2010年02月20日

FSK in 古和浦

熊野から古和浦に北上し、車内泊。

この日は渡船屋の親睦会で。
OBの先輩達が参加するということで一緒に参加させてもらうことに。


一人だけルアーマンのライジャケ、ウェアでめちゃくちゃ目立つ(笑)

くじの結果、後輩タケと一緒に沖の平島へダッシュ(走り出すさま)



大島向きのドン深ポイントに入って、色々攻めてみるがエサが全くとられない。
気合十分の撒き餌、オキアミ生+アミエビ+ニンニク入り配合でやってるのにたらーっ(汗)




沈黙の時間を過ごしていると、ウキがスゥーと入って行き、



アワセを入れる。



下に突っ込み、根に張り付く感じグッド(上向き矢印)




良型グレに違いないぴかぴか(新しい)





確信を持って波が被る場所まで前にでる。






浮いてきたのは、、、、

立派なカンダイでしたあせあせ(飛び散る汗)




この後、爆風向かい風が強くなって来て、何もできず・・・




そのまま終了。





カンダイ一匹。。。

グレではないものの、現役生で一番釣果良かったので、、、

先輩カトーさんからライブウェルバッカンを頂きましたるんるん

どもありがとうございますわーい(嬉しい顔)


これがあれば、40センチまでの魚を眠らせて持って帰り、「活け造り」にチャレンジできそうです!
渡船あんまり使わないのでいつになるかわからないですが、楽しみです^^




2010年02月19日

九州釣行のために・・・

友人Nと二人で熊野へ!

ちょっと遅れて駐車場につくと、、、

誰もいない漁港で鳥山ぴかぴか(新しい)

鳥が多すぎてよくわからないが、下からも突き上げられているみたい。

早速ルアーを準備するが、キャスト出来る状態になったときには水面下からの突き上げなし。。。


友人Nが弱っているコウイカをタモで掬った後、ルアーのみで磯に向かう。



ここ最近ルアーを投げ続けることがなかったので、体力の低下が不安になっていた。
九州では明るいうちはルアーだけで勝負するつもり。
2泊3日シャクれるだけの体力作るため、超ヘビージグをシャクることに。


磯に入ってからジグを中心に投げる。



1時間・・・




2時間・・・・




ブルースナイパー100Hの軽さのおかげもあり、150gのジグをシャクり続けるのは余裕っぽい。

でも魚っ気のない熊野のドン深磯でモチベーションを維持できず、リタイア(笑)




気さくな地元のルアーマンと釣りの話をした後、磯寝眠い(睡眠)




起きてみても潮が動かず、釣れそうな雰囲気はない。
ヒマなので友人Nのカゴタックルで遊ぶが、手が配合まみれになっただけ・・・。



薄暗くなった頃ヒラスズキを狙いに行くと、K-TENミノーに
バシャっ×A

出てくれたが、針先丸まってたためフッキングせずたらーっ(汗)



友人Nもフカセの置き竿で何度か竿が海に突き刺さったみたいだが、ラインブレイク&針はずれ。


真っ暗になるまでやりましたが、2人ともボーザーでしたふらふら





2010年02月17日

青物はどこ??

友人Nと後輩フルカワと熊野地磯へダッシュ(走り出すさま)

もちろんルアーとフカセを持参。


4日前キビナゴが追われていたサラシを中心にルアーを投げるが、何もなしふらふら

ヒラスズキ狙いでランガンするが、こちらも何もなし眠い(睡眠)



先にフカセをしている友人Nと後輩フルカワによると、グレの方も全くダメ・・・ということだったが、フカセに変更。

風が強い上に上り潮も速く、あまり状況が良くない。横風なので教科書通りのフカセが出来ない。。。
エサが盗られることもほとんどない。

そこで磯際に狙いを定めウキ5Bをセット、横風に負けないように過負荷にガン玉を打って竿2.5本で攻めていく。
このポイントで竿2.5本は仕掛けが流れていても底に仕掛けが当たる。
海苔がビッシリ生えているみたいなので、当たったところでどうってことはないのだけど。
少しでも底近くに仕掛けを入れたいので根気よくやり続ける。


しばらくすると、、、
潮が緩やかになり、ボイルが齧られるようになってきた。

緩やかになったため、竿2本に戻して底ギリギリを狙い続ける。

過負荷にセッティングしているため、ウキは単なる目印。穂先で操作していく。


すると穂先でコツッというアタリがとれるようになってきた。
この日の喰いは渋く、ゴツゴツガツッみたいなアタリはない。

こういうやつはデカイんだろうな〜と思いながら、コツッであわせていくことに。


コツッて感じるのはおそらくボイルを口ばんでいる状況。
針先が口の中に入っていることは少ないのだろう。
でも食い込まないから仕方ないと空アワセを続けていく。



潮が上りから下りに変わった瞬間、コツっ!!


すぐさまアワセを入れると・・・

ようやく竿に重みがぴかぴか(新しい)


磯際でラインブレイクしないように気をつけてファイト!

水面に浮いてきたやつは思ってたよりサイズが良くない・・・。


40位と思ってメジャーを当てると・・・




45センチぴかぴか(新しい)


DVC00203.JPGDVC00206.JPG


サイズ感覚悪すぎるけど、まあ大きくなったからOK!

4日前に見た50センチの魚体がインパクト強すぎたから・・・と言い訳しておこう。


それにしても、ここ最近グレに好かれてますわーい(嬉しい顔)手(チョキ)


フカセで満たされたので、ボウズに耐えれる今こそ青物を。

来週はルアーに専念して釣りしようと思ってます^^

2010年02月14日

尾鷲以南のポテンシャル

モックさんと尾鷲のDさん家に泊めていただき、3人で南伊勢町の地磯に行ってきました!


