2011年10月15日

尾鷲満喫釣行 1日目

この週末、友人ナベと尾鷲2日間釣行を計画。

ルアー&フカセで遊びに行く予定だったが、波高いし、激雨。

雨が弱くなる昼からルアーオンリーのヒラスズキと青物限定プランで遊びに行ってきました!

12時過ぎにナベと尾鷲で合流し、午後2時頃から釣り開始。

まずはヒラスズキを狙ってみる。波はいい感じだけれど反応はない。

そんな時、サラシで何かデカイのが沸いた!


この時期の尾鷲ならメジロか!


ヒラスズキタックルのまま、サラシにルアーをぶちこんでワンアクションすると、すぐさま水面が割れる!!

しかし、想定外のジャンプ・・・。

もうヒラスズキタックルでやりたい放題やられ、PEずるずるリーダーささくれ状態でなんとかランディング。

このタックルだと最高に楽しませてくれたメーターオーバーのシイラ手(チョキ)


DSC00201.JPG


ラインを組みなおし、ヒラスズキを狙う。

ベイトは居る!
磯際ぎりぎりをネチっこくアクションさせると、全身を露にする激しいバイトexclamation×2

ナイスサイズなので、慎重に!

ナベにランディングを手伝ってもらい、無事キャッチ手(チョキ)

DSC00210.JPG

82センチのナイス平鱸でした^^


この後、暗くなるまでやるが不発。


買ったばかりのストリームトレイルの防水バッグに魚を突っ込み、帰路につく。
DSC00224.JPG



しかし先日の台風&この日の雨のため、道が落ち葉で覆われており道がわかりづらい。
それに加えて濃厚な霧で視界5m程に。
雨も激しく降りだした。

何度も来たことがある磯だけれど、これはかなりヤバイ。

迷い始めたとき、転倒し利目のコンタクトをなくした。視界が更に悪く、もはや遭難寸前。
片目の視力落ちると、斜面の傾度がさっぱりわからなくなるから、非常に怖い。
そんな中、ナベがロッドを持ってくれ、先導してくれたおかげで助かった。ありがとう!

そしてなんとか車に辿りついたのは2時間経過後。

原生林を歩いていく磯。
ルートはあってないようなもの。
目印も視界が悪くなれば、まったく意味がない。
こういう場所は暗くなるまでやっちゃダメだった。


風呂の受付終了3分前にぎりぎり間に合い、セーフ。
その後、後輩カバマルと合流し、尾鷲の飲み屋でわいわい宴会して1日目終了。

楽しさ、反省、安堵感たっぷりの1日でした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/230789745
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。