2011年07月23日

串本釣行1日目 夜ブッコミ編

夕方〜夜の部に切り替える。
飯を食べて、30分程仮眠を取り、いざロマンとタマンを求めて出撃!!


夕マズメ、ルアーは不発。

初コロタマを求めて、底物タックルでイカをぶちこむ。
餌イカは後輩フルカワから貰ったのだけれど、ワームみたいに水中でヒラヒラとなるようにカットした短冊を内臓やコンソメとかに漬け込み、色々工夫しているのが印象的だった。
めちゃ臭かったが(笑)

後輩はコロタマ専門でやってるので、その他にも色々教えてもらい、わくわくしながら、ビールを飲みながら、ケミホタルを眺める。

僕の底ものタックルに比べ、後輩の磯投げタックルの方が明らかにアタリ(外道も含め)が多い。
仕掛けはほぼ同じ。何が違うのかさっぱり検討もつかない。

僕はウツボを1匹釣っただけで、眠くなり、ブッこんだまま、ウトウトする眠い(睡眠)

するといきなりの奇声に目を覚ます。
「あdぽがjrgも@ろりっす、こnやローーー」

何を言ってるのかさっぱりわからんが、とりあえず近づいてみると何かデカイのが掛かってるみたいだ。
なんとか寄せてきて「色がコロダイです」と後輩フルカワが叫ぶが、ライトアップしてみると「巨大サメ(笑)」。

イギリスから取り寄せたというシマノの逆輸入大物専用投げタックルでも抜きあげ不能なので、不本意ながらデビルズクローでサックリあせあせ(飛び散る汗)
記念に写真を撮ってあげた後、傷も軽症なのでお帰り頂いた。

サメでも釣りたいので、餌を新たにやってみるが、ウツボアタリばっかり。。。

またウトウトし出したとき、またもや後輩の奇声が磯に響き渡る。
竿ロケット発射したらしい。

今度は「かなり本命っぽい。」と後輩が言っている。
釣ったことがないので知らないが、確かに暴力的な引きに加え、叩く感じが見てとれる。
間違いなく、タイのような平べったい形状をしたヤツなんだろう。

シマノ逆輸入ver.はすっかりのされてしまっておりヤバイなと見ていると、ラインブレイク。。。
16号の道糸+ワイヤーでも獲れない魚。
自分の魚でなくとも、是非見てみたいものだった。

そのときすでに深夜2時過ぎ。
後輩は次の日バイトがあるので、しばらくしてから悔しそうに帰っていった。

僕が一人、リベンジをと狙い続けるが、お腹がピィーpィーになってきたため、撤収。
ティシュがないので、車まで戻り、用を足すことに。
ウンが運を呼ぶとはこのことなのかと知るのは後のこと。
まさか奇跡が待っていようとは。

2日目に続く。
この記事へのコメント
気持ちよく寝ているところ、何度も起こしてすみませんでした…

やっぱり、ポイント知ってる人と一緒に行くことが大事だなーって思いました
また夏の夜磯行きましょう!
Posted by 古川 at 2011年07月26日 12:46
>古川
いやいやもっとたくさん起こして欲しかったんやけど^^
専門家と行って色々勉強になった。ありがとう!!
それにしてもあのモンスター釣りたいな。
あんなん見せられたら夜磯行かないわけにはいかないので、また一緒に頼みます^^
Posted by yamao at 2011年07月27日 19:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。