2009年10月28日

五目釣り?!

無性にジグをシャクリたくなり、3時に一人熊野へ向かう。


薄明るくなった日の出頃、到着。
先端まで我慢できず、途中で磯に降りる。

買ったばかりのアダージョヘビー125mm(DUEL)で探ってみると、ツバスラッシュダッシュ(走り出すさま)

ついでにダツとシオも一匹ずつ。


いくらツバスを釣ってもメジロサイズの気配がないので、ジグに変更。



すると、、、


ガツングッド(上向き矢印)と強烈にもっていかれた後、足元目掛けて突っ込んでくるexclamation×2



速いぴかぴか(新しい)







と思ったら、スマ?!の背掛け・・・。
126.jpg


背中から大量出血andボロボロにしてしまったので、その場で刺身にしてカニに囲まれながら食べました。




お腹も膨れ、さらに気合入れてシャクってみると、ペンペンシイラたらーっ(汗)
あまり嬉しくない五目達成るんるん

127.jpg


しかも入れ食い・・・。

吐き出したベイトとジャコフック3/0がマッチ・ザ・ベイトしてます。
130.jpg



ジグで掛けたやつに40~60位のが大群でついてきたので、アダージョーで無邪気なペンペン達を虐めて10時頃納竿としました。




Tシャツ一枚でも汗が滲む、なんか夏みたいな日でした。
131.jpg

2009年10月18日

釣れないヒラスズキ

後輩シャアとHを拉致って尾鷲地磯へ


去年の今頃に青物の気配がぷんぷんしていた磯に行きたかったが、ヒラ狂いの後輩と一緒のため長い距離を歩く。


朝マズメ、ダツがウロウロしている。

五島(ダツ=ベイト=イルカのような青物)を思い出して、オシアペンシル185などを中心に投げてみる。
でもここは紀東で。



最低限のサラシはあったので、ヒラスズキ狙いに変更しランガンしてみる事に!

数投目でヒットするが足元バラシ。。。

その後K-TENでは反応が良くないので、タイドミノーLDにチェンジしてサラシを漂わせると後ろからフワフワっと浮いてきて触るのが2回程。




昼間はジグをしゃくってみるが、潮も軽くて何もなし。
魚が居ないのか、腕が悪いのか・・・。




夕マズメにはタイドミノーを中心にヒラスズキを狙ってみるが、朝と同様にアタックせず良くて触る程度。
サイズも50〜60センチと小ぶりな事もあり、ミュートス110Hと太軸フックと僕の腕では釣れる魚じゃない。

今までヒラスズキはお土産のためと割り切って青物タックルで狙っていましたが、口使いの渋いヒラスズキを見ると専用タックルが欲しくなります。



キビナゴが少ないながらも磯際に付いていて、ヒラスズキも数はそれなりに。

もっと荒れてくれたら爆釣できそうな感じでした。

2009年10月11日

熊野地磯で無駄な磯泊まり(笑)

友人N、一年生のルーキーKと一緒に昼から熊野地磯へ!


僕はルアーと底物。
二人はルアーとフカセで。


ジグをシャクルとシオやツバスのチェイスとか触ってくる感触はあるが、ヒットせず。


底物もルアーと一緒に出来る場所でやったので、アタリ皆無。


って感じで一日目は終わり。
電気ウキでフカセをしている二人と対称的に僕はちょっとだけミノーを投げた後、寝る。




二日目、、、朝マズメからジグ。
今までゆっくりしたアクション中心でやってきたのだが、五島では激しい方が良かったりとわからなくなってきたので、自分なりに試行錯誤。



そんななかヒットしたのは、、、




僕が動かす撃投125gに魅力を感じたわけでもなく





ジャコフックをサビキと間違えちゃったイトヒキアジだけ。




image/2009-10-14T15:55:351



いつものように釣れないのでもっと迷宮入りしました(笑)



そんな時、三人の気さくなルアーマンの方と出会い、色々聞いてみる機会がありました。
知識、経験、考えていること全てが桁違いで消化するのがやっとでしたが、とても参考になりました。

どうもありがとうございます(^_^)




釣りより話した時間の方が長い釣行でしたが、楽しい一日でした!

