2009年09月27日

思い出を求めて長崎へ 上五島ママコ瀬 2nd

翌朝4時に起きる。
シートをひいただけで寝ていたため、顔が塩でベチャベチャだが、体力は全回復!

朝食を食べ、コーヒーを飲み、リーダーを組み直す。

IMG_1142.jpg





それでも夜明けまで時間を持て余し、釣りを開始。

オシアペンシル180F&150F、ボラドール170F、ベビーランブォーといった一発屋達でローテーションしていくが、何も起こらず。


日の出と同時にジグに変更。
潮は流れていない。。



朝マズメが過ぎていき焦りだした時、シーウィングが寄ってきて、月曜日は客おらんから、10時に撤収で!と。
僕らが考えてたより24時間の短縮。


前々から伝えられていたので覚悟していたが、お客さん集めてみるから行ってきて!と女将さんの一言にすっかり安心しきっていた。


とりあえず電話して!とも言われていたので、少し希望を持って事務所に電話!

やはりダメだったそうだ。
何とか明日釣りできるようにしておくから、申し訳けど帰ってきてと。


明日は月曜日、しかも大雨だし、客が集まるはずもない。


五島に居られるのは残り5時間、後輩シャアには申し訳なかったが、ここで心中させてと頼む。
あとはシャクリ続けるだけ!




刻々と時間は過ぎ、水を飲む時間も惜しみシャクリ続ける。





休憩から戻ってきた友人Jがすぐにヒレナガカンパチ50センチ程をヒットさせ、またまた器のコマいのを実感(笑)

これで激しくシャクリ始めた僕には根ガカリ。。。









だが中層まで上げてきているし、ここに根はなかったはずexclamation&question

即座にアワセを入れてみる。


やっぱ魚やexclamation×2



重いだけで引かない。
ヒラマサじゃない?!


重量感はあるが、俊敏さは全くない。。





潜水している?!と感じはじめた時、すでに遅し。


根に近づいたヤツはかつて味わったことがない程、暴力的。


凄い!速い!強い!


今まで僕が知っていたミュートス110Hの限界で止めにかかる。
ミュートスは磯竿のように曲がり、突っ込む魚を止めれると考えていたが、完全にドラグを出される一方。

後輩シャアは根魚じゃないですか?!と叫ぶ。
横から見ていると行きのクルマで10時間も見てきた撃投DVDの根魚と同じような引きをしていたみたいだ。

僕は人生最大のファイトで考える余裕はなかった。。。



そんな時、根に当たる感触が伝わって来る。

ガリガリしているので、心持ちテンションを緩めて、ソルティガでゴリ巻き。


ちょっと根から離れた。



僕はこの釣りをしてから、ラインブレイクしたのは串本の一度だけだが、最大級の敗北感を味わされる。
竿をへし折られるか、海に引きずり込まれた方がマシ。

そう開き直って、
ドラグフルロック。それでも出てしまうのでスプールを押さえ込んで、糸は絶対に出さない!


ミュートスは有り得ない曲がりをしてグリップから海面向かって突き刺さり、
ソルティガは巻くことを忘れドラグを出すことしか考えてないし、
僕の腕は痙攣している。







そのまま本気で竿を折るつもりでファイトしてみると、流石に魚も弱ってきたようだ。


やっと優位に立てた僕は全力で巻き、後は足元の根だけ。

10分以上ファイトしていたため、すでに魚はグタッており、姿を現す。




赤い?!

なんじゃこりゃ〜。



フックは伸びきった皮一枚にかろうじてついてるだけ。
友人Jがデビルズクローで一発!ナイスなギャフ入れ成功!




安心して息を切らしていると、魚はデビルズクローを付けて泳いでいる。


???


友人Jのタモの柄折れたという声がする。。。


足元から根が張り出していたので、海にバシャバシャと入り、ハンドランディング!
牙がグローブを貫通して血だらけになってしまったが、そんな事どうでもいい。




僕の人生の中で最強のファイトをしてくれたのはこんなヤツ!












P1000638.jpg


40を過ぎたら、クエ釣りを始め、冥土の土産に釣りたかったツルクエ。(正式名称・スジアラ)

20年後〜の僕にハードル上げることができました!


80lbのリーダーは半分以上エグれていて、かろうじて捕れたという感じ。
中層でヒットしたからいいものの、ツルクエのホームゲームからだったら?!と考えると、絶対に捕れなかったと思う。


ミュートス110H、粘りがすごく、感じていたよりずっといい竿だったが、もうちょっとリフト力があればと感じた。

ソルティガZ4500H 、巻き取れないし、フルロックが弱い。

1番の問題点が軟弱な僕の腕。


次はミュートス100HHHとソルティガZ6000と僕の腕を二倍程に太くして、あの跳ねていた20キロ越えヒラマサを上げてみたい!!
そう思いながらシーウィングに乗り込んだ。

DVC00019.jpg






楽しかった五島の疲れがドッと出て船の中で爆睡。

気がつけば、12:10。漁港に到着!
いや〜風呂入りたいし、だるま食堂にも行きたい。



とりあえず写真をとってもらって、事務所へ!!

