2011年07月02日

シイラ、のちハマチ、時々メジロ

金曜日、串本沖磯にいた先輩カマスさんから、
「シイラ入れ食いでしんどいから、フッキングしないでオートリリースしてたで〜」

僕がシイラ釣ったのを遡ると、約2年前。。。
こんなのを言われると休日を家で過ごすことなぞできんくなる。

僕は西から、後輩シャアとカバ丸は東から本州最南端の町へGOダッシュ(走り出すさま)
渡船屋で合流して、出船を待つ。

僕らが乗りたい磯は、、、先週ヒラマサをゲッツし、前日先輩パラダさん・カマスさんがシイラを飽きる程釣った磯。
渡船客が多く、今日は乗ってもスペース的にきつい。。。
船頭から「ルアーやったら、***(超1級磯)にしとき」と言われるが、磯についてみると波が高くて干潮まで乗れないとのこと。
どこがいいのかわからないので、いつもの残り磯作戦。船頭に任せることに。
無線で「シイラ沸いてる」と連絡があったみたいで、その沸いてる場所から比較的近くの磯にあげてもらう。

渡礁後、キャストしてみると早速オシペン115SSピンクにシイラのチェイスぴかぴか(新しい)

次のキャストでは、
シイラをバラした後、足元のサラシでハマチ大をヒットさせるも、足元で針が外れて転がって海へ・・・。

80センチ程のシイラを1匹釣った後は少し反応が悪くなったので、ボロボロのドラドペンシル140Sに変更する。
すると、、、60センチ程のカンパチ3匹がルアーに猛突進グッド(上向き矢印)
足元で2回アタックし、めちゃくちゃ興奮したが、はじかれてダメ・・・。

シイラはボチボチ回遊してるのでキャストを繰り返してみると、ルアーが着水した直後、背びれを出して突っ込んでくる。
緩めに設定したドラグをジャーっと出していったので、シイラと思い、軽く合わせて適当にあしらって寄せてくると、多分だけどナイスサイズのメジロさんあせあせ(飛び散る汗)
気づいたときにはフックオフしてましたふらふら

朝7時くらいまではこんな感じで好反応だったのだけれど、日が出てからは沈黙。
たまに単発シイラがフラっとやってきてルアーを見に来る程度って感じに。
朝マズメ、高活性の魚をちゃんと獲れなかったことを後悔。。。

このままこの磯にいても仕方ないので、干潮時に超1級磯へ移動することに。
やはり反応は今までより良いが、それでもイマイチな感じ・・・。

風波が激しくなってきて、水飛沫を浴び続けながらキャストを繰り返す。
下り潮がストップし、難しい状況に。
シイラは回遊してくるが、群れを成していない場合が殆ど。群れていても3匹までなので、奪い合いがなくスイッチを入れづらい。
なんとか2匹釣ることが出来たが、サイズは80センチ程と小さめ・・・。
001.JPG

デカイシイラの回遊待ちでトップを中心に探りを入れていると、突然メジロが横っ飛びでルアー目掛けて魚体を現す。
飛びっぷりは最高だったけど、フッキングはしなかった・・・。


しばらく後の2時頃、、、
下り潮も効き始め、状況はよくなってきている気がしたので、撃投ジグ105gブルピンに変更し、ボトムを狙ってみる。

ボトムの方は良い感じに流れているやんと思った3投目、
底から3シャクリほどで・・・ドスっっグッド(上向き矢印)と手元に伝わる。

すぐにお前みたいなルアーマンに釣られたら一生の恥と言ってくるように、いやよいやよと首を振る。
まあまあ良型の青物に違いない。

使い手は微妙だがタックルはそれなりのものを使っているので、難なく寄せることができる。
足元まで寄せてくるとアシストフックが口の横に軽く掛かっているだけで、ちょっと口切れ気味。
抜きあげすると仮定してみたら、ポロリ確立40%くらいかな(当人調べ)?!
大事に後輩シャアにデビルズクローを頼み、ブスっとやってもらいました。
004.JPGCIMG1346.JPG

78
センチのナイスなメジロるんるん

この後、ジグを投げ始めた後輩カバ丸もしばらくして60overのハマチ大をキャッチ。

僕もジグを投げるが、反応がない。。。

カバ丸のアクションやポイントがいいためか、一人だけバラシを連発し、ジグに魚がガンガン当たってくるそうだ。
僕も同じポイントで投げようと思い、移動している最中、カバ丸の目の前で巨大ナブラ発生。

後輩シャア、カバ丸、ダブルヒット中手(グー)

僕の竿についてる撃投105gのままナブラ打ちをすると、360°から何十匹というハマチが僕のジグを襲ってくるがく〜(落胆した顔)
これでトリプルヒットぴかぴか(新しい)

このとき既に3時。
渡船のお迎えの時間が来てしまったが、僕らがお祭りモードに入っているのを見て、遠くで待ってくれている。

周りのお客さんもまだ片付け中なので、
あと1投とキャストをすると、またもやヒットexclamation×2
時間もないので強引にブチ抜き、キャッチ。

まだまだ釣れそうなので惜しくなりましたが、帰宅時間なので、終了。
調子にのって釣り過ぎると贅沢な釣り人になってしまうので、ちょっと惜しいくらいがちょうどいいと思う。

それでもクーラーは3人の魚で満タンあせあせ(飛び散る汗)

013.JPG

基本、FineBOZEな僕らには最高の釣果でした手(チョキ)
でも本音を言うと、あと10分釣りをしたかったな〜たらーっ(汗)

[ タックル ]
ロッド:ブルースナイパー100H
リール:09ツインパワーSW12000HG
ライン:PE4号
リーダー:80lb
ルアー:撃投105g
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。