2011年09月30日

ソルティガZのメンテナンス メカ音痴がやると・・・

購入してから3年弱のソルティガZ4500H。

メンテフリーと言われるソルティガだけれど、だんだん巻き重りが酷くなってきている。

普通にメーカーオーバーホールすることを考えたが、シルバーウィークの遠征前にメーカーへ送り出すことは出来ない。

ってことで、先日の九州遠征前にメンテナンスしたりました。


まずスプールを外した状態から、適当にパーツを脱がせていく。

DSC00098.JPG


よしよし、順調^^

DSC00101.JPG


レンチ(サイズ14)でローターを取り外す。

今回はギアの様子が見たかったので、インフィニットは無視。

そうするとボディに付いてる4つのネジを開けたら、ギア内部が見れる。

そう思うと、ドキドキしてくる。

出番だ!50円で買った2.5mm六角ドライバーぴかぴか(新しい)

DSC00113.JPG

この形状、力を入れづらい。

1、2個目、無事に開く。


3個目、
んっ、開かねぇ。 

新鮮な牡蠣のごとく、しぶといちっ(怒った顔)


力でこじ開けを試みる手(グー)


ネジ穴なめてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

次の日、「ネジ穴救助隊」ってやつを購入して再度トライ。
素直に開いてくれない残り2つのうち、1つは開いてくれましたが、もう1つはダメ。

ネジにはタイドロックがガッツリついている模様。
ソルティガを燃やしたり、叩いたりしてやってみるが・・・ウンともスンとも。

申し訳なくきっきさんにお願いして、ドリルでネジ飛ばしてもらいました。
どもどもありがとうございます^^
DSC00115.JPG

格闘の末、ソルティガに刻まれた傷。

DSC00120.JPG

このカバーを外してギアをチェック。

写真はパーツクリーナーで綺麗にした後。
開けたときはグリスが固まってたり、端っこにこべりついてたりしました。

DSC00094.JPG

メインギア取り外して

DSC00111.JPG

DSC00107.JPG

特に問題なさげ。

ここに純正のグリスと、かずやんさんから頂いたエンジン添加剤を塗付。

それとネジぶっ壊してるので、同じサイズのプラスネジに交換。
こっちの方が今後メンテ楽。

DSC00104.JPGDSC00105.JPG

あとは元通りにして復活。


DSC00096.JPG

メンテ前は高速巻き→手を離して3回転程。

メンテ後は7回転するようになりました。

それでもツインパワーと比べると巻き重り感がしてしまうので、ラインローラー部分を6500EXPのものと交換予定です。


ソルティガを分解するのは、パーツもデカイし、めちゃ簡単ですが・・・

六角ネジは強引にすると・・・危険でしたwww

2011年09月23日

九州遠征 ヒラヒラ祭り

シルバーウィーク後半、ジョスエとシャアと遠征を計画する。
しかし頻発する台風で大シケのため、どこの渡船屋も前日まで予約は受け付けられないとの事。

そして出発当日に電話した結果、
九州生月の渡船屋さんは、まだ出船できる時間はわからないが、海況が落ち着き次第出船してくれるらしい。
時間は少ないかもしれないが、釣りができる安心感は大きい。

今回は2年前にお世話になった生月の渡船屋さんで釣りをすることになった。

22日に合流し、皆で九州に向かう。

1_original.jpg
DSC00125.JPG

渡船屋さんに到着し、朝から釣りできるみたいで5時出船!
渡礁したのは2年前と同じ磯。

こんな感じの磯。
とても大きい島でランガンできる。
ヒラスズキの超1級磯の反面、とても浅い。
ジグは数秒もしない内に着底する程。

DSC00154.JPGDSC00160.JPG19_original.jpg

まずヒラスズキから狙ってみる。

朝からバコバコ (^お^)

DSC00138.JPG

ん〜、いくらでも釣れる感じ。


そんな中、ジョスエが青物を狙ってみると、すぐにヒラゴ65センチをキャッチ!

ベイトサイズが小さく、小さいルアーでしか反応しない模様。

皆でオシペン115SSでキャストしてみると・・・



入れ喰いぴかぴか(新しい)



オシペン115SSの全力巻きで水面転がしてくると、ドカっ・・・ドカッ・・・ドーんって感じ。

止めると見切られる。フックアップ率かなり悪いのだけど、魚が多いのでお構いなし。

気がつけば、釣り開始3時間でタイドプールは血の海に!!

