2009年11月27日

気がつけば・・・

深夜、、、


買ったばっかりのグローブでFGを組んでみた。


買ったばかりの磯シューズの靴紐を結んでみた。


釣り行くことを想像してニヤけていると、お腹が減ったのでマクドへ向かうダッシュ(走り出すさま)


なぜか大学前のマクドをスルーして、家に戻る。


クーポンを見ようと思ったとき、携帯を忘れたのに気がついたから。


携帯のついでに、いらんもん(ミュートスとソルティガ)まで乗車。。。


気がつけば尾鷲のマクドへexclamation×2




あんまり釣りに行く気はなかったのだけど、ここまできたら折角なので釣り場に向かう。


毎日来ているおじちゃんと一緒に山道を歩き、


ちょっとルアーを投げてみて、


朝日が眩しくなった頃、手ぶらで撤収。




高速が尾鷲まで延びた時、、、
こんなことを毎日のようにする後輩がでてきて、
そいつは留年するんじゃないか・・・。

と心配になった一日でした。




2009年11月25日

釣果=日頃の行い?!

前日大規模なナブラがあり、3人で7本のメジロが釣れたとのこと。

先輩おぱたさんが酔っ払いの僕を連れて行ってくれるということで、一緒に尾鷲地磯へ!




真っ暗な時間から、キャストを開始すると、、、

おぱたさんが72センチのメジロをキャッチるんるん


フィーバー突入か?!と思ったが、続かない。。。


明るくなる前にコッパハマチがぽろぽろ程度。


薄明るくなってきた頃、足元でドカッとオシアペンシル150Fに出るが、80センチ位のデカヒラスズキexclamation×2
→ジャンプ→バラシ。。。



ヘッドライトなしで辺りを見渡せるようになった頃、沖で鳥山ぴかぴか(新しい)

だんだん近づいてきていたのだが、鳥山にプレジャーボートが横切り、遥か沖へ・・・バッド(下向き矢印)



このまま朝マズメに青物が入ってくることなく、撤収。


やっぱり出発15分前まで飲んで、先輩の車で爆睡したら釣れるわけもないか・・・あせあせ(飛び散る汗)
おぱたさん、本当に申し訳ないです。。。
でもちょいサゲ期待してます(笑)

2009年11月23日

大漁御礼

友人Nと車内泊し、次の日も同じ磯へ行ってみることに!!



この日は朝だけやって帰る予定。
短時間勝負手(グー)真っ暗なうちからキャスト開始!!


K-TEN blue ocean140mmでスローリトリーブすると、1投目からハマチるんるん

フックを外していると、友人Nの竿が曲がる。
ハマチサイズではない模様。


K−TENのフックが丸くなっていたので、ポップクィーンにチェンジし、ちょい投げ。

着水と同時にドふっっドふっっっドドドドーンどんっ(衝撃)

僕にもヒットるんるん


友人Nと僕が真っ暗な中でファイトをしていると、後輩ダーニシとタケがやって来た。














ここまでは覚えてるのだが、、、、










4人の竿は曲がり続けること、10分間。








あまりの釣れっぷりに記憶喪失。










気がつけば磯には8本のメジロが転がっとるぴかぴか(新しい)

僕、3本
友人N、2本
後輩ダーニシ、2本
後輩タケ、1本


すべて80センチ前後手(チョキ)

2009-11-26T12 44 041.jpegPB230196.JPG





ヒットルアーは
ポップクィーン130
オシアペンシル150F
オシアペンシル115SS

フックさえついていれば、何でも良かったけど。


水産資源の研究では、今年の三重県はメジロ多いらしいですね。
これからが楽しみです。





2009年11月22日

目覚ましコール

前日の釣行から帰ってきたのは4時半。

この日は昼までぐっすり寝て、昼過ぎから用事をしなければ・・・



って日の正午、借金取りみたいなドアノックパンチ
友人Nみたいだ。。。

僕「いません〜眠い(睡眠)

友人N「とりあえず開けて〜」

僕「うるせぇ〜眠い(睡眠)

友人N「メジロ爆発してるよ〜」



いきなり目が覚め、詳しく聞く。
後輩ほーきが尾鷲でメジロ三本仕留めたとのこと。
しかも竿が折れて、ガイド四つになった状態で(笑)

1時に出て高速を使えば、夕マズメ30分はキャスト可能ぴかぴか(新しい)

高速をブルブルしながら南下し、予想より早く4時到着。

雨の中、過去最速のスピードで山道を歩き、キャストを開始をする!



