2009年10月18日

釣れないヒラスズキ

後輩シャアとHを拉致って尾鷲地磯へ


去年の今頃に青物の気配がぷんぷんしていた磯に行きたかったが、ヒラ狂いの後輩と一緒のため長い距離を歩く。


朝マズメ、ダツがウロウロしている。

五島(ダツ=ベイト=イルカのような青物)を思い出して、オシアペンシル185などを中心に投げてみる。
でもここは紀東で。



最低限のサラシはあったので、ヒラスズキ狙いに変更しランガンしてみる事に!

数投目でヒットするが足元バラシ。。。

その後K-TENでは反応が良くないので、タイドミノーLDにチェンジしてサラシを漂わせると後ろからフワフワっと浮いてきて触るのが2回程。




昼間はジグをしゃくってみるが、潮も軽くて何もなし。
魚が居ないのか、腕が悪いのか・・・。




夕マズメにはタイドミノーを中心にヒラスズキを狙ってみるが、朝と同様にアタックせず良くて触る程度。
サイズも50〜60センチと小ぶりな事もあり、ミュートス110Hと太軸フックと僕の腕では釣れる魚じゃない。

今までヒラスズキはお土産のためと割り切って青物タックルで狙っていましたが、口使いの渋いヒラスズキを見ると専用タックルが欲しくなります。



キビナゴが少ないながらも磯際に付いていて、ヒラスズキも数はそれなりに。

もっと荒れてくれたら爆釣できそうな感じでした。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。