2011年07月23日

串本釣行1日目 夜ブッコミ編

夕方〜夜の部に切り替える。
飯を食べて、30分程仮眠を取り、いざロマンとタマンを求めて出撃!!


夕マズメ、ルアーは不発。

初コロタマを求めて、底物タックルでイカをぶちこむ。
餌イカは後輩フルカワから貰ったのだけれど、ワームみたいに水中でヒラヒラとなるようにカットした短冊を内臓やコンソメとかに漬け込み、色々工夫しているのが印象的だった。
めちゃ臭かったが(笑)

後輩はコロタマ専門でやってるので、その他にも色々教えてもらい、わくわくしながら、ビールを飲みながら、ケミホタルを眺める。

僕の底ものタックルに比べ、後輩の磯投げタックルの方が明らかにアタリ(外道も含め)が多い。
仕掛けはほぼ同じ。何が違うのかさっぱり検討もつかない。

僕はウツボを1匹釣っただけで、眠くなり、ブッこんだまま、ウトウトする眠い(睡眠)

するといきなりの奇声に目を覚ます。
「あdぽがjrgも@ろりっす、こnやローーー」

何を言ってるのかさっぱりわからんが、とりあえず近づいてみると何かデカイのが掛かってるみたいだ。
なんとか寄せてきて「色がコロダイです」と後輩フルカワが叫ぶが、ライトアップしてみると「巨大サメ(笑)」。

イギリスから取り寄せたというシマノの逆輸入大物専用投げタックルでも抜きあげ不能なので、不本意ながらデビルズクローでサックリあせあせ(飛び散る汗)
記念に写真を撮ってあげた後、傷も軽症なのでお帰り頂いた。

サメでも釣りたいので、餌を新たにやってみるが、ウツボアタリばっかり。。。

またウトウトし出したとき、またもや後輩の奇声が磯に響き渡る。
竿ロケット発射したらしい。

今度は「かなり本命っぽい。」と後輩が言っている。
釣ったことがないので知らないが、確かに暴力的な引きに加え、叩く感じが見てとれる。
間違いなく、タイのような平べったい形状をしたヤツなんだろう。

シマノ逆輸入ver.はすっかりのされてしまっておりヤバイなと見ていると、ラインブレイク。。。
16号の道糸+ワイヤーでも獲れない魚。
自分の魚でなくとも、是非見てみたいものだった。

そのときすでに深夜2時過ぎ。
後輩は次の日バイトがあるので、しばらくしてから悔しそうに帰っていった。

僕が一人、リベンジをと狙い続けるが、お腹がピィーpィーになってきたため、撤収。
ティシュがないので、車まで戻り、用を足すことに。
ウンが運を呼ぶとはこのことなのかと知るのは後のこと。
まさか奇跡が待っていようとは。

2日目に続く。

串本釣行1日目 沖磯ルアー編

台風明け、今週は行かなければ後悔すると思い、急遽串本に行くことに。
急だったので単独でと考えていたところ、後輩フルカワがtwitterで夜メインの釣行でコロダイ&タマミを狙いに行くと呟いている。
明るいうちは沖磯、夜はコロタマを狙いに行こうということで現地で合流し、一緒に行動することに。

当日、、、
早めに着いて寝ようと思ってたのだが、忘れ物が多く現地に着いてからバタバタたらーっ(汗)
帽子は安全面でも必要不可欠なので激安のやつがないか探してみるが、開いてる店がコンビニか餌屋さんしかなく、明らかに100均で売ってそうな無地の700円が最安。
仕方ないので、これを購入。。。

そして最近外しの少ない沖磯へ手(グー)
渡船客が少ないので、全員一級磯に乗る。

朝は、、、水潮で潮の色が悪く、朝からダツの猛攻・・・あせあせ(飛び散る汗)
ダツでも釣れないより釣れた方が良いやんと思っているのでルアーを投げ続ける。
魚種はやっぱりOnly oneるんるん

7時頃から潮の色がみるみる青くなり、シイラが多くなってきてプラグでは回避が困難になってきたため、ジグに変更。
底〜中層を狙ってみる。

チェイスしてくるダツとシイラに混じって、メジロっぽい姿が見えたので、気合を入れてシャクリ続ける。
底から1しゃくりでガツンと引っ手繰られ、重量感に期待するが、、、急浮上してきてジャンプしたのはシイラ・・・。
ジグでヒットすると、一瞬ドキっとできるので刺激的ぴかぴか(新しい)

またプラグに戻してみると、40センチ弱のソーダカツオ2匹。

まあちょっと満たされたので、のんびり休憩することに。
水分補給しようとバッカンを開けてみてビックリ・・・。
流されないようにピトンに引っ掛けていたのだけれどチャックの部分の裂け目から海水が入ったみたいで、10センチほど水が溜まっている・・・。

被害でかしふらふら
撥水ケースに入れたデジカメ・・・水没により死亡。
日焼け止め2個・・・海水混じり希釈済み。
新品のフック(アシストとトリプル)・・・海水まみれ。
おにぎり・・・塩味強化中。

まあせっかく釣りにきて凹んでるのはもったいないので、落ち着いて海を見ると、、、
磯際からデカンパチが出現exclamation×2
沖ではビンナガジャンプグッド(上向き矢印)

たぎり直してキャストを繰り返すが、ルアーには反応なし。


そうしているうちに2時頃になり、諦めかけた時、、、

足元で20匹ほどのハマチが猛烈にベイトをチェイスぴかぴか(新しい) 磯際を高速移動している。

慌てて撃投85gをキャスト!!
着水と同時に数匹反応してきたため、喰いやすいようにアクションして!

60ちょいのハマチゲットるんるん


ハマチが近くにいることは分かったので、オシアペンシル115SSに変えてサーチしていると、次はデカンパチ単発でベイトを追っかけ中。
ベイトを追っかけドカッと出てくるが、1秒もしないうちに沈んでしまう。

タイミングよくルアーが通過したらチャンスあるかもと思い、キャストを繰り返すと、
子供3匹が猛チェイスしてきてルアーに戯れてくれてヒット!!

抜き上げ時にタイドプールに落としてしまったので、ビシャビシャになりながら手掴み(笑)
40センチのシオをキャッチ手(チョキ)

もう渡船上がりの時間なので片付けをしていると、底物の方がキハダが泳いでるで!と話してくれる。
確かにシイラではなくキハダっぽいのがいるのを見たが、時間切れ。

ハマチ、シオが釣れたので、それなりに満足して撤収。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。