2009年06月27日

サークルメンバーと串本釣行 一日目

ミュートスが手元から離れてしまい、憂鬱な週末でも過ごそうと思っていると、、、
サークルメンバーが串本に行くという。

部長から「ほんとに行かないんですか?!」
この言葉に餌取り並みのアホさで釣られてしまう。。。



とは言っても竿がない。

この機会にプレミア96HHを購入しようかと思ったが、ミュートスの治療費を考えると、キツい。。。

悩んだ末、親切なおぱた先輩からプレミア100Hを借りて串本へ!!



三重大学に10時にシュウゴーし、潮岬の渡船屋へ向かう。
黒潮接岸しているためか予想以上に人が多い。

いつものように最後までクルージングを楽しみ、残り物の中で船頭に磯を選んでもらう。



降りた磯は一級磯、一級ポイントの反対側。
でも残り物の割りにはgood!!
この日の下り潮は経験したことのない激流です。

006.jpg




一投目、、潮上にキャストし、サラシを狙う。

が、、、ミノーが流され過ぎて回収。


二投目、、もっと×A潮上に投げる。




ドンexclamation×2


ヒラスズキ75センチゲット手(チョキ)


友人ジョスエにポイントを替わるとまたまた75センチ!!

004.jpg



フカセ師の後輩達もルアーマンに転向し、四人で投げる!!

ポイントを暖めるなんて、我慢できるはずもなく・・・



沈黙。。オシマイ。


僕以外はフカセを始めるが激流に対処できず、弁当船で磯替えするという。

僕はルアーしか持ってきていなかったのと腹痛で野〇ソの出来る磯に固執していたため、一人残ることに。


何もないな〜と弁当を食べていると、カツオの一本釣りの船がシャワーの中にコマセをブチ込んでいる。
よく見てみると、ナブラ!!

だんだん近寄ってくる!!

コマセをガンガン撒いて、ポンポン釣ってる!


瀬に近づき過ぎた船が離れるタイミングでオシアペンシルをキャストすると、一撃で人生初カツオヒット!!

が、、、潮の流れと魚のパワーに何も出来ずに瀬に廻られ、プッツン。。



この後、潮が沖を流れるようになり、腹痛と格闘しながら休憩。


暇を持て余しているとこに上手そうなルアーマンが同じ磯に移ってこられたので、テクニックを見て盗む。
地磯だと他の人の釣りを見る機会が滅多にないので、こっそり楽んでました。



こんな感じで一日目は終わり。
サークルメンバーもコロダイや30前後のグレ、南国fishを釣っており、皆で潮岬を満喫しました。


続きというかどーでもいいこと。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。