2009年06月28日

サークルメンバーと串本釣行 二日目

2時に起きてみると、豪雨。
天気予報をみると、九時頃まで七ミリの雨。

誰も起きる気はない。
気が付くと釣人失格の8時!

釣りに行く気がある人は僕を含めてまだ皆無。

こんなことなら美人ダイバーと一緒に飲んでおけば・・・と皆思っていたに違いない。


軽くなっているはずの体を動かし、オオクワへ行くと、、僕ら同様に心の折れた釣り人が転がるクルマが何台も(笑)


超人気の地磯に到着すると、案の定ガラガラ☆


とりあえずヒラスズキを狙ってみるが、ダメ。


諦めていると、青物っぽいナブラが届きそうで届かないの距離で発生するが、寄ってこず。。


また沈黙の時間を過ごす。

暇なので後輩にフカセを借りてみると一投目で40センチゴマサバゲット!
直後に後輩が流したコマセバッカンをルアーで回収しようとすると、またまたゴマサバゲット!!
この日のハイライトをプレゼントしてくれた後輩二人に感謝!!

個人的にはヒラスズキより美味しかったので、ちょっと嬉しかった二匹のゴマサバ・・・。


昼上がりの予定通りに帰る準備をして車のとこへ。
その時にフカセ師が帰ってこられたので釣果を聞いてみると、青物に三発切られたとのこと。。。
磯竿3号で獲れないとなると、なかなかのサイズのはず。


当たり前ですが、早起き大事です。。。

雨にマケタ自分に後悔してしまう釣行でした。



P.S...
おぱたさんプレミア100H貸していただき、ありがとうございました!
ジグをシャクる時、ミュートスとは比べ物にならないくらい使いやすかったです!!



2009年06月27日

サークルメンバーと串本釣行 一日目

ミュートスが手元から離れてしまい、憂鬱な週末でも過ごそうと思っていると、、、
サークルメンバーが串本に行くという。

部長から「ほんとに行かないんですか?!」
この言葉に餌取り並みのアホさで釣られてしまう。。。



とは言っても竿がない。

この機会にプレミア96HHを購入しようかと思ったが、ミュートスの治療費を考えると、キツい。。。

悩んだ末、親切なおぱた先輩からプレミア100Hを借りて串本へ!!



三重大学に10時にシュウゴーし、潮岬の渡船屋へ向かう。
黒潮接岸しているためか予想以上に人が多い。

いつものように最後までクルージングを楽しみ、残り物の中で船頭に磯を選んでもらう。



降りた磯は一級磯、一級ポイントの反対側。
でも残り物の割りにはgood!!
この日の下り潮は経験したことのない激流です。

006.jpg




一投目、、潮上にキャストし、サラシを狙う。

が、、、ミノーが流され過ぎて回収。


二投目、、もっと×A潮上に投げる。




ドンexclamation×2


ヒラスズキ75センチゲット手(チョキ)


友人ジョスエにポイントを替わるとまたまた75センチ!!

004.jpg



フカセ師の後輩達もルアーマンに転向し、四人で投げる!!

ポイントを暖めるなんて、我慢できるはずもなく・・・



沈黙。。オシマイ。


僕以外はフカセを始めるが激流に対処できず、弁当船で磯替えするという。

僕はルアーしか持ってきていなかったのと腹痛で野〇ソの出来る磯に固執していたため、一人残ることに。


何もないな〜と弁当を食べていると、カツオの一本釣りの船がシャワーの中にコマセをブチ込んでいる。
よく見てみると、ナブラ!!

だんだん近寄ってくる!!

コマセをガンガン撒いて、ポンポン釣ってる!


瀬に近づき過ぎた船が離れるタイミングでオシアペンシルをキャストすると、一撃で人生初カツオヒット!!

が、、、潮の流れと魚のパワーに何も出来ずに瀬に廻られ、プッツン。。



この後、潮が沖を流れるようになり、腹痛と格闘しながら休憩。


暇を持て余しているとこに上手そうなルアーマンが同じ磯に移ってこられたので、テクニックを見て盗む。
地磯だと他の人の釣りを見る機会が滅多にないので、こっそり楽んでました。



こんな感じで一日目は終わり。
サークルメンバーもコロダイや30前後のグレ、南国fishを釣っており、皆で潮岬を満喫しました。


続きというかどーでもいいこと。

2009年06月20日

間違いだらけの方程式 ヒラスズキ編

土日の2日間、満足するまで帰らんと心に決め、串本へ。


ショア青物、フカセ、ヤエン、ブッコミ、etc...

