2012年12月01日

またハガツオ(^^)〜鵜来島

ykkさんと鵜来島へ!

0046.JPG



この日も爆風で、水島周りは一部を除き、ほとんど渡礁不可・・・。

体調が悪いこともあり、すぐにリバースモード突入して・・・

早く磯に降りたい・・・。

どこでも良いから、降ろしてくれ〜と祈ってたら・・・


やっと呼ばれた・・・。


ちょっと波かぶるけど大丈夫?!って聞かれたけど、ルアーだけやし全然大丈夫^^


リバースモード脱出したい一心で、すぐに磯に飛び移るが、、、




68674_385763328170409_1473233065_n.jpg

ウォシュレット付きの磯だった・・・。

夏場だったら良いけど寒波厳しい日に1日おったら風邪引くし、リバースモードも収まったので、すぐに大人しい磯に変更。

ykkさんのゴアテックス磯シューズ(3万円)は浸水しなかったみたいだけど、僕の磯シューズ(1.2万円)はビシャビシャでした・・・。
ゴアテックス磯シューズ欲しくなりました^^;


そのまま撃沈して帰ってきたら、車イタズラされてる。
誰やこんな無意味なイタズラするヤツは・・・ちっ(怒った顔)

041.jpg

よくよく考えてみると、こんなコトするメンバーは限られていました。
遠く離れた宿毛で僕の車を見つけられるとは・・・。

2日目


この日は雨だし、お客さんも少なく1級磯に渡礁!
008.JPG
朝からハガツオが回遊してきては、ダイビングペンシルにポロポロ出る感じ。

マグロも回遊してたが、サイズが恐ろしすぎ・・・。
ヒットしなくて良かった^^;

あとはシャークとカモメのチェイスだけで終了。

釣果はイマイチでしたが、いつもながら楽しい釣りでした^^

013.JPG





2012年07月28日

南紀

この日は単独で南紀2日間行こうと思ってたら、、、

コダマさんも行かれるとtwitterで呟かれてたので、ご一緒することに。

また友人ジョスエとお盆釣行の話をしていたら、同じ日、同じ渡船でK君と一緒に行く予定してると。

またまた出発前に友人ナベから電話があり、南紀行くけどヤマオも行く予定なん?!って。

あかん。。。コダマさんご一緒して抜け駆けしようと思ってたのにwww
出会ってから9年目の同級生は考えること同じっぽい。
とりあえず7人おるので、3グループに分かれて釣りをすることに。

僕もコダマさんも混んでるところは嫌だったので、超1級磯は外し、その隣の磯にコダマさんと渡礁。

やはり朝一は超一級磯の方ばかりにシイラが回ってきていたが、時間が経つと僕らの方にも回ってきて、、

304783_340277656052310_1702304388_n.jpg005.JPG


そしてシイラと遊んでたら、足元でシオの大ナブラ^^;
ブリットをキャストすると、微笑ましいサイズのシオ20匹程が奪い合いしてくれて癒されました・・。極小だけど。
004.JPG

その後、僕のブリットに60センチ程のキハダがバイトするが乗らない・・・。

隣の一級磯にいる友人ジョスエに「カンパチゲットして、マグロのバイトもあったわ〜。」と大げさに電話して、キンキンに冷えたビールを飲んで、熱された鉄板のような磯で寝てると・・・

ジョスエと一緒に乗っているK君がガッツポーズしてる!
65センチ3.4kgのキハダグッド(上向き矢印)おめでとう!


釣りを再開したらシイラばっかりなのでフッキングしないで遊んでると・・・
阿悶にクソデカンパチがバイト!!!
遠くの方で吸い込むようなバイトだったからペンペンだと思い込みシェイクして外してあげましたバッド(下向き矢印)
気付いた時すでに遅しでした。。