真っ赤に染まったタイドプールを横目にキャストをするが、何もなし。。。。

テンションの落差が激しく、二人ぐったりして撤収しましたバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)



海の神様はドSです。

2009年11月21日

海山の権兵衛さん艇で

今回、いつもよくして頂いている海山の権兵衛さんの船でアジやカワハギ狙い。

昼出船で先輩おぱたさんと友人Nとでお世話になる。




船釣りは苦手なので、酔い止めを飲んで、出船exclamation×2


まずはカワハギ狙い。
カワハギを対象魚にしたのは初めての経験で思ったより奥深い。流石、エサトリ名人を名乗るだけあるあせあせ(飛び散る汗)

手こずりながらも、アサリの剥き身やオキアミで良型のカワハギをゲットぴかぴか(新しい)



薄く暗くなってからは、アジ狙いの胴付き仕掛けで。
魚探の反応は過去最大クラスらしいがなかなか喰わない。。。

2年程前に乗せていただいた時は30up〜40までがバコバコだったのだが、今回は25センチアベレージ。
これだけ反応があれば時合は来るはずと0時まで粘りましたが、ラッシュに巡り合えず終了。

でも、、、

カワハギ20匹、アジは100匹超釣れ、先輩おぱたさんに関しては50upのマダイexclamation×2

イマイチということでしたが、いつも磯でボウズを食らっている僕にとっては十分満足な一日でしたぴかぴか(新しい)

権兵衛さん、どうもありがとうございましたるんるん


帰ってから、アジの干物に挑戦手(グー)
2009-11-24T16 08 211.jpg

食べるのが楽しみです!!!



権兵衛さん、次の日仕事なのにたっぷり遊ばせていただいてありがとうございましたexclamation×2


2009年11月20日

釣り乞食の師匠と共に

関東から先輩が帰ってこられるということで、学校おさぼりfishingるんるん

尾鷲に向かっていると、車中で串本の巨魚の話になり、急遽串本に変更!

ちょっと漁港でエギングした後、磯へ向かう!


夜明けと共にキャスト開始。


薄明るくなった頃、、、
足元でボイルどんっ(衝撃)

追ってるベイトが小さくて、ルアーを見切る。

魚も良型ツバス程度。


オシアペンシル115をサラシで隠してみると、ツバスダブルでヒットexclamation×2

先輩もルアーサイズを落として試してみるが、ダメ。。。
やはりサラシの中限定でヒットexclamation×2



昼までジグをしゃくったりしてみたものの、反応がないので北上することに。

夕マズメに熊野の地磯に入るが、何にもなく終了。



僕は完全に車で爆睡モード。
先輩は寒い中、エギングされてましたが、ノーバイト。


今年はアオリイカ不調なのでしょうか?!

Sさん、今回も釣果はマズかったですが、また一緒にお願いします手(チョキ)
次こそはイイ魚釣りたいですね!

また来月の遠征釣行の話、楽しみにしておきまするんるん


2009年11月15日

釣り乞食への道 2nd day

串本に到着し、オオクワで半額の弁当を買いまくり、磯へ向かう。


後輩ダーニシは夜釣りはせずに無駄な磯泊まり。

クエ釣りメインの後輩マサルと僕は「海に引きずりこまれたいな〜」と話ながら、ピトンを打つ。


マサルは、サンマ1/2で大型を。
僕は、何でもカモン!!一口サイズで投入ぴかぴか(新しい)




開始早々からケミホタルが激しい動きをしてクロアナゴたらーっ(汗)




ウツボあせあせ(飛び散る汗)




クロアナゴ眠い(睡眠)


ウツボ
クロアナゴ
ウツボ 
クロアナゴ
クロアナゴクロアナゴクロアナゴクロアナゴふらふら




まあクエ狙いなんて99%ウツボって聞いてたし。。。






なんやかんやで、気がつけば4時。
かなり眠いので寝ようとするが、寒さで結局寝付けず・・・。

後輩ダーニシだけ寝袋ですやすや寝ているので、何度奪い取ろうかと考えたことか・・・(笑)