女将「行きたいって言っていた生月島の瀬渡しに話をしておきましたよ。どうしますか?!」

僕(同業者なのにありがたい。。。何とか明日も釣りができるな〜。)

僕「ありがとうございます。お願いします!」

女将「じゃあ急がないとね。」

僕「???。  何時出船ですか?!」

女将「13時だけみたいですよ!」


このときすでに12:45。
ヤバイ・・・。



とりあえずツルクエをあじかの冷蔵庫に保管してもらい、女将さんから昼ご飯にと袋いっぱいの薩摩揚げや蒲鉾、バナナ、ミカンを頂いて、生月島へ向かうダッシュ(走り出すさま)





        [五島最低ラインのタックル]
  • ロッド :ミュートス110H
  • リール :ソルティガZ4500H
  • PE :ジグマンX4・3号
  • ルアー:撃投ジグ105g・グリーンG
  • フック :シャウトパワージャコ・5/0

2009年09月26日

思い出を求めて長崎へ 上五島ママコ瀬1st

正午、待ちに待った出船。

友人Jと後輩シャアはそわそわしている。
DVC00043.jpg

船に弱い僕は薬局で一番高価で効果のありそうな薬を飲み、爆睡眠い(睡眠)




一時間半後、、
船がスピードダウンし、「三重の3人組〜!!」とアナウンスされる。

客が少なくポーターさんが乗船していないため、他の釣り人も荷物を磯に渡してくれる。




僕らが渡った磯はこんなとこぴかぴか(新しい)


P1000633.jpg
DVC00031.jpg
DVC00033.jpg
DVC00028.jpg


ルアー客は僕らしかいないので、そんなに悪い場所ではないのだろう。
風裏となり、正面はほぼ無風。ジグはシャクりやすそうだ。

気合の入る僕と友人J、対照的に落ち込む後輩シャア(笑)
ベタベタでサラシも小さいのが数個。
ヒラスズキの聖地、夢見ていたイメージとはかけ離れている。




さっそくタックルを取り出し、釣り開始!!

まずは撃投ジグ125gで探ってみる。

潮目が近くにあり、雰囲気はムンムンしている。



勉強してきた平戸ジャークを意識して、大きくスライドするようにアクションさせる。

すると、、、
いきなり竿先が海面に一直線ぴかぴか(新しい)



即座にアワセを入れて、ゴリ巻く。

重量感は感じられないが、速いexclamation×2



すぐに浮かせることが出来たのは、明らかにヒラマサるんるん

でもヒラゴ・・・。


小さい・・・。


コマイ・・・?!
いつもなら満足しそうな70センチ程の初ショアマサだ!!!



こっちに来てから「ヒラゴ、小さい、コマイ」と聞かされ続けたのに加え、開始30分だったので次もすぐ来るだろうと考え、適当にツバスのようにランディングを試みる。


これが後々後悔するはめになるとは・・・。


足元で痛恨のフックオフたらーっ(汗)
この1匹の貴重さに気付くまで、正直何とも思っていなかった・・・。





これを機会に潮目もなくなり、完全にベタベタ。。。
何も起こらない。



夕マズメまで底物にチェンジ!!
アタリは頻繁にあり、ほとんどが石モノのようだ。

しかし、、、いつものように竿先に集中できない。
考えるのはヒラマサの事ばかり・・・。



友人Jと後輩シャアがシオやダツをヒットさせ始めた頃、ガンガゼは捨てて帰ることを決意してルアーに集中する。


僕がミュートスを振り始めた頃、ダツの姿が消え・・・・・

決して届かない沖でイルカと見間違えるような白い物体。
話に聞いた20キロを越えてそうなヒラマサがジャンプしていた。


持っている中で一番デカイルアー、オシアペンシル180Fを投げ続けるが、反応もなく、辺りは真っ暗へ。



僕以外は小さいといえども40upのシオをクーラーに入れている。
狙いのサイズでないけれど、器の小さい僕はちょっと悔しさを感じる。


ヒラスズキのいない島に心の折られたシャアは爆睡。
友人Jは保険で持って来ているフカセをしている。
エサトリばっかりで苦労しているようだ。


僕は五島まで来たのだから一発デカイの狙い!!
小さくてもいいからクエとか釣れないかな〜と
エサトリを貰って石鯛タックルでぶっこんでみる。



アタリはあるのだが、ウツボっぽい。



繰り返していると、竿が舞い込むexclamation×2



結構いい引き!!