DSC00127.JPGDSC00140.JPG

ヒラゴは全部65センチ位。

満たされた僕らは、ヒラゴがボイルしている最中に贅沢な乾杯ビール

DSC00143.JPG


日が昇ってもボイル継続中。
5〜8センチくらいの小魚を追っかけまわしてる。

見切られることが多くなったが、10投したらチェイス1回ある程。

なので真昼間でも釣れ続けました。
DSC00145.JPG

1度メーター近いやつも掛けましたが、激浅ポイントだったので瞬殺されました・・・。
どう頑張っても僕には無理でした。

12_original.jpg
ランガンしたら、魚を担いでクーラーに戻る。

この日、6時から釣りして、12時まで休憩はビールだけ。
水分補給もするのを忘れていた程。
釣れすぎは嬉しいが、体力の消耗が半端ない。

ヒラゴがボイルして釣れるのわかってるのに、日陰で爆睡してる二人。
半身が日に当たってるとこからして、結構寝てると思われる。

DSC00159.JPG

しかも上から見ると追っかけまわしてるのが見えてます〜とか言ってるし。。。
もったいない。
漢な青物師がおったら怒られる(笑)


起きて再開すると、やっぱりヒラゴ、ヒラスズキ釣れる。

DSC00148.JPG


そして納竿間際、皆ラスト1本釣り、あとは僕だけ・・・。
って時に一回り大きいのがヒット!

ジョスエがムービー撮ってくれてました^^


DSC00165.JPG

ルアーパックリ咥えたヒラス!!
DSC00166.JPG

DSC00167.JPG

今日一番のヒラス75センチでした!


これにて納竿。

DSC00168.JPG


帰港後に皆で記念撮影しました。

1316832020_1.JPG

この魚達で持ってきたイグルー(100L超)満タンあせあせ(飛び散る汗)

次の日も釣りをするとなると、クーラーもう1つ買わなければならない。
それに加えて、1日中ファイトの連続で腕と体力は限界に近い。

2日間釣りをする予定でしたが、この釣果に全員が満足しきっており、この日だけで遠征は終了としました。

やっぱ遠征は最高です!

2011年09月19日

淡路オフショアでエソ・・・。

連休、この天気では磯行けないな〜と思ってると、かずやんさんからジギングのお誘いぴかぴか(新しい)

知り合いの方が所有されているクルーザーで釣りされるということで、ご一緒させて頂きました。

ご近所のきっきさんと合流後、芦屋に向かい、出港!

1時間半のクルージングでポイント到着する。

お借りしたジギングロッドでシャクってみますが、魚が触ってくる感覚は何度かあるものの、なんでかフックアップせず。

同船した皆さんは何匹かツバス〜ハマチを釣られていましたが、僕はエソだけでした眠い(睡眠)


初めてまともな青物ジギングだったのですが、アタックしてきてフックアップしない率がショアより高い感じがしました。

この日の状況なのか、ジグを引いてくる角度なのか、ロッドの違いなのか、アシストが太軸だったせいか。
よくわかりませんが。


船酔いが嫌でオフショアは敬遠してたのですが、明石周辺なら船に弱い僕でも酔い止め飲んだら問題なしでした。


DSC00122.JPGDSC00121.JPG

釣果には恵まれませんでしたが、立派なボートに乗り、のんびりと快適に釣りができ、楽しかったですグッド(上向き矢印)

でも次はやっぱり快適じゃない釣りがしたいですね!!

2011年09月10日

南紀にて

この日は先日の沖ノ島釣行で知り合ったこーせーさんと共に南紀沖磯へ!

・・・の予定が、沖磯シケのため出船せず。

仕方なく釣りが出来そうな地磯へ行くことに。

まだ台風12号の影響で海が緑がかっている。

まず買ったばかりのレイジングブルXF-1で青物を狙うが反応がないため、すぐにヒラスズキ狙いに変更。


ヒラセイゴが2発出てくれるが、両方とも数秒ほど針掛かりしてバラシバッド(下向き矢印)

久しぶりのヒラスズキバイトにアドレナリン出過ぎてしまい、慌ててしまったあせあせ(飛び散る汗)

釣れたのは可愛いシオさんだけでした。

DSC00092.JPG

こーせーさんもジグでシオを連発されてました。


日が高くなってからは、反応がイマイチなので、潮通しの良いポイントに移動。

サラシの中を泳いでるメジロを見たものの、反応がなく、撤収としました。


ヒラスズキも磯に寄って来てるみたいなので、磯行くのが楽しみでするんるん

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。