2009年02月05日

釣れなくてもいい釣りだったけど

基本的にヒマな僕には珍しく、この不景気時代の就職活動は精神的に疲れる毎日。
大阪までの電車の中でiPodから流れる音楽を聞くより、磯に行って波の音が聞きたい。。。
そんな社会不適合者の僕は、ルアータックルを持ち、ふらっと熊野の磯へ!!


のんびり準備し、アスリートミノーをキャストしてみると、いきなり磯際で70センチ位のヒラスズキヒットexclamation×2
フッキングと同時にズリ上げパンチ
手の届きそうなところで、フックが外れ、コロ×Aと海に戻って行かれました。
う〜ん、会社から落とされるより、悔しいっすバッド(下向き矢印)


ええサラシ出てるので、まだチャンスはあると思い、気を取り直しキャスト!!
またまたガツンとexclamation×2
いきなり強い突っ込みぴかぴか(新しい)

ヒラスズキってこんなに引く魚やったっけ・・・。
もしかしてかなりデカイのか?!
それとも青物か?!!
ゴリ巻きで足元まで寄せてくるが、アップダウンが激しいサラシの中でフックオフたらーっ(汗)



今のまたヒラスズキやったんだろうか・・・



疑問に思いつつ、またまた気を取り直してK-TEN14センチ(パール・チャート)をキャストexclamation×2
ルアーを確認しながらサラシの中をゆっくり引いてくる。

足元で飛び出してきたのは・・・



ヒラスズキではなく・・・



本命の・・・





006.JPG011.JPG

77センチ、よく肥えられたメジロ様でした手(チョキ)
無欲で釣りに行くと、いいことありますわーい(嬉しい顔)


まだまだ釣ってやろうとギラギラし出すと、やっぱりノーバイト。

でもこの1匹で充電完了し、昼過ぎにニヤけながら帰宅しました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。