あがってきたのは、良型のアカハタ40センチupぴかぴか(新しい)
IMG_1141.jpg


もしかしたら・・・
あのヒラマサが最初で最後のチャンスだったのかも・・・。
自分のアホさに悔しくて寝る事ができなかったが、この魚のおかげで少し落ち着く事ができた。


もし次があれば、こっちでは小さいなと言われても本気で釣り上げる!!!


そう誓って、2日目思いっきりシャクるため就寝。


この日の出来事がドラマの前兆だったとは・・・。

2009年09月25日

思い出を求めて長崎へ  準備〜出船

大学生活六回目の夏休み、ラストサマーに相応しい魚を釣っておきたいと考えていたが、簡単には釣れない。


先輩達の小笠原の話を聞き、どこかに行ってみたいと思っていた頃、、、
撃投DVDを見てタギッた僕、友人J、後輩シャアで遠征を決意!



少ない予算のため隠岐or五島or佐多岬で考えてみる。


ヒラスズキしか興味がない後輩シャアは聖地と崇めているし、青物も文句なしなので五島に行くことに。



「全財産−釣行費=釣り具購入費<プライスレスぴかぴか(新しい)

安物ライジャケはチャックが壊れ、ペンチはリーダーが切れなくなっている。
ジグはボロボロで軽め中心、プラグも小さいだろうし、リーダーも細すぎ。

ルアーや小物は全て新品へ!
気になる点は全て新調し、この遠征に備える。

本当はミュートス110Hより強い竿も欲しかったけど、予算回らず断念。
トラブル時の予備竿として先輩からプレミアを借りていく事に。




そして出発前夜。

P1000629.jpg


学校から慌ただしく帰ってきて友人Jの車に荷物を積み込み、ラーメン屋で生ニンニクを大量摂取してから10時に津を出発!!



クルマは終始釣りの話で盛り上がり、気がつけば長崎県入り!
IMG_1134.jpg



ガーリックパワーを借りた三人で運転すれば、一人300キロ。案外近い!!

トイレ休憩と関門海峡観光しただけで来たため、出船まで何時間もある。



明るくなりはじめた頃、釣り具店に入ってみる。
流石、ショア青物が盛んな地域だけあり、見たことのないタックルがたくさんある。

店員さんに話を聞いてみると、、、

五島では青物好調で、イワシ、トビウオ、ダツ、ペンペンがベイトになっているとの事。

ダツやペンペンがベイトって想像できない世界です。

僕らのタックルで大丈夫かと聞いてみると
こっちでは最低ラインだが、何とか・・・大丈夫らしい。。


話が進んでいき、先日磯からペンペンを泳がせて20キロのヒラマサを上げた人の話を聞くと全て納得。
僕らが狙いにきた80センチ位のサイズ、、、
地元の人は眼中にない感じ(笑)

ショアマサを狙う地元人はGTタックルみたいなのを使い、10キロ〜をターゲットにしているみたいだ。





カルチャーショックの宝庫である釣り具店を一時間以上楽しんだ後、あじかに到着!


DVC00054.jpgDVC00051.jpg




仮眠所で寝るつもりが、昨日いい人7本、悪い人小さいの(70位)2本ってのを聞き、そわそわしていると出船の時間が近づいて結局寝付けず。


船頭にヒラマサを狙いたいと伝えると、昨日よかった場所は風が強いから釣りづらいと告げられる。
この日は風速八メートルなので、展開は想像できる。

タックルを聞かれ伝えると
船頭「こまいな(笑)潮も早いから底とれないよ〜。」

僕「ジグ何グラム位っすか?!」

船頭「昨日釣った人は200でも底とれへんから280使ってたみたいや!」

僕「ヒラゴで構わないんで、場所はお任せします(笑)」

280g・・・。ミュートスだったら100HHHいるやん。。。




DVC00045.jpg



そんな展開で客を八人乗せたシーウイングは五島へ向かう。

2009年09月10日

Haze


サークル合宿で紀伊長島ボート。機種変更して3日の防水携帯、海底まで水圧テスト。

一人こっそり熊野へ向かう。海山コンビニで財布を忘れたのに気付き、何もせず撤収。

友人Nと熊野地磯へ行く。ババ荒れで7時間磯で爆睡←早く帰ればいいのに。。。




で久しぶりのマトモな釣りが白子漁港でのハゼ釣りるんるん

夕方5時過ぎからお暇な大学生8人でワイワイしながらやって50匹程。

ドタキャンしようか悩んでましたが、案外楽しかったですわーい(嬉しい顔)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。