寒さと戦っているうちに薄明るくなってきたので、ルアーを投げて体を温める。




















昼まで投げ続けて、何もなし。

僕の体力が限界になったので、磯寝眠い(睡眠)






爆睡中に唯一9時間睡眠をとった後輩ダーニシの叫び声が聞こえたが、僕の体は反応せず。

後から聞いた話ではメジロの群れが回ってきていたらしい。


モーローとしながら、夕方までジグをシャクリ続けたが、ダツ以外かまってもらえず。。。








串本で風呂入って、飯を食べると、もうフラフラ。。。

この釣行2本目のレッドブルに翼を授かり、変にギラギラ、無意味なテンションupして帰りました。

成分大したコトないのに、なんで効くのかわからないですが、次の日の体力を前借りできる気がします。



僕は串本で飲んだ赤い牛のおかげで、

後輩ダーニシは海山で浴びた赤い光のおかげで、

無事帰ってくることができました手(チョキ)




夜ブッコミ
あのケミホタルが揺れ動いた時のドキドキ感
周りに友人しかいない貸切の磯
神経が研ぎ澄まされた感覚

なんかマイブームになりそうです。
この釣りの楽しさ、夏に気付けば良かったな。。。
今は石鯛竿でやってるので、クエ竿が欲しくなる釣行でした。


2009年11月14日

釣り乞食への道 1st day

もう大学の釣りサークルでも最長老になってしまったが、今まで先輩達の意味わからない体力で釣りをする事に驚かされっぱなしだった。

釣りを乞食のように求め続ける人を「釣り乞食」というらしい。

僕は来年から社会人になるわけで、土日に1週間分遊ぶため、釣り乞食になろうと決意!




今回それの第1回目(笑)
後輩マサルとダーニシで決行手(チョキ)

明るいうちは青物をルアーで狙い、暗くなってからはクエやデカイ魚を狙う。
とりあえず体力が続く限り釣りを。




一日目、、、
青物の情報をもらったので行ってみようかと思ったが、、、

学校で実験が終わったのが0時。

ここから準備する時間を考えると、レッドブルを注入してベッテル並みの運転をしたところでムリあせあせ(飛び散る汗)

諦めて、尾鷲の地磯へ!



着いてみると、波4mの天気予報通りな感じ。
とりあえずワンドの奥から攻めてみると、すぐ50センチ位のコッパハマチぴかぴか(新しい)
金欠なんで、晩飯確保→キープ手(グー)




こっからハマチフィーバーexclamation×2

キビナゴがたくさんいて活性は高いぴかぴか(新しい)

晩飯が増えていくことに嬉しくなったが、やはり役不足。

メジロサイズが混じるはずと信じて、リーダーをコマメにチェンジする。





オシアペンシル115SSを早巻きしていると、、、





ガツンと
いままでとは違う重量感グッド(上向き矢印)





やっぱ日頃の行いええわ〜と自画自賛。








あがってきたのはハマチ2本掛けたらーっ(汗)

しかも一本ランディング中に落ちました・・・。

僕の日頃行いはせいぜいハマチ位です(笑)





そして薄暗くなる前に撤収。
DVC00079.jpg




次の日、串本で用事(2週間前、後輩ダーニシが事故して修理していた車の回収)があったので、夜中は串本でクエでもタマミでも、なんでも巨大魚狙い。


1匹78円のサンマとウタセエビを購入し、尾鷲を出発する。















2009年11月06日

磯にこだわって

カセでヒラメ狙いのアジにメジロが喰ってくるという話を聞き、おぱたさんと串本へ!

カセ付近にいるなら漁港で狙った方がいいかもと思ったが、磯にこだわって近くの地磯へ!!


朝にツバスの時合があったが、パッとしないので今シーズン初フカセに変更。

30センチ位の口太が最大で、数もいまいち、微妙な感じでフカセを終了。


夕マズメ、ジグをシャクるため、水深のある磯に移動。
帰る準備をしていたルアーマンによると、一日やってダツとアオチビキだけだったそうな。。。


僕らも真っ暗になるまでやってみたが、ダツだけ。


帰り道、漁港とタイドプールでクマノミを採集していた後輩から、、、
足元でメジロサイズがベイト追っかけてましたよ〜!との電話。。。

早く教えてくれたら良かったのに(笑)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。