2009年06月20日

間違いだらけの方程式 ヒラスズキ編

土日の2日間、満足するまで帰らんと心に決め、串本へ。


ショア青物、フカセ、ヤエン、ブッコミ、etc...

何でも出来るよう持っている釣具を車にぶち込むパンチ 
(エギングは釣れる気がしないので、お留守番。)


今回のタギリは半端なく、ノンストップで串本に到着して磯に向かう。
am2:00頃、入りたい磯に行くが、すでに先客が。


近くの場所を確保し、寝て朝を待つ・・・はずの予定が雨雨   天気予報では降水確率10%位だったはずたらーっ(汗)   






4時が過ぎ、明るくなってくるが、風が向かい風なのでジグすら気持ちよく飛ばない。。
今回はシイラでも釣れたらいいなと考えていたが、飛距離が出ないと薄そうってことで、メインターゲットをヒラスズキに変更。



だんだん雨が強くなり寒い。。1匹釣って午前の部を切り上げたい一心で本気のランガンダッシュ(走り出すさま)


1時間位サラシを叩き、行ける範囲のポイントが減ってきた頃・・・ハニースポット発見ぴかぴか(新しい)

高確率で70over が僕のK−TEN目掛け、浮上してくる。

真っ白なサラシの中、突如姿を見せる黒いヤツは見れるだけで興奮する。



と思えるのは最初だけ。
興奮が冷めるとくると、どーしても獲りたくなる。



足元で良型をバラシてしまい、ハラハラどきどきイライラもんもんMAXに達してきた頃、、、

ちょっと危ないので避けていた、ハニースポットのハニーを狙うことにひらめき


案の定、一撃でHITるんるんるんるんるんるん

今度こそはバラすまいと無我夢中→→→後ろから不意討ち→→→ドボン


運良く、落ちた波の次で復帰でき、助かりましたが。。。




一息ついてルアー回収してみると、まだヒラスズキがついているぴかぴか(新しい)
ここで超高級ヤエンが投入される。。。もちろんオートマチックで眠い(睡眠)


ヤエンも到達したおかげか無事ランディングふらふら手(チョキ)

326.jpg


ミュートスが折れてしまったことにすっかり心も折れてしまい、実釣時間3、4時間で帰宅しました。





「ドボン+ポッキン=ヒラスズキ75センチ」

2週間前の後輩と全く同じ方程式。。。
当たり前の事ですが、魚を掛けているときの背後は要注意ということを改めて認識しました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。