残り時間、バイトしてきたやつ全部フッキングしてみたが、全部シイラ・・・で渡船終了。


磯上がりしてから、地磯で釣りをすると、
本命の大根ダツをバラシ。
今年ダツ1匹も釣ってないし・・・。


2日目、場所を大きく変え、朝だけ地磯。
ジョスエがポッパーでルアーと変わらないサイズのブリを釣った後、暑くなる前に帰宅。

釣果はシイラと極小シオだけでしたが、魚の反応がたくさんあり楽しい2日間でした^^





2012年06月02日

2012初シイラ

潮岬沖磯にて

2012初シイラ。



386.JPG387.JPG

2011年10月16日

尾鷲満喫釣行 2日目

2日目

朝予定通り、3人とも動き鈍いwww

元気なジョスエと合流。
前日と同じ磯に行く気はおこらず、道中迷わない磯に行くこととなった。

そして釣りを開始すると、すぐにメーターシイラがヒット!
レイジングXF-1を使ってたので、すぐランディングし、写真撮ってリリース。
DSC00225.JPG
これが今年、ラストシイラかな。


それからもツバス〜ハマチ程度のサイズはコンスタントに反応する。

DSC00227.JPG

カバマルがヒラマサを掛け、一度足元で浮かせるが!ラインブレイク!
惜しかった。


その後ヒラスズキ狙いでランガンしてみる。
するとブリ級が3匹チェイス!
足元で掛け、ドラグ出されっぱなしで耐え、なんとかイケルと思ったとき、フックオフ。。。
悔しい・・・。

次はカンパチチェイス!喰わん。

その次は良型ヒラスズキ!フックアップしない。

最後はルアーをキャストすると、着水と同時にメーターを軽く超えるマグロがルアーに向かって猛突進。
ルアーの方向に向かって背びれを出しながら来ている!!
喰うかと思ったが、残念。 ロッドに衝撃が走ることはなかった。


その後もベイトを追っかけまわし、足元のサラシを横切っていく。
目を疑うような光景。

もちろんヒラスズキタックルじゃ獲れないサイズなので、慌ててXF-1を取りに行くが、その隙にどっかへ。


結局12時の撤収までに、僕らが釣れたのはシイラとツバス〜ハマチ。。。

釣果はパッとしないものの、青物御三家、マグロ、シイラ、ヒラスズキ、入り乱れの海はめちゃくちゃ楽しかったです。

2011年09月10日

南紀にて

この日は先日の沖ノ島釣行で知り合ったこーせーさんと共に南紀沖磯へ!

・・・の予定が、沖磯シケのため出船せず。

仕方なく釣りが出来そうな地磯へ行くことに。

まだ台風12号の影響で海が緑がかっている。

まず買ったばかりのレイジングブルXF-1で青物を狙うが反応がないため、すぐにヒラスズキ狙いに変更。


ヒラセイゴが2発出てくれるが、両方とも数秒ほど針掛かりしてバラシバッド(下向き矢印)

久しぶりのヒラスズキバイトにアドレナリン出過ぎてしまい、慌ててしまったあせあせ(飛び散る汗)

釣れたのは可愛いシオさんだけでした。

DSC00092.JPG

こーせーさんもジグでシオを連発されてました。


日が高くなってからは、反応がイマイチなので、潮通しの良いポイントに移動。

サラシの中を泳いでるメジロを見たものの、反応がなく、撤収としました。


ヒラスズキも磯に寄って来てるみたいなので、磯行くのが楽しみでするんるん

2011年07月23日

串本釣行1日目 沖磯ルアー編

台風明け、今週は行かなければ後悔すると思い、急遽串本に行くことに。
急だったので単独でと考えていたところ、後輩フルカワがtwitterで夜メインの釣行でコロダイ&タマミを狙いに行くと呟いている。
明るいうちは沖磯、夜はコロタマを狙いに行こうということで現地で合流し、一緒に行動することに。

当日、、、
早めに着いて寝ようと思ってたのだが、忘れ物が多く現地に着いてからバタバタたらーっ(汗)
帽子は安全面でも必要不可欠なので激安のやつがないか探してみるが、開いてる店がコンビニか餌屋さんしかなく、明らかに100均で売ってそうな無地の700円が最安。
仕方ないので、これを購入。。。

そして最近外しの少ない沖磯へ手(グー)
渡船客が少ないので、全員一級磯に乗る。

朝は、、、水潮で潮の色が悪く、朝からダツの猛攻・・・あせあせ(飛び散る汗)
ダツでも釣れないより釣れた方が良いやんと思っているのでルアーを投げ続ける。
魚種はやっぱりOnly oneるんるん

