2009年12月26日

2009年・釣り納め

年末、誰もが忙そうですね。。。

僕も明るい内はバイトで2月の九州遠征のために荒稼ぎ、暗くなってからは今までサボった分の論文。
ってな感じで珍しくバタバタしてます。

空いてるのはこの日だけやのに体感では残りHP 3/100位。
でもレッドブルがあれば紀東地磯なら可能ということで釣り納め釣行出発。


で、、、早速紀北町コンビニでレッドブルを買おうとしたら、財布を忘れてるのに気付き、後輩ラテオから1000円借りる。
1000円はお茶と朝飯、昼飯で使い切るので結局買えず・・・。


翼を授かれなかったので、楽な地磯に変更。
他の人達も年末で忙しいのだろう・・・。人が少なく、僕らが磯1番乗りぴかぴか(新しい)


朝マズメ、対岸では鳥山が出来、足元でもイワシが跳ねているが、、、
規模が小さく、青物も沸かないので、ルアーには反応なし。


開始1時間後、後輩ラテオは幸せそうな顔をしている。
僕も誘惑に負け・・・




二人して




FineSleep眠い(睡眠)




起きたら12時過ぎあせあせ(飛び散る汗)


それからカップラーメンを食べ、コーヒーを飲んで、釣りを再開する。

青物は確実にいるのだが、ルアーには全く反応を示さないし、水面にはまず出てこない。




僕の腕ではどうしようもなく、地磯開拓をすることに。

降りるとこないかな〜と絶壁をうろついていると、真下で超絶ナブラexclamation×2



崖の上からキャストしてみると、アタックされまくり、、


怖くて覗けない足元でヒットあせあせ(飛び散る汗)

ハマチで良かったのに、こんな時に限ってデカイヤツ。。。(引きと重さから推測)

どうしようもないので、グローブにラインを巻いてランディングを試みるが、途中でポップクィーンと共に落下。。。

可哀相なことしてスミマセン。

後から高さを計測すると、ソルティガ4500Hで約20巻き。

20メートル以上もあったのか・・・。




出会った方にこの話をすると、周っていけば崖の下降りれるんやで〜と教えてもらう。

この日は釣りよりも「崖の下のジイソ」の方がそそられるので、ルートの下調べをし、終了としました。


2010年初釣りは崖の下に決定です手(チョキ)


あと財布を忘れて空腹な僕を助けてくれたもっくさん、どもありがとうございました!


皆様、よいお年を



2009年12月13日

ボウズでわかる魚の価値。

尾鷲で車内泊。

3時半に大地震・・・。

かと思いきや、先輩パララさんとカマさんに車揺らされてました。



早く到着したので、流れ星ウォッチングぴかぴか(新しい)

魚が釣れるようにお願いをします。
流星群が見れるとき、いい釣りをしたことがないのですが(笑)



この日、一気に波が落ちており、ペタペタバッド(下向き矢印)
一応、青物・ヒラスズキを狙ってみるが、何もなし。



ここにいても・・・ということで場所移動をする。
次はイカメインの磯へ!!


大先輩達はエギングexclamation×2
僕はカップラーメン(笑)


やる気なしでいると、、、目の前で大ナブラ発生あせあせ(飛び散る汗)

誰もルアータックルを準備してない。。。




準備してると、、、


ゴムボートがやってきて・・・


プレジャーボートがやってきて・・・


ケンケンがやってきて・・・


ナブラ消滅眠い(睡眠)




辺りにはゴムボートしかいなかったのに、超リアルタイムで情報が流れているのだろうか・・・。
多分118コールより迅速な対応(笑)




見渡せる範囲でボコボコやってるが、キャスト範囲になかなか入らない。



一度だけ足元で沸き、先輩カマさんがハマチ1匹。
僕はハマチバラシ。




夕方までエギングしながら、ナブラ待ちするがいいことなく終了。。。



アオリイカ、秋アオリより小さいのが滅茶苦茶すれてましたたらーっ(汗)

釣れる気がしない・・・。

でも三重でアオリ釣れる気しないわ!串本で魚釣れる気がしないわ!

なんて贅沢言ってたら、どこ行っても釣れないですよね(笑)
申し訳。




それと、、、

最近腕に見合わない魚ばっかりに目が行き、ツバスとか釣れてくださる魚達に感謝する心を忘れてました。

ルアー始めたばっかりの頃なんて、エソでも喜んでたのに。


これからは初心に戻って、釣りを楽しもうと思った2日間でした。


2009年12月12日

釣れないのも、楽しさのうち?!

今回は一人で二日間ぷらぷらfishing手(グー)

タックルは青物用やけど、なんちゃってヒラスズキ狙い。

最近ヒラスズキが顔を見せてくれないので、恋しくなってきました。




当日前夜、串本でがっつり釣りしようとタギって準備をする。

気がつけば、準備で果ててしまい、寝てました(笑)


朝マズメを移動にあてるのも、もったいないので尾鷲の手軽な磯に行ってみることに。




湾内磯だが、結構ウネリがあってエサ師皆無。

ヒラスズキを狙ってみると、速攻パシャリどんっ(衝撃)




のらない。。。





もう一度、、、





やっぱりのらない。。。




50センチ位の小型でしたが、簡単には釣らせてくれませんふらふら





サラシ中を通すと、40センチちょっとのツバス。

オシペン115SSで沖を狙うと、またまたツバス。



血だらけにしてしまったので、1匹お持ち帰りで串本に向かう。





到着するが、どこも釣り場満席状態でたらーっ(汗)

昼間はのんびりして、夕マズメにかけるexclamation×2




って時に串本に精通した方々と出会い、「今の串本はヒラスズキ釣れないよ〜(笑)」と。






アホなので、釣れないと聞くとどうしても釣りたくなってしまう。






釣れない時の1本ほど嬉しいものはない。





サラシもいい感じ手(グー)






たくさんいたエサ師も帰り、ポイント一人で独占ぴかぴか(新しい)







そして・・・









FINEBOSEわーい(嬉しい顔)








串本は魚も釣り人もレベル高し。

僕には釣れましぇんるんるん

次の日も串本でやるつもりだったが、ツバスさえも遊んでくれないのと、尾鷲に先輩達が来るということで、合流することに。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。