのテーパーしか確認出来ないが)


そうしてミュートス110Hに決定!!
この竿に行き着くまで、1ヶ月ほど悩んだ。

釣具屋で注文すると、メーカーに在庫なしということで入荷までさらに1ヶ月・・・


そして今日、待望のミュートス110H 入荷

軽く振ってみて、やはりソルシア962Hとは比べ物にならないくらい重いが、それと引き換えに強烈な引きに耐えてくれそうなぶっといバット。
今までよりさらに1フィート半長くなった分、ティップからバットまでブランクスに余裕がありそうな印象を受けた。

早くフィールドに出て、魚を掛けてみたい。
早くこの竿でパワー不足だと思わせる魚に出会ってみたい。
久しぶりにワクワクした買い物だった。



パワーがないように書いてしまったソルシア962H

ショアジギングをはじめてみて、今まで釣れると思わなかったサイズの魚にも出会え、青物中毒にさせてくれたロッド。

噂によるとグリップの中にブランクスが入っていないみたいで、折れるときはグリップの中で折れるらしい。
それを聞いてから、足元で突っ込まれた時は片手でバットを支えて耐えたりして注意した。

あまりいい噂を聞かない竿だけど、軽量でチタンガイドもついてこの値段なら、そこまで悪い竿じゃないと思う。
同価格帯のD社のロッドより全然軽いし、初心者の僕にとって使いやすいロッドだった。

根に突っ込んでいく得体の知れない魚を強引に止めることは出来なかったけど、90オーバーのブリやメーターオーバーのシイラなら問題なく釣ることができた。

ミュートス購入で出番は少なくなると思うけど、まだまだ使っていきたいと思っている  
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。