7時頃から潮の色がみるみる青くなり、シイラが多くなってきてプラグでは回避が困難になってきたため、ジグに変更。
底〜中層を狙ってみる。

チェイスしてくるダツとシイラに混じって、メジロっぽい姿が見えたので、気合を入れてシャクリ続ける。
底から1しゃくりでガツンと引っ手繰られ、重量感に期待するが、、、急浮上してきてジャンプしたのはシイラ・・・。
ジグでヒットすると、一瞬ドキっとできるので刺激的ぴかぴか(新しい)

またプラグに戻してみると、40センチ弱のソーダカツオ2匹。

まあちょっと満たされたので、のんびり休憩することに。
水分補給しようとバッカンを開けてみてビックリ・・・。
流されないようにピトンに引っ掛けていたのだけれどチャックの部分の裂け目から海水が入ったみたいで、10センチほど水が溜まっている・・・。

被害でかしふらふら
撥水ケースに入れたデジカメ・・・水没により死亡。
日焼け止め2個・・・海水混じり希釈済み。
新品のフック(アシストとトリプル)・・・海水まみれ。
おにぎり・・・塩味強化中。

まあせっかく釣りにきて凹んでるのはもったいないので、落ち着いて海を見ると、、、
磯際からデカンパチが出現exclamation×2
沖ではビンナガジャンプグッド(上向き矢印)

たぎり直してキャストを繰り返すが、ルアーには反応なし。


そうしているうちに2時頃になり、諦めかけた時、、、

足元で20匹ほどのハマチが猛烈にベイトをチェイスぴかぴか(新しい) 磯際を高速移動している。

慌てて撃投85gをキャスト!!
着水と同時に数匹反応してきたため、喰いやすいようにアクションして!

60ちょいのハマチゲットるんるん


ハマチが近くにいることは分かったので、オシアペンシル115SSに変えてサーチしていると、次はデカンパチ単発でベイトを追っかけ中。
ベイトを追っかけドカッと出てくるが、1秒もしないうちに沈んでしまう。

タイミングよくルアーが通過したらチャンスあるかもと思い、キャストを繰り返すと、
子供3匹が猛チェイスしてきてルアーに戯れてくれてヒット!!

抜き上げ時にタイドプールに落としてしまったので、ビシャビシャになりながら手掴み(笑)
40センチのシオをキャッチ手(チョキ)

もう渡船上がりの時間なので片付けをしていると、底物の方がキハダが泳いでるで!と話してくれる。
確かにシイラではなくキハダっぽいのがいるのを見たが、時間切れ。

ハマチ、シオが釣れたので、それなりに満足して撤収。


2010年03月03日

春を感じた串本釣行 一日目

久しぶりに串本行ってきました!
遠征に行く予定だったサークルメンバーが串本で個人プレー。思いのままの釣りを。


到着してどこに行こうかと考えていると、串本はやはり釣り人多し。
午前中青物は諦め、ヒラスズキ狙いに変更する。


10時頃回遊している魚が入ってきたのか、短時間で3発でるが乗せきれず。
青物タックルでは釣りづらいルアーを触ってくるバイトでしたあせあせ(飛び散る汗)



それからパタリと反応がなくなったので、車に戻り、しばし昼寝眠い(睡眠)

寝起きでボケッとしていると、地元の方から
「ハマチが釣れてるみたいやよ〜」と聞き、先端に向かってみる。




その途中でオタマジャクシ発見exclamation×2
009.JPG

磯に沸く蚊をしっかり食べて欲しいものです。


春の訪れを感じながら先端に到着すると、1人だけ入れる場所が空いていた。

そこでジグをシャクってみると、、、


いきなり底付近でヒットるんるん


ハマチかexclamation&question


何にしろサイズは小さそうなのでゴリ巻き!


クルクルまわりながら水面に上がってきたのは、


イトヒキアジ手(チョキ)


010.JPG

美味しい魚なので、小さいジグに変えて狙ってみるが、この1匹だけ。


薄暗くなってから、再度ヒラスズキを狙いに行きましたが、ノーバイトバッド(下向き矢印)


グレを無限に釣っていたおじちゃんからグレをもらって、大漁のフリをしながらみんなと合流。

ヤエンをしようと餌屋の三平に行くが、閉店10分後。。。
ヤエンを諦め、串本港でエギングをすることに。


30分間で友人ガツが2杯。
僕はボーズたらーっ(汗)
心が折れて、寝ることにしました。


2009年11月20日

釣り乞食の師匠と共に

関東から先輩が帰ってこられるということで、学校おさぼりfishingるんるん

尾鷲に向かっていると、車中で串本の巨魚の話になり、急遽串本に変更!