2009年10月04日

思い出を求めて長崎へ 生月鯨島

出船15分過ぎて土肥釣センターに到着!

スタンバイしている三人の釣り客に謝って、急いで準備をしていると、暑いからゆっくり行こう!と声をかけ、一安心。

五島行きに味わった釣り人の殺気?!みたいオーラがなく、とても落ち着きます。




五島で可哀相な事をしてしまった後輩シャアのためにヒラスズキ狙いで!!とお願いして船に乗り込む。

生月。
後輩シャアが言うにはヒラスズキでは有名で雑誌とかにも度々登場し、いつかは行ってみたい磯だったらしい。





青物はどうですか?!と聞くと、、

最近調子悪くて、ヒラゴだけと。

釣れてないんか〜と撃沈しながら、一応サイズを聞いてみる。


手を大きく広げるポーターさん。



70もヒラゴ。
やっぱここも規格外でした(笑)




貸し切りで上げてもらったのは生月先端の真横にある離れ。
P1000657.jpg


DVC00014.jpg

奥の低い場所がヒラスズキのメインポイントらしい。





後輩シャアは嬉しそうにランガンしていき、僕も準備をしてジグを投げてみる。


浅い。。。


ジグが10秒もしないうちに着底してしまう。。。


ヒラスズキでお願いしたから仕方ないと割り切って、



エギング!


釣れる釣れる。
昼間っから、イワシを追っかけ回してます。

もうコロッケサイズが入れ食いでした!



でもここは五島ではないが九州!
楽しいエギングの邪念を振り切ってルアーに復帰。



僕もヒラスズキを狙ってランガンしてみる。

一級ポイント、普段は海の中。

ベタ凪だから出来るけど、逃げる場所がないというのは結構怖い。




いつものようにKーTENミノーを投げてみるが、何もなし。



一方、後輩シャアは・・・

P1000651.jpg

こんな感じ。
しかも良型チヌも釣っている。

全部imaのルアーで釣ったらしい。
後輩の手前、ルアーのせいにしておきました(笑)







ヒラスズキは相手してくれないので、青物を狙ってみる。
オシアペンシル150Fをキャストしてみると、ボスッっと数回出るがノラナイ。。

オシアペンシル115SSに変更してやると、ヒラゴさん!

P1000648.jpg


このサイズで油断してたら、足元で突っ込まれて一瞬焦りました(笑)




でもこのあとパッタリと魚っ気がなくなって、真っ暗に。


ヒラスズキは夜狙え!と言われていたけど、僕は飯を食べて爆睡。
友人Jと後輩シャアはランガンしに行くが、夜の釣りはよくわからなかったそうだ。



1時頃、ぽつりぽつりと雨が降り出してきたが、お構いなく爆睡。


3時頃、気がつけば寝袋水浸しで辺りはタイドプールたらーっ(汗)


寝れるわけもなく、大雨洪水警報、雷注意報の中カップラーメンを食べて朝を待つ。



明るくなってきた頃には雨も雷も収まり、釣り開始!

昨日と同じ感じでトップを投げていると、たまに出てくる。
ヒラスズキを狙いに行っている二人には黙ってキャストを続けてみる。


ミノーで45センチのチヌを釣った友人Jが魚をクーラーに入れるため戻ってきたので、ヤバイと思っていると、、、

案の定、僕が何回もかけれなかったヒラゴをすぐにゲット眠い(睡眠)




僕は結局ヒットまでさせることが出来ず、撤収時間の9時を向かえて僕らの長崎釣行は終わりました。

P1000658.jpg

出発時には美しい漁港がコーヒー色。


帰り道、また降り出して濁流。
P1000662.jpg


こんなドシャ降りの中、3日ぶりの風呂に入り、釣具店巡りと佐世保バーガーを食べて帰りました。

今回ノープランで適当に来てみましたが、とても楽しい思い出になりました。

また近いうちに行ってみたいです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。