2011年01月09日

NEWタックルでグレ

今年、初めての磯釣り。

正月セールで購入した新戦力、ツインパワー12000HG、TRISO SHOX 2500LBD、磯ブーツXVX2600Bと共に尾鷲地磯へ!

新戦力といっても
TRISO2500LBD→TRISO SHOX2500LBD
XVX2600B→同商品買い替え
遠征メインで考えているツインパワー12000HG以外は、あまり変化ないですが・・・。


この日は地元の友人agehaと京都で合流して、ヒラスズキメインで尾鷲に向かう。
しかし天気予報はベタ凪。
この波でヒラスズキは厳しいため、フカセも久しぶりにとボイルMを購入していく。


薄暗い内に磯に到着し、ヒラスズキタックルをセット。

この波ではサラシは打っても期待できないので、回遊しているヤツがいないかと考え、幅広く探ってみることに。
チャンスは薄暗い内の30分くらいと思い、いつもより早めにランガンしていく。

すっかり辺りが明るくなってきて諦めかけたとき、はっきりと目視できる波のヨレからヒラスズキがふわっと出てきてルアーを咥える。
つつくようなショートバイトだったので巻き合わせを入れ、しっかりとフックを絡めるように試みるが、、、
ジャンプで針がかり1本になり、直後潜水時にバラシ・・・。
60センチ程だったが、今年初のヒラならず。。。

この後はすっかりと明るくなって何もなく静かな海になってしまう。
この日はベイトもなく青物の気配もないので、ふてくされて7時過ぎくらいから磯寝眠い(睡眠)

あまりの寒さで震えてきたのでフカセをすることにるんるん
普段ルアーメインの友人agehaも初フカセを。

3連休の中日ということもあり、良いポイントは人が入っているため普段やらない湾内の浅い場所で竿を出す。
仕掛けはウキBで3ヒロ。
厳しいやろな・・・と思っていたら、案の定キタマクラの連発。。。

またもやウキがじわじわと入っていくので、キタマクラへのうっとうしさを込めて電撃アワセを入れると、今度は竿がロックされ心地よい重量感がグッド(上向き矢印)
底にヘバりつく感じはグレに間違いないと確信する。シデンメガティスへたってきてるなと思いつつ、強引に浮かせてみる。

おっ良型や!!タモ入れをと思った時、タモを作るのを忘れていることに気付く。
慌てて友人agehaにセットしてもらい、なんとかキャッチ手(グー)


025.jpg

今年初グレ45センチ。


続いて
027.jpg

35センチ。

友人agehaもこの寒グレシーズン初めてのフカセにして、小型ながらもしっかりと釣っている。
先端の方でやっている釣り人は竿を曲げている様子はなく、この日は浅場の方が良かったのかもぴかぴか(新しい)
残りポイントに福あり。

しかしこの後は、潮が動かず、ただただウキを浮かばせている状態になったのと、先端が空いたのでプチ移動。

先端でやってみると、やはり反応は少ない。

ウキを3Bに変え、5ヒロで狙ってみると・・・
ズキュンとウキが引きこまれ

030.jpg

尾長41.2センチるんるん(尾長40UP初でした)

連発あるかと再度投入してみる。
ウキ止めがファイトでズレており、竿1本位になっているのに気付く。
このまま回収しようとおもってると、またもやウキが沈む。
確実に良型尾長と確信するが、今度はチモト切れ眠い(睡眠)

まだまだいけるかもと調子が乗り始めた頃、強風横風突風が吹き、仕掛けが馴染まず、THE END。

夕マズメも近いのでヒラを狙ってみるが、風がある割りにサラシもできてなく、少しやった後に撤収。


今年は夏場のショアGTに向けて、四国南西部に偵察をしていきたい。
フカセも持って足摺方面に行ってみるかと考えてたので、良い刺激となった2011年初磯でした。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。