ちょっと漁港でエギングした後、磯へ向かう!


夜明けと共にキャスト開始。


薄明るくなった頃、、、
足元でボイルどんっ(衝撃)

追ってるベイトが小さくて、ルアーを見切る。

魚も良型ツバス程度。


オシアペンシル115をサラシで隠してみると、ツバスダブルでヒットexclamation×2

先輩もルアーサイズを落として試してみるが、ダメ。。。
やはりサラシの中限定でヒットexclamation×2



昼までジグをしゃくったりしてみたものの、反応がないので北上することに。

夕マズメに熊野の地磯に入るが、何にもなく終了。



僕は完全に車で爆睡モード。
先輩は寒い中、エギングされてましたが、ノーバイト。


今年はアオリイカ不調なのでしょうか?!

Sさん、今回も釣果はマズかったですが、また一緒にお願いします手(チョキ)
次こそはイイ魚釣りたいですね!

また来月の遠征釣行の話、楽しみにしておきまするんるん


2009年11月14日

釣り乞食への道 1st day

もう大学の釣りサークルでも最長老になってしまったが、今まで先輩達の意味わからない体力で釣りをする事に驚かされっぱなしだった。

釣りを乞食のように求め続ける人を「釣り乞食」というらしい。

僕は来年から社会人になるわけで、土日に1週間分遊ぶため、釣り乞食になろうと決意!




今回それの第1回目(笑)
後輩マサルとダーニシで決行手(チョキ)

明るいうちは青物をルアーで狙い、暗くなってからはクエやデカイ魚を狙う。
とりあえず体力が続く限り釣りを。




一日目、、、
青物の情報をもらったので行ってみようかと思ったが、、、

学校で実験が終わったのが0時。

ここから準備する時間を考えると、レッドブルを注入してベッテル並みの運転をしたところでムリあせあせ(飛び散る汗)

諦めて、尾鷲の地磯へ!



着いてみると、波4mの天気予報通りな感じ。
とりあえずワンドの奥から攻めてみると、すぐ50センチ位のコッパハマチぴかぴか(新しい)
金欠なんで、晩飯確保→キープ手(グー)




こっからハマチフィーバーexclamation×2

キビナゴがたくさんいて活性は高いぴかぴか(新しい)

晩飯が増えていくことに嬉しくなったが、やはり役不足。

メジロサイズが混じるはずと信じて、リーダーをコマメにチェンジする。





オシアペンシル115SSを早巻きしていると、、、





ガツンと
いままでとは違う重量感グッド(上向き矢印)





やっぱ日頃の行いええわ〜と自画自賛。








あがってきたのはハマチ2本掛けたらーっ(汗)

しかも一本ランディング中に落ちました・・・。

僕の日頃行いはせいぜいハマチ位です(笑)





そして薄暗くなる前に撤収。
DVC00079.jpg




次の日、串本で用事(2週間前、後輩ダーニシが事故して修理していた車の回収)があったので、夜中は串本でクエでもタマミでも、なんでも巨大魚狙い。


1匹78円のサンマとウタセエビを購入し、尾鷲を出発する。















2009年10月28日

五目釣り?!

無性にジグをシャクリたくなり、3時に一人熊野へ向かう。


薄明るくなった日の出頃、到着。
先端まで我慢できず、途中で磯に降りる。

買ったばかりのアダージョヘビー125mm(DUEL)で探ってみると、ツバスラッシュダッシュ(走り出すさま)

ついでにダツとシオも一匹ずつ。


いくらツバスを釣ってもメジロサイズの気配がないので、ジグに変更。



すると、、、


ガツングッド(上向き矢印)と強烈にもっていかれた後、足元目掛けて突っ込んでくるexclamation×2



速いぴかぴか(新しい)







