2009年11月15日

釣り乞食への道 2nd day

串本に到着し、オオクワで半額の弁当を買いまくり、磯へ向かう。


後輩ダーニシは夜釣りはせずに無駄な磯泊まり。

クエ釣りメインの後輩マサルと僕は「海に引きずりこまれたいな〜」と話ながら、ピトンを打つ。


マサルは、サンマ1/2で大型を。
僕は、何でもカモン!!一口サイズで投入ぴかぴか(新しい)




開始早々からケミホタルが激しい動きをしてクロアナゴたらーっ(汗)




ウツボあせあせ(飛び散る汗)




クロアナゴ眠い(睡眠)


ウツボ
クロアナゴ
ウツボ 
クロアナゴ
クロアナゴクロアナゴクロアナゴクロアナゴふらふら




まあクエ狙いなんて99%ウツボって聞いてたし。。。






なんやかんやで、気がつけば4時。
かなり眠いので寝ようとするが、寒さで結局寝付けず・・・。

後輩ダーニシだけ寝袋ですやすや寝ているので、何度奪い取ろうかと考えたことか・・・(笑)



寒さと戦っているうちに薄明るくなってきたので、ルアーを投げて体を温める。




















昼まで投げ続けて、何もなし。

僕の体力が限界になったので、磯寝眠い(睡眠)






爆睡中に唯一9時間睡眠をとった後輩ダーニシの叫び声が聞こえたが、僕の体は反応せず。

後から聞いた話ではメジロの群れが回ってきていたらしい。


モーローとしながら、夕方までジグをシャクリ続けたが、ダツ以外かまってもらえず。。。








串本で風呂入って、飯を食べると、もうフラフラ。。。

この釣行2本目のレッドブルに翼を授かり、変にギラギラ、無意味なテンションupして帰りました。

成分大したコトないのに、なんで効くのかわからないですが、次の日の体力を前借りできる気がします。



僕は串本で飲んだ赤い牛のおかげで、

後輩ダーニシは海山で浴びた赤い光のおかげで、

無事帰ってくることができました手(チョキ)




夜ブッコミ
あのケミホタルが揺れ動いた時のドキドキ感
周りに友人しかいない貸切の磯
神経が研ぎ澄まされた感覚

なんかマイブームになりそうです。
この釣りの楽しさ、夏に気付けば良かったな。。。
今は石鯛竿でやってるので、クエ竿が欲しくなる釣行でした。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。