2010年03月03日

春を感じた串本釣行 一日目

久しぶりに串本行ってきました!
遠征に行く予定だったサークルメンバーが串本で個人プレー。思いのままの釣りを。


到着してどこに行こうかと考えていると、串本はやはり釣り人多し。
午前中青物は諦め、ヒラスズキ狙いに変更する。


10時頃回遊している魚が入ってきたのか、短時間で3発でるが乗せきれず。
青物タックルでは釣りづらいルアーを触ってくるバイトでしたあせあせ(飛び散る汗)



それからパタリと反応がなくなったので、車に戻り、しばし昼寝眠い(睡眠)

寝起きでボケッとしていると、地元の方から
「ハマチが釣れてるみたいやよ〜」と聞き、先端に向かってみる。




その途中でオタマジャクシ発見exclamation×2
009.JPG

磯に沸く蚊をしっかり食べて欲しいものです。


春の訪れを感じながら先端に到着すると、1人だけ入れる場所が空いていた。

そこでジグをシャクってみると、、、


いきなり底付近でヒットるんるん


ハマチかexclamation&question


何にしろサイズは小さそうなのでゴリ巻き!


クルクルまわりながら水面に上がってきたのは、


イトヒキアジ手(チョキ)


010.JPG

美味しい魚なので、小さいジグに変えて狙ってみるが、この1匹だけ。


薄暗くなってから、再度ヒラスズキを狙いに行きましたが、ノーバイトバッド(下向き矢印)


グレを無限に釣っていたおじちゃんからグレをもらって、大漁のフリをしながらみんなと合流。

ヤエンをしようと餌屋の三平に行くが、閉店10分後。。。
ヤエンを諦め、串本港でエギングをすることに。


30分間で友人ガツが2杯。
僕はボーズたらーっ(汗)
心が折れて、寝ることにしました。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。