この日はフカセメインぴかぴか(新しい)

だが、
フカセをしていると止めきれない巨魚、弾丸がヒットするということでルアーも持参。


初めて訪れる磯、磯の風景から水深も結構ありそうで雰囲気バツグンexclamation×2

フカセを始めてみるが・・・
この日は水温が低下したということで、まったくエサが盗られない状況。

渋いというか・・・
生命反応なし。。。



やはり尾鷲以南のように磯際から水深があり潮が動く場所と違って、変化を受けやすいのだろうか・・・。
同じ三重県といえども、尾鷲から南はやはり別格です。



地元の人によると、
ここ数日の水温低下で全くエサが盗られない状況らしいです。

磯の感じも悪いことは全くなく、
水温がもう少し上昇し安定した時には良い釣りができそうだなと感じました。

フカセにヒットする巨魚も気になるので、また行ってみたいですグッド(上向き矢印)

2010年02月13日

2010初フィッシュと記録更新

卒業発表も終わり、ようやく落ち着いて釣りにいけましたぴかぴか(新しい)
この日は磯に立てるだけでいいと思っていた。まさか海の神様が微笑んでくれることになるとは。



とりあえず津に2時集合し、先輩モックさんと熊野へ向かう予定が・・・

僕の朝寝坊で3時半頃出発ダッシュ(走り出すさま)(粗相@)
モックさんに「寝坊された挙句、魚まで釣られそうやな・・・。」と言われながら、熊野に到着。

すっかり明るくなった山道を歩いて磯に向かう。
この日はルアーとフカセを持参。久しぶりの歩き、行きだけで筋肉痛になりそうな感じ。


ルアーを投げて青物を狙ってみるが、一度ベイトが追われているのを見ただけでイマイチ・・・。

10時頃、フカセにチェンジする。
シャクを忘れたのでモックさんから借りて、凍ったボイルを突く。
ボキっと一発(粗相A)
まあこんなことで怒るほど器の小さい方ではないので、気にしない(笑)


とりあえずフカセを開始。

荒れ気味なのでウキ5Bをセレクトし、タナは竿2本で攻めてみる。
良い感じだな〜と思っていると、ズコーンと引っ手繰られ、、、
今年初フィッシュの35センチゲットグッド(上向き矢印)


青物が良かったけど、外道ではない狙った通りの初フィッシュで満足×Aわーい(嬉しい顔)


このあとは潮が上ったり下ったりと強烈に変化し、釣りにならないので磯寝。


2時間の爆睡タイム眠い(睡眠)


3時頃起きて、先輩の様子を伺う。
「イマイチやわ〜。」と完全に心が折られている。

でもここ最近の時合は3時頃らしい。
僕も釣りを再開する。

すると数分後、、、
止まっていた潮がゆっくり沖へと流れ始め、釣れる気配を感じる。
早速エサが盗られてきたので、ボイルMの中でも小さいものを選び、殻を軽く剥いて針にセット!
この時期のこの磯、エサが盗られたら、ほぼグレかサンコウの仕業だろう。
集中してウキを眺める。

潮目に差し掛かったので仕掛けを強めに張りなおす。
少し波のある海。ウキには変化が見られないが不自然にラインがピクピクしている。

疑心暗鬼にアワセを入れると・・・
竿がガチっと止まり、ズギューーーーンと引き込まれる。
2号の糸は根に当たらない限り、口太の力では切れないという先輩の話を信じ、強引に引き寄せる。

綺麗な満月を描いたシデンメガティスでゴリ巻き。

最後足もと右にあった根に突っ込むのも強引に引き出す。
海面に浮きあがった瞬間、もっくさんが巨グレをタモの中に納める。


デカイ・・・。


間違いなく自己記録更新。


メジャーを当ててみると45センチちょっとか?!


先輩に45.5センチありました〜と言うと、悔しい先輩は測り直すという。
ちゃんと測ったので文句つけようもないだろうと自信満々の僕。






すると、、、







「おい!!50センチあるやんけ〜。50.5センチ・・・。」


メジャー読み違えてました(笑)


ちょうど1年前、モックさんが釣った50.3センチを0.2ミリ上回る魚わーい(嬉しい顔)
やってしまった。完全な先輩殺し手(グー)



モック様、
海の神様、
釣られてくれたグレ様、

最高の一日を頂き、
どうもありがとうございましたexclamation×2

またこんな日があるといいですね(笑)

076.JPG

083.JPG



磯の釣り、フカセも青物も底物も共通点多いってことに気付きました。
やはり海中のイメージがとても大事なような気がします。

磯特有の地形と制限された情報量。
どれかを極めようとするより、異なった3つの視点から海を描いていった方がいいんじゃないのか・・・。

青物に拘ろうと思ってましたが、今までのように適当に色んな釣りをするexclamation×2
そんな感じで卒業釣行していこうかな手(チョキ)


*********卒業旅行の予定***************

二月・・・週3,4くらいで紀東南紀を。
三月・・・2週目まで五島、九州、隠岐and etc...お金の続く限り遠征を。
     それ以降は引越し済ませて、明石から出撃?!

こんな感じのハイペース。うざい程に釣りバっカ日記を更新できそうです(笑)

*******************************





タックル
ロッド:シデンメガティス1・5号
リール:トライソ2500LBD
ライン:VARIVAS バーマックス磯 [ストロングタイプ]2号
ハリス:ダイワ D-FRON2.5号
ウキ:三原ウキ5B




帰宅後、研究室に行って重さ測定と魚拓をとってみました!

初魚拓にしては、なかなかいい具合に出来ました!

079.JPG


魚長50.5センチ
目方2.17キロ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。