と思ったら、スマ?!の背掛け・・・。
126.jpg


背中から大量出血andボロボロにしてしまったので、その場で刺身にしてカニに囲まれながら食べました。




お腹も膨れ、さらに気合入れてシャクってみると、ペンペンシイラたらーっ(汗)
あまり嬉しくない五目達成るんるん

127.jpg


しかも入れ食い・・・。

吐き出したベイトとジャコフック3/0がマッチ・ザ・ベイトしてます。
130.jpg



ジグで掛けたやつに40~60位のが大群でついてきたので、アダージョーで無邪気なペンペン達を虐めて10時頃納竿としました。




Tシャツ一枚でも汗が滲む、なんか夏みたいな日でした。
131.jpg

2009年08月20日

串本で癒された三日間 2nd

この日から合流する友人Nと釣りをしないキャラ、ガチャに起こされて磯へ向かう。


もちろん昨日の夕マズメに青物が回ってきていたスーパーサブへ!!



しかし、、、この日は人が多かった。

しかも、、、青物釣れてない。



底物も不発。


ルアーで40センチ弱のシオが釣れたのみで終了。。。

2009年06月28日

サークルメンバーと串本釣行 二日目

2時に起きてみると、豪雨。
天気予報をみると、九時頃まで七ミリの雨。

誰も起きる気はない。
気が付くと釣人失格の8時!

釣りに行く気がある人は僕を含めてまだ皆無。

こんなことなら美人ダイバーと一緒に飲んでおけば・・・と皆思っていたに違いない。


軽くなっているはずの体を動かし、オオクワへ行くと、、僕ら同様に心の折れた釣り人が転がるクルマが何台も(笑)


超人気の地磯に到着すると、案の定ガラガラ☆


とりあえずヒラスズキを狙ってみるが、ダメ。


諦めていると、青物っぽいナブラが届きそうで届かないの距離で発生するが、寄ってこず。。


また沈黙の時間を過ごす。

暇なので後輩にフカセを借りてみると一投目で40センチゴマサバゲット!
直後に後輩が流したコマセバッカンをルアーで回収しようとすると、またまたゴマサバゲット!!
この日のハイライトをプレゼントしてくれた後輩二人に感謝!!

個人的にはヒラスズキより美味しかったので、ちょっと嬉しかった二匹のゴマサバ・・・。


昼上がりの予定通りに帰る準備をして車のとこへ。
その時にフカセ師が帰ってこられたので釣果を聞いてみると、青物に三発切られたとのこと。。。
磯竿3号で獲れないとなると、なかなかのサイズのはず。


当たり前ですが、早起き大事です。。。

雨にマケタ自分に後悔してしまう釣行でした。



P.S...
おぱたさんプレミア100H貸していただき、ありがとうございました!
ジグをシャクる時、ミュートスとは比べ物にならないくらい使いやすかったです!!



2009年05月03日

ちょっとハードなGW釣行 1日目

OBボラさん、友人Nと車に釣具をたくさん積み込み、準備をする。

まずは夜アオリということで、津を10時過ぎに出発し、二木島へGOooダッシュ(走り出すさま)

二木島midnight はすでに釣り人でいっぱい。。。
何とか三人が入れそうな所を見つけ、アオリを狙う。
アジを泳がせるが、アオリの反応はない。。。

ぼらさんが小さいアオリ釣られた以外は、ハイライトなく4時になる。



アオリは諦め、ショアジギングの準備をし、地磯へ

地磯は二人のフカセ師しか居らず、テンションupわーい(嬉しい顔)


まずヒラスズキを狙ってみるとセイゴサイズが飛び出してきたが、のらない。。


俺のシャバジグに結び換え、探ってみる。
テロテロ巻いてると・・・

ガっツンどんっ(衝撃)


始めの元気の良さで期待してしまったが、ガリガリの60センチ
286.jpg


もしやハマチ連発?!
と期待してしまったけど、これで終わり



この間、ヤエンで良型が釣れた地磯にいる先輩たちと合流し、エギングをしてみようと思ったが、強風で何も出来ずバッド(下向き矢印)


この日はこれで終了。
サークルの合宿のキャンプ場がある下北山に向かうダッシュ(走り出すさま)

2008年12月13日

はまち

釣れていると先輩SさんとDさんに教えていただき、友人Nと後輩G&Tと一緒に尾鷲の地磯へ!!