何でも出来るよう持っている釣具を車にぶち込むパンチ 
(エギングは釣れる気がしないので、お留守番。)


今回のタギリは半端なく、ノンストップで串本に到着して磯に向かう。
am2:00頃、入りたい磯に行くが、すでに先客が。


近くの場所を確保し、寝て朝を待つ・・・はずの予定が雨雨   天気予報では降水確率10%位だったはずたらーっ(汗)   






4時が過ぎ、明るくなってくるが、風が向かい風なのでジグすら気持ちよく飛ばない。。
今回はシイラでも釣れたらいいなと考えていたが、飛距離が出ないと薄そうってことで、メインターゲットをヒラスズキに変更。



だんだん雨が強くなり寒い。。1匹釣って午前の部を切り上げたい一心で本気のランガンダッシュ(走り出すさま)


1時間位サラシを叩き、行ける範囲のポイントが減ってきた頃・・・ハニースポット発見ぴかぴか(新しい)

高確率で70over が僕のK−TEN目掛け、浮上してくる。

真っ白なサラシの中、突如姿を見せる黒いヤツは見れるだけで興奮する。



と思えるのは最初だけ。
興奮が冷めるとくると、どーしても獲りたくなる。



足元で良型をバラシてしまい、ハラハラどきどきイライラもんもんMAXに達してきた頃、、、

ちょっと危ないので避けていた、ハニースポットのハニーを狙うことにひらめき


案の定、一撃でHITるんるんるんるんるんるん

今度こそはバラすまいと無我夢中→→→後ろから不意討ち→→→ドボン


運良く、落ちた波の次で復帰でき、助かりましたが。。。




一息ついてルアー回収してみると、まだヒラスズキがついているぴかぴか(新しい)
ここで超高級ヤエンが投入される。。。もちろんオートマチックで眠い(睡眠)


ヤエンも到達したおかげか無事ランディングふらふら手(チョキ)

326.jpg


ミュートスが折れてしまったことにすっかり心も折れてしまい、実釣時間3、4時間で帰宅しました。





「ドボン+ポッキン=ヒラスズキ75センチ」

2週間前の後輩と全く同じ方程式。。。
当たり前の事ですが、魚を掛けているときの背後は要注意ということを改めて認識しました。

2009年06月12日

癒しのサーフヤエン

僕には漁港で釣る腕がないので、また紀伊長島のサーフに行ってきました!



開始二時間目の午前3時頃、ドラグが一瞬ジッとなる。
サイズは大したことなく、なんなくヤエンを入れ、寄せてくる。

波打ち際でアオリが見えてるところで、バラシ。
いつものパターンか・・・。とガッカリしながらアジを再び投入。



このアジ動かねぇなと思い、竿を持つと間違いなくアオリ様手(チョキ)

今度はバラシなく、ゲット!!
305.jpg


いや〜小振りですけど、久しぶりの釣果は格別です





しかも連チャンでもう一匹追加。
image/2009-06-12T06:08:251



いやー癒されました!



308.jpg

2009年06月09日

美容院の兄ちゃんとイカ釣り

いつも行く美容院の方と南伊勢町の漁港でヤエン。

朝マズメ勝負でしたが、一回ずつアタリがあっただけで、とれず。。


「定置にも数匹しか入らんのに釣れるわけないやん(笑)」
と漁師さんにからかわれ、9時ごろに撤収しました。

最近、貧果な釣りばっかりです。。。
もう釣れないことに慣れましたが、遠征したくなってきました。志布志行きのフェリーに乗ってしまいそうです(笑)

2009年06月07日

串本地磯釣行 二日目

車内泊で蚊に悩まされて、2時に起きて磯へ

狙いの場所はすでに人が入っていたので、仕方なく移動。

薄明かるくなってきたころ、ペンシルで狙ってみると・・・


ダツ
ダツ
ダツ
ダツ
ダツ
の五連チャン。



日が昇ってからはジグで探る。
撃投ジグ100gをシャクっていると、強烈な引き後プッツン。。
歯でリーダーをぼろぼろにされていたので青物ではなかったと思うが、姿を拝みたかった。


昼までの予定だったので、セーブなしでシャクリ続けたが、いつものように何もなく終了。


早く青物andシイラ釣りたいです。

2009年06月06日

串本地磯釣行 一日目

後輩ほーきとS、ツツミの四人で串本へ

もちろんルアーメインで保険にフカセも準備。


この日の串本は波三メートルということで、ヒラスズキ日和。
僕はビビりなので、安全なところで釣りをしていると全身ずぶ濡れの後輩Sが75センチのヒラスズキをキャッチしている。

話を聞くと、ランディング中にデカイ波がきて、流されるもリーダーを離さなかったそうな。。
この時にティップを折った後輩にガイドしてもらい、僕もヒラスズキを求めて全身シャワーを浴びに行く。

真っ白なサラシの中から二回飛び出して来たが、キャッチできず。





休憩がてら、フカセを始める。

狙うは良型イサキだったが、エサ取りだらけでアラサー尾長がぽろぽろ程度。


とりあえず魚が釣れたことに満足し、爆睡。。。



気が付けば、すでに夕方4時。
それからも青物、ヒラスズキを狙うが、何もなく終わりました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。