2011年01月22日

ぐだぐだ串本1日目

2週連続尾鷲に釣りに行ったこともあり、この週末はのんびりしようと考えていた。
しかし金曜日定時前からそわそわし出し、やはり釣りのことばかり頭に浮かぶ。
水曜、木曜と2日続けて会社の先輩達と遅くまで飲んでいたこともあり、体力は限界。
とりあえず行けるとこまで串本に向かうことにした。

レッドブルを2本購入。ちびちび飲みながら運転するが、紀ノ川SAで力尽き、仮眠眠い(睡眠)

結構寝たので、串本に到着したのは10時頃。
オキアミを買って、入れる場所を探す。


が、、、


ポイントが空いてるとこはない。


あぶれ者になってしまい、青物タックルとフカセタックルを背負ってポイント探しのランガンふらふら
13時頃、なんとか満足できるポイントに入れさせてもらうことが出来、フカセを準備する。

ここで先週モックさんのロッドケースにタモの柄を入れたまま帰ってきてしまったことに気付く・・・。
この足場が高いポイントどうすればいいのか(笑)
まあ周りも釣れていないので、デカイのが釣れないことを信じ、釣りをはじめる。

サラシには大量の木っ端グレがいるし、横風がめんどくさい・・・。

でも釣り糸垂れることができるだけ良い週末やなと思い、脇に竿を挟みタバコに火をつけると、その瞬間竿が引っ手繰られ、脇から竿から落としそうになってしまう。

はじめから竿がのされているので、レバーブレーキで体勢を整え(ライン出しすぎた・・・。)、魚を止める。

この感じは・・・グレぴかぴか(新しい)

そう確信し、足元の突っ込みを耐える。
いいサイズを確信し、喜びと同時にランディングどうするか不安が襲い掛かる。

でも不安を心配している間に、チモト切れ・・・。
尾長だったのだろうか、もったいないことをしてしまった。。。
精神を安定させてファイトするためにも、これからは釣行準備は前日からしっかりとしておかねばたらーっ(汗)

この後は反応もなくなり、夕方も近くなってきたのでルアーに変更。

しばし後、沖に鳥山が出来始める。
かなりデカイ鳥山やな〜と思っていると、海が噴水のよう広範囲で爆発している。
ちょっとずつ磯に寄ってきていたが、プレジャーボートが集まりだし、僕は磯からファイトを眺め続けることに。
ぽんぽんとランディングしていく様を見ているうちに真っ暗になり、撤収。

一度でいいから、あの噴水のようなナブラにルアーをいれてみたかった・・・。


こんなぐだぐだで1日目は終了。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/182301366
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。