2010年11月20日

ヒラスズキタックルで!


後輩達や知り合いの情報で、メジロフィーバーは終わったと聞いていた。
でも久しぶりの波2m+ウネリ、しかも大潮。活性が上がるかもということで、木曜日からワクワクしだし、金曜会社を定時に脱出。
家に帰り、カップ麺を食べながら釣具をいじいじして、気がつくと23時。
前回のメジロをイメージしながら、200km先の三重県大台の友人J家を目指す。

友人Jの車に乗り換え、尾鷲に到着する。
するとサークルメンバー多し、おぱたさん、けーぶ、かば丸、秋元が来ていた。

磯に到着し、夜明け前からメジロが爆発するのを期待しスタンバイ。
気持ち明るくなったときからルアーを投げてみる。


しかし、反応はない。


鳥がうろうろしているものの、偵察しにくるだけで騒がしくない。

ベイトもいないみたいなので、ヒラスズキ狙いにチェンジ。ランガンしてみる。
友人Jもヒラスズキ狙いにシフトしたなと思った直後、竿を曲げている。
取り込みにくい場所だったのでヘルプしにいこうと思ったが、巧みなロッド捌きで誘導しているのとがっちりフックをかかっているのをみて、真上から観戦。
あがってきたのは65センチのぷりぷりなヒラ。

この1匹で今日は釣れると確信し、僕もランガンしてみる。

9時までやってもヒラセイゴが1度アタックしてきただけ、イマイチ・・・。
波が落ちてきたと同時に僕のまぶたも落ちてきたので、1時間ほど磯で爆睡する。


「もう帰る?!」とおぱたさんと友人Jが話してるのを聞き、目を開けてみるがまだ眠い。
友人Jはラストにもう一度ランガンすると言ってるので、もう一眠りと考えていると、良サラシが出来ているに気がつく。
このままでは友人Jにもう1本上げられ、一人勝ちさせてしまう。。。

重い腰を上げ、一番近いサラシを打ってみる。

今日はこんな真昼間に釣れるほど簡単じゃないなと思いながらキャストをしてみると

2投目、、、

竿にグッと信じられない重みが伝わる。

嬉しさのあまり、きた〜と叫んでしまい、初めてのヒラスズキロッドでのファイト、皮1枚のドキドキ感を楽しみながら、足元まで寄せてくる。
今までヒラスズキはミュートス110Hのパワーでランディングしてきたので、どうやってキャッチしていいかわからない・・・。
ぎこちないロッド捌きで何度もサラシを転がっていくが、なんとかタイドプールに誘導・・・。
ヒヤヒヤながら60センチのヒラスズキを釣ることができましたるんるん
これから要修行ですが、結果おーらい手(グー)

その後、反応がイマイチなので!
友人Jと僕は13時撤収。


車の横で昼飯を食べながら、グダる。

明日も釣りする?!
今から帰る?!
もう1つ磯いく?!


決断力がない僕らは1時間くらいボケーっとする。
でも片道5時間、交通費往復1万を考えると、これで帰るのはもったいない。
青物の群れは南下していると予想し、ちょっと南の磯へ向かうことに。

3時頃、磯に到着。良いサラシが広がっているのでまずはヒラexclamation×2
ヒラスズキ師が使うとかっこ悪いと言われてしまうタイドミノーのピンクカラーをセットする。


1投目、モヤンっと足元でモンスターヒラがもんどりを打つ。
フックに当たってしまった・・・。


心臓バクバクの2投目、
反対側のサラシを打ち足元でチョンチョンしてると、またもやドフっどんっ(衝撃)
プンと針先に刺さるものらない・・・。


それならもう1度と3投目、またもやルアーをはじき飛ばされ、フッキングに至らず。。。


足場がとても高く、足元を狙うとルアーの向きとラインの角度がほぼ90度。
その状態でラインは8mくらいしか出てないため、食い込ませる弛みがないからかなと考え、ドラグを緩々にしてみる。

4投目、足元でまた出るが、うまくのらず・・・。


その後、反応が途絶える。
流石に4匹もフックに当て、釣れない魚にしてしまったので、仕方ない。
ヘタクソな自分が悪い。

ルアーローテーションをしていくが手持ちを使い果たし、再度タイドミノーピンクに戻すと、、、

またもやモンスターがモンドリを打つ。
フックに当たってないのでチャンスはあると考え、スプールフリーでフカセのウキのごとく足元のサラシにルアーを漂わせる。

ちょっと余所見をしてると、指で摘んでいるラインにクッっと魚の反応。
すぐさまラインを送り込む。
そしてヒラスズキが反転し、潜っていくのを確認してからフッキングexclamation×2


やっと乗ったぴかぴか(新しい)


落ちていく波と魚の引きでドラグがどんどん出される。

これ以上はマズいので、ちょっと強引にファイトするとロッドが磯竿のようにきれいな満月を描く。

と思いきや次はエラ洗い。オッホーーいいサイズるんるん

昔のバス釣りゲームみたいに何度もエラ洗いをしてくるのだが、足場が高いので対応しようがない・・・。

3本フックがかかっているのを確認しているため、根をかわすことだけに集中して少しずつワンド奥のランディングポイントへ導く。

10m程カニ歩きをして、自分の中では最高の出来のランディングができました手(チョキ)



014.jpg

魚を手にもつと、オキアミをいっぱい吐き出した。
だからピンクカラーが良かったのかな?!


