2009年05月30日

サークルトーナメント第二戦

サークルトーナメントで西の湖に行ってきました。


釣果は聞かないで下さい。。。


朝からずっと葦打ちしましたが、1バラシのみ。

あまりにも釣れないので、次に使ったのは、、青物用のK―tenとかポップクィーン・・・。

No Fishで帰るのも寂しいので、最後の2時間はスピニングでチョコチョコして帰着しました。


いたるところでベイト(5cm位のコイorフナの稚魚)が水面でピチャピチャしており、バスナブラが時折見れました。
小さそうということもあり、ナブラ見れても全然テンション上がらなかったです(笑)



来週末は久しぶりにショアジギング行くので、めちゃくちゃ楽しみです。

2009年05月23日

サークルトーナメント初戦

サークルトーナメントで琵琶湖南湖でバス釣りに。

初戦はランカーハウス寺田の際川で行われました。

ルールは↓ ↓ ↓ な感じです。
サークル活動ブログ:http://linebreakblog.seesaa.net/article/119882709.html


後輩達には負けたくないので、ラインを巻きかえるという力の入れ様ぴかぴか(新しい)
当たり前か・・・。

僕は友人Jとサークル最年長コンビで釣り開始exclamation×2

朝一、エビモのアウトサイド付近まで漕いで、スコーンを投げると45センチ位のゲット!!

その後、ライトリグでチョコチョコやるが、40センチ位のが釣れただけであまり反応がよろしくない。。。

それにTシャツ一枚で船に乗り込んだため、寒すぎる。
体を暖めるべく、またスコーンを投げてみるとまたもや45センチ位のをゲット!!


その後、ビールを飲み、ふらふらになりながら釣りをするが、なかなか釣れない。


最後、センコーでデカイやつがヒットするが、ウィードに化けて終了。


僕は3匹3360gで4位手(グー)
優勝は55センチと50センチを持って帰ってきた後輩でした。

結果:http://linebreakblog.seesaa.net/article/120144119.html


来週もサークルトーナメント第二戦が西の湖であるので行ってきます。
本音を言うと、海でルアー投げたいのですが・・・。

2009年05月22日

難しいっす・・・

最近、ちょこちょこ夕方出発〜朝までって感じでアオリ狙ってますが、、、

アオリ釣り、難しいですね。。。


アオリのパワーをなめ過ぎてラインブレイクふらふら

ヤエンが途中で絡まったり・・・

周りに僕の釣りをしているところを見られたら、危なかった(笑)




※面倒なので釣行7回分のまとめ


夜中に1人、釣りできるのは数時間しかないって事で車からすぐの漁港とサーフでヤエン。

紀伊長島〜尾鷲の漁港でやってみましたが、人が多いのが性に合わなくて、結局サーフメインで。

基本的にサーフでアオリ狙っている人は居ないので、いつも貸切です手(チョキ)


こんな浅くて、アオリいるの?!と思うところでやってますが、たくさんの人が竿を並べている漁港よりガンガン抱いてきます。

餌を求めて浅場を回遊しているのか、活性が高い気がします。


1kg位のアオリは難無く取れるのですが、デカイのは沖に走っていって、獲れず。

根が多い磯場よりも隠れる場所が少ないのか、なかなか止まらないことが多いです。


悔しくて、学校サボりと睡眠時間削除して可能な限り通いましたが、結局大きいのは無理でした。

1kg前後のは冷凍庫に入らないくらい釣れました。



体力的にダメージがデカ過ぎるのと夢中になり過ぎて学業に支障が出るので今後は控えますたらーっ(汗)


そろそろ磯でルアーを投げたくなってきたので、、、
うまい方、良ければ敵討ちをお願いします(笑)

2009年05月06日

雨の中のサーフヤエン

2日前、短時間・鯵二匹という状況でアオリが釣れたサーフヤエン。

あのでかかったアオリの事を悶々と妄想してしまうので、雨でもお構い無しと友人Nとジョスエと行ってきました!


三人でアジ45匹で足りるかな?釣れ過ぎて冷凍庫入るかな?
など調子のりながら、4時に到着。


結果は
僕・のーばいと。
N・夕方抱くが、ヤエン投入前にアオリがなぜか水面にという大失態。
J・朝イチ、初ヤエンでいいサイズをかけるが、ファイトを楽しみすぎバラシ。



夕方までやって、こんな感じで三人仲良くボーズで終了しました。

敗因は濁りがひどかったこと。
場所移動しようにもサーフのつもりだったので、三人揃ってタモ忘れたこと。

また懲りずに行ってきます!

2009年05月04日

ちょっとハードなGW釣行 2日目

合宿を楽しみ、2時間ちょっと寝た後、、尾鷲の地磯へexclamation×2

この磯もちょっと歩かないといけない所なので、貸切手(チョキ)

ヒラスズキを狙ってみる。


波も予報の1.5mと思えない位あったが、反応なし眠い(睡眠)

心がすっかり折れたため、9時に引き上げる。
この磯を短時間で往復したため、もう限界ふらふら

それにしても、ここまでヘタってしまうとは。。。要筋トレです。。。。




賀田湾でキス釣りをしている先輩たちと合流。
ボチボチ釣れてるみたいだが、僕は1時間くらいやってみてピンキス1匹のみ。



先輩も翌日関東に帰られるので、このあと昼飯を食べて帰宅する予定



が・・・急遽紀伊長島の浜でキス釣りをすることにるんるん

僕はキス釣りではなく、残っていたアジ2匹でサーフヤエンをする。


サーフヤエン
先輩達と離れるのも面倒という理由で



まさかここでドラマが起きるとは・・・
287.jpg


こんな感じでウトウトしながら泳がせていると、、、



ドラグが鳴り響くぴかぴか(新しい)


魚?!アオリ?!


それにしても沖へガンガン持っていく。


全く止まる気配なしるんるん


これ以上持っていかれるとヤエンを投入できる場所まで寄せてこれるのか不安になり、強引に寄せにかかる。


やはり強引すぎたみたいで、good-byeふらふら

回収したアジの齧られ方は完全にイカッチの仕業でした。。。

あんなに強いパワーで持っていかれたのは、初めての出来事でした。




すぐに残り1匹に期待を込めて投入手(グー)


速攻で喰ってきたのは、余裕で対処できるサイズ。。。

難無くヤエンを投入。
291.jpg



1杯目の悔しさもあったけど、帰る間際の嬉しい一杯手(チョキ)

サーフヤエン
奇跡の価値は

最高でした手(チョキ)


今度はア
ジ大量に持参してリベンジしてