2008年12月23日

1091グレ!! ブチブチ編

友人ガツ、後輩G&T&Sとルアーとフカセタックルを持ち、いつもの尾鷲の地磯へexclamation×2

もちろん朝はルアーを投げてみる。
薄暗い時間に後輩2人がハマチをゲット!!湾奥の方ではハマチナブラがあったようだ。
僕にも2回アタックがあったが、のらず。

ハマチ時合が終わった後、1時間程キャストを続けていると、ポップクィーンでいきなり水面大爆発exclamation×2
しかしルアーがぶっ飛ばされただけで、のらず・・・。
明らかにハマチサイズではなかったので、悔やまれる。


ポーズ中くらいちゃんと食ってくれよ〜と1時間嘆いた後にフカセに転向。


釣り始めて少したった頃
竿をひったくられ、チモト切れ。。。多分尾長。
横にいた友人ガツも1発切られているらしい。

30センチの口太が釣れた後、、、うねりに加え、横風も出てきたため一時中断。


後輩達が準備してくれたバーベキューでビールを飲み、幸せな昼休み。
(準備してくれて、ありがとうるんるん


風も弱くなったので、戻って釣りを再開。
また午前中のようにウキB、ハリス3号を使用し、過負荷気味でサラシの切れ目を狙ってみる。
再開後、またチモト切れ×@
        ハリス切れ×A

足場が高く、磯際まで遠いポイントだったので、磯際で突っ込まれると根ズレし切られてしまう。
寝ていた友人ガツが釣りを再開した頃から、キタマクラ郡も同時に参上パンチ

デカイのかけても獲れそうにないのでポイント変えたいな〜と考えていると、2時になり渡船客があがったため、ポイント移動。
エサトリをかわすため、3Bの仕掛けに替え、4ヒロで潮目をチェック!!

移動後、1投目からまたもやバリバリっと強烈にひったくられるが、チモト切れ。

釣り方は間違ってないと確信し、早アワセを心がけて再度投入。
張り気味でやってみると、ゴツゴツと竿に伝わってきたので、早あわせ。
タメてファイトすると、何度も根ズレでやられているので、ショアジギ並みのゴリ巻きでむかっ(怒り)

案外すんなりあがってくるので、大した魚ではないかなと思っていると、尾長40センチ。
嬉しい反面、今までブチ切られていた魚はどんだけデカかったんだろうと悔しくなる。

同じように狙い続け、
フカセ初心者丸出しのゴリ巻きで連発ぴかぴか(新しい)
尾長38&37センチを追加。


フカセは満足したので、ルアーポイントに戻ってみる。
後輩Tにメジロチェイス2回あったらしい。
しかし時合に漁船が入ってきてダメになったそうだ。

夕方ちょこちょことルアーを投げるが、反応もないので納竿。


去年の寒グレシーズンからフカセを始めた僕。
こんなにグレが連発したのも初めての経験だったので、フカセに関しては大満足だった。

でもやっぱり、ショアでデカイ青物を釣りたいわ〜
いくら青物ボウズ喰らっても、磯に行こっと(フカセ道具も忍ばせて)。


030.JPG031.JPG


      [フカセタックル]

ロッド  :ダイワ シデンメガティス1.5号
リール :ダイワ トライソ2500LBD
道糸  :  VARIVAS バーマックス磯 [ストロングタイプ]2.5号
ハリス :ダイヤフィッシング ジョイナーV2 3号
ウキ  :三原ウキ・B,2B,3B
ハリ  :オーナー 速攻グレ 10号
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111676204
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。