2009年11月14日

釣り乞食への道 1st day

もう大学の釣りサークルでも最長老になってしまったが、今まで先輩達の意味わからない体力で釣りをする事に驚かされっぱなしだった。

釣りを乞食のように求め続ける人を「釣り乞食」というらしい。

僕は来年から社会人になるわけで、土日に1週間分遊ぶため、釣り乞食になろうと決意!




今回それの第1回目(笑)
後輩マサルとダーニシで決行手(チョキ)

明るいうちは青物をルアーで狙い、暗くなってからはクエやデカイ魚を狙う。
とりあえず体力が続く限り釣りを。




一日目、、、
青物の情報をもらったので行ってみようかと思ったが、、、

学校で実験が終わったのが0時。

ここから準備する時間を考えると、レッドブルを注入してベッテル並みの運転をしたところでムリあせあせ(飛び散る汗)

諦めて、尾鷲の地磯へ!



着いてみると、波4mの天気予報通りな感じ。
とりあえずワンドの奥から攻めてみると、すぐ50センチ位のコッパハマチぴかぴか(新しい)
金欠なんで、晩飯確保→キープ手(グー)




こっからハマチフィーバーexclamation×2

キビナゴがたくさんいて活性は高いぴかぴか(新しい)

晩飯が増えていくことに嬉しくなったが、やはり役不足。

メジロサイズが混じるはずと信じて、リーダーをコマメにチェンジする。





オシアペンシル115SSを早巻きしていると、、、





ガツンと
いままでとは違う重量感グッド(上向き矢印)





やっぱ日頃の行いええわ〜と自画自賛。








あがってきたのはハマチ2本掛けたらーっ(汗)

しかも一本ランディング中に落ちました・・・。

僕の日頃行いはせいぜいハマチ位です(笑)





そして薄暗くなる前に撤収。
DVC00079.jpg




次の日、串本で用事(2週間前、後輩ダーニシが事故して修理していた車の回収)があったので、夜中は串本でクエでもタマミでも、なんでも巨大魚狙い。


1匹78円のサンマとウタセエビを購入し、尾鷲を出発する。















×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。