2012年01月07日

微妙でもプライスレス

年が明けてすぐ、中五島に遠征に行った。

事前情報では40〜50センチのグレが尾長交じりでクーラーボックスがいっぱいになるとの事。

期待に胸を膨らませつつ、

DSC00297.JPG

些細なことは気にせず、呼子へ向かう!

075.jpg

高速降りてすぐのなかはら釣具店で、オキアミと釣り用品を買い込む。

カゴ用品については関西で何も買わなきゃ良かったと思うほどの品揃え。
本州でカゴというと邪道みたいな雰囲気があるが、ここ九州では確立された釣りだということがはっきりとわかった。

そして、せいりょうさんにお世話になり、
078.jpg

フカセ組みと別れ、
DSC00299.JPG

僕らはとりあえずルアーポイントへ!
DSC00302.JPG
荒れてくるので短時間勝負!

が、、、何も釣れん。。。


京都、愛知から来た僕らを気遣って、船頭が船でのヒラスズキランガンを提案してくれた。

少しだけといいつつも、サラシを何個もまわってくれたがノーバイト・・・。

これで素直にルアーを諦め、夜釣りクロポイントに移動する。

DSC00308.JPG

めちゃくちゃ浅い・・・。
こんなとこでグレがいるのかと思うほど。

ただ激流。
その激流が数分毎に向きが変わる。
写真を見る限り、穏やかそうに見えるが、落ちたら水深1mのとこで死んでしまいそうな海。

一瞬、潮が止まるとこを探して魚を釣るんだろう。

ただただ変化が早い。

こんなフカセ初めてで、要領が掴めない。

そんな中、ガツが良型50センチ弱の尾長をキャッチ!
DSC00303.JPG

時合い突入か・・・と思われたが、幾時間も反応はなく。

極寒のため、ヒラスズキ釣りで濡らしてしまった磯ブーツが凍りそう・・・。

ファイヤーしながら皆でウトウトしてたら、
DSC00305.JPG

回収時間まで残り数時間に。

夜明け前、ちょっと釣り方がわかってきて釣れだすもタイムアップ。

僕の釣果は、、、
DSC00309.JPG

40ちょっとの尾長。
45程の口太。
巨大おっさん。

やはり遠征は難しい。
この日、急激に水温下がって釣果悪いといえども、常連さん達は2桁は釣っていた。。。

海が違うと魚が同じでも習性が変わってくる。この違いを楽しめただけでもプライスレスだった。

そしてGWもプライスレスを求めて、離島へ!
現実を知るまでが一番楽しいですね^^多分www

080.jpg



追伸
りゅうさんの写真少なかったので、追加しときます
079.jpg




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。