友人Jもデカヒラをヒットさせたが1分間程ファイトした後、根ズレしてしまったそうだ。

デカヒラ達は回遊していたのか、夕方になると反応がなくなってしまった。
一応真っ暗になるまでやって、撤収。

体バキバキになりましたが、プライスレスな1日でした。


友人Jの家に戻ると、親父さんが魚拓とってくれましたわーい(嬉しい顔)
感謝感謝るんるん
さっそく部屋に飾ってます

CIMG1169.jpg


安価で揃えてみたヒラタックル*****

ロッド:シマノ GAME typeS 127HS
リール:シマノ アルテグラアドバンス 4000HG
ライン:PE2号
リーダー:35lb
******************


2010年11月06日

ブルースナイパー入魂完了

ずっとブログ放置してました。スミマセンあせあせ(飛び散る汗)
元気にやってます^^

要領悪いくせに仕事でも負けず嫌いなもので、
正直釣りのことまで頭と体力がまわらなかったもので。。。

そんな僕も
仕事をこなせるようになってきて、ゆとりができてきたかな〜と感じ始めた頃、、、
後輩が一人でメジロ11本+ヒラスズキ90cmオーバーを釣ったという情報がグッド(上向き矢印)

聞いた直後にルアーを買い漁り、ヒラスズキ用ロッド(中古)を購入。
週末釣行の準備を進める。ヒラ用のリールはバイオマスター4000XGをと考えたが、週末に間に合わないのでアルテグラ4000HGを購入。

お盆休み以来のルンルン気分で、当日を迎える。


この日はおぱたさん、友人J、友人Nの4人で磯に向かう。
到着すると、ばったり後輩ケーブ+弟と遭遇。

釣りをはじめてみると、
薄明るいうちから鳥が低空飛行してたり、雰囲気ムンムンぴかぴか(新しい)

そしてワンド奥でナブラが発生。
ベイトはジャコイワシみたいだ。

そのナブラでケイブ弟がヒットさせ、良い型だというのがわかる。
僕と友人Jもダッシュで向かう。

しかし、到着したときナブラは消滅。ケイブ弟もバラシてしまっていた。。。

その後、数分何もおこらなかったため、もとの場所に戻る。


すると、、タイミングよく足元で爆発どんっ(衝撃)

買ったばっかりの9cmマッスルボディをちょい投げすると、すぐさまヒット。

横を見ると、、、、僕、おぱたさん、友人N、ケイブの4人がクアドラプルHITしているexclamation×2

僕の魚は小さい。。。

そう思いながらゴリ巻きして5秒程でブリ上げ→→→驚きのサイズぴかぴか(新しい)
せいぜいハマチ程度やと思ってたのに、なんと75cmのメジロさん。
ブルースナイパー入魂手(チョキ)

僕自身、ブルースナイパー100Hでの初フィッシュ。竿のパワーがありすぎるため、小さく感じてしまってたみたいです。
掛けてみて感じたのは、硬いだけの竿ではなく、上手くショックを吸収して負担なく魚を釣ることができる。めっちゃ良い竿でした。
(ただメジロサイズ釣っても面白くない竿でした)



このクアドラプルヒットで友人Nも75センチ同サイズをゲット!!
残念ながら、おぱたさんとケイブはバラシてしまっていた。

足元で沸いた10秒以外はナブラがキャスト範囲に入ってくることなくなってしまった。

もう1本、買ったばかりのヒラロッド入魂を期待して、ヒラスズキ狙いのランガンダッシュ(走り出すさま)

波が全くない中、モヤっと小さいサイズが出てくれたが、乗らず・・・。

1本捕りたい一心で歩き回っていると、またもやメジロナブラに遭遇exclamation×2
青物タックルなら届く距離だが、ヒラタックルでミノーしか持ってなかったので届かない。

仕方なくナブラに向かってミノーを投げると、メジロがフラフラとチェイスるんるん
でもジャコを喰ってるメジロが10センチのミノーにアタックすることはなかった。。。

その後、昼頃まで粘ってみるが届かない距離で単発ボイルがおこるものの何もなく
撤収としました。

2010-11-21T17 39 31-1.jpg
やっぱ三重の海は最高っす^^
また近いうちに行きます!



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。