磯に到着して準備をしていると、足元のサラシの中でハマチが暴れているぴかぴか(新しい)
即効準備をし、ドラドペンシル14Sをキャスト!!

何度もアタックされるが、フックサイズがデカ過ぎるのか、なかなかフッキングしない。。
遠くから高速巻きで寄せてきて、足元でちゃんと喰わせ55センチくらいのハマチGET!!
魚を絞めた後、すぐにまた同サイズGET!!

僕と後輩Gが朝イチ2本ずつで時合終了。

この後、更なるサイズアップを狙い、投げ続けるがダメ
昼頃にはすっかり潮も止まり、気配もないので終了。

帰宅前に腹を出してみると、ハマチ4匹から31匹のトウゴロイワシ(10cmくらい)
P1000184.JPG


イワシをたっぷり食べ、脂ギッシュなハマチでした。



2日後、また同じ磯にいった後輩GとT。
70オーバーのメジロが爆発だったらしいどんっ(衝撃)どんっ(衝撃)
これまた羨ましすぎる。
早く行かないと・・・

2008年11月24日

ウス山

最近魚が釣れない僕と友人N、Kの3人で熊野地磯へ!!

駐車するところに到着すると、3連休の真ん中ということもあり人だらけ・・・
僕らも急いで準備をし、磯へ向かう。
なんとか3人で釣りをできるスペースを確保し、釣り開始!!

開始直後、この日はジグしか投げんと断言していた友人Nにいきなり青物ヒット!!
足元まで寄せてくるがサラシの下のエグレに突っ込まれ・・・LineBreak...
底付近のロングジャークでヒットしたそうな。
本人はあまりデカくなかったと言っていたが、僕が見た魚影は明らかにメジロクラスだった。


まだまだチャンスはあると信じ、3人でジグをシャクる。

だが、、、
無反応。


昼過ぎ、
朝イチのテンショングッド(上向き矢印)の効果も薄れ、そろそろ磯寝を考えているとイキナリ潮が流れ始める。
K君がナブラを見るなど、だんだん気配がしてくる。

そして・・・またしても友人Nにヒットし、
200811250133000.jpg    メジロ70cm。めっちゃ羨ましい・・・


ヒットルアーは198円のジグで朝と同じ底からのロングジャークだったそうな。

このあと夕暮れ前までやるが、反応なし。
上機嫌の友人Nにウス山ちゃんと呼ばれながら帰宅となった。


そして帰宅後、おぱたさんの豪邸で新築祝い?!の解体ショー&宴会ビール
捌いてみると、胃袋空っぽ・・・
今年の熊野はベイトが少ないんかな〜。

とりあえずこのままでは精神衛生的によくないので、今週中にリベンジしてこよ〜

2008年10月07日

早朝集中講義?!

大学はシーズンインしているが、青物中毒ダメ院生2人&学部生Gと熊野へGO!!
午後から授業があるため、9:00まで。

暗いうちから遊歩道をダッシュ!!
短期決戦ということもあり、みんな一人勝ちを狙っているのは一目瞭然?!

僕も狙っていたポイントに入り、キャスト開始!!
小物のナブラが足元で起こったり、大き目のベイトがルアーに驚いて逃げたりと気配は全くないわけではない。

薄暗い内はプラグを中心に投げるが、今ひとつ・・・


すっかり明るくなったので、遠くにある潮目を「俺のシャバジグ」で撃ってみる。
底潮は効いているみたいで、水圧を感じながらシャクると、、、
ヒット!!

底でかけたため、ちょっと期待してみたが、、ゴリ巻きで寄ってくる。。
やはり、ツバス40センチちょい・・・

200810090958000.jpg


ラスト1時間、
サイズアップを狙い、P-boyロングシェイプ110gで狙う。
おそらく今までに使ったジグの中で一番デカイ!!

来たらいいサイズやろと信じながら、シャクルと
底付近で、ガツンexclamation×2

期待するが、、、またもやツバス。。
デカイジグ使ってもサイズに変化なし。むしろ少しサイズダウンバッド(下向き矢印)

そして往復6時間弱、実釣3時間ちょいの釣行は終了。
この集中講の単位は60点ではなく、60センチ以上で認定。
僕とJ瀬、後輩Gは再受講やな(笑)


今回の唯一の収穫は、デカいジグの使用。
今回ツバスサイズでも喰ってきてくれたおかげで大きさに対する不安を完全になくすことができた。
ショアからだとアピール力は重要だと思うし、これからは100g前後をメインにジグを揃えていこかな。





2008年08月09日

青物中毒 2nd day

2日目、、、
前日の夕方あまり良くなく磯を変えようかと思ったが、確実に場所をとれるので結局同じところに。

朝一、まるで反応がない。。。

満潮時刻10:00前後、朝一からトップを中心に投げ通してやっとドラドに魚雷命中exclamation×2

今まで釣ったことのある90オーバーのブリやメーターオーバーのシイラとはケタ違いのパワーあせあせ(飛び散る汗)

根に向かって急行するので、かなり強引にファイト!!
が、、、竿の限界まで耐えてもジリジリと出される。
根に当たった瞬間、60lbラインブレイクバッド(下向き矢印)

ヤツは何者やったのか・・・
デカいカンパチやったのかexclamation&question
何にしろ串本で釣りをするには、僕のタックルはライト過ぎたのかも。


それから何もないので、最後の1時間ちょっと湾内を探ってみることに!!

すると着いてすぐ、、
ポップクィーンにメーターオーバーのシイラHIT!!
ギャフもまだ準備していなかったので、サラシを利用して抜きあげる。

血抜き後、またキャストをすると10匹くらいが背びれを出しながら、僕のルアーを追いかけている!!
またまたHIT!!

ファイトを楽しみ同じ位のメーターオーバーゲット!!

最近美味いことがわかったシイラの刺身を食べたかったので、この2匹を釣った後すぐサークルの合宿へ

200808111629000.jpg


今回の串本釣行で完全にソルシア962Hのパワー不足を感じてしまった

2008年08月08日

青物中毒 1st day

200808080752000.jpgメジロが水面を爆発させる興奮を再びってことで、一人でまた串本大島の地磯へ!!


到着すると、今回も地磯貸し切り!!
ラッキーと思いながら、ポップクィーンをキャスト!!
日も昇り、水面がギラギラして見にくいが何かがチェイスしている!!
目が痛いのを我慢し、小刻みにアクションを入れ、60センチジャストのハマチGET!!

ん〜このサイズなら群れているんじゃないかと、キャストを続ける。
するとサラシの中から同サイズが飛び出してくる!!
フッキングするも、足を滑らせ転んだ間にバラシ。。

このバラシの後、沈黙。。早めに午前の部終了。


夕方、同じ磯にいくも、全く反応なし。

2008年07月20日

久し振りに潮岬へ/二日目

200807220200000.jpg二日目、三人揃って寝坊。。
急いで四時半から磯に向かうが、人がいっぱいで青物を狙える場所は空きなし。

朝マズメだけヒラを狙って早目に帰宅し、昨日の魚を肴に宴会することにした。

とりあえず昨日釣れたポイントでミノーを投げてみて様子を伺ってみる。
磯際でハタ系の魚が下から突き上げてくるも、のらず。。
50センチくらいのめちゃくちゃ旨そうなヤツだったのに。。

しばらく粘るが、暑くなってきたので、終了。

車に戻ってみると、先端に入っていた人も帰る準備中みたいだ。
話を聞いてみると、青物一本あげられたみたい。

寝坊したことを後悔しながら、僕らも帰宅の準備を。

まあクーラー空っぽで帰るわけじゃないから、まあいいや…


津に戻って捌いてみると、内蔵脂肪たっぷり、メタボなヒラスズキ!
身には適度に脂がのってて、とても美味しかった!!
また近いうちに(出来れば平日に)こっそりいってこよかな

2008年04月05日

やってしまった。。2日目

333.jpg前日ブリ2匹釣り、満足してしまって釣る気なし。

なんとなくメタルジグを投げてのんびりしていると、何か小さな魚がかかったが、バラシ。。
多分小型のイトヒキかな〜

ブリを早く食べたいので、昼頃帰る。

そして家に帰って捌いてみると、、、
お腹から出てきたのはサンマ!!
普通にスーパーに売ってるサイズexclamation×2

もっと大きなジグ使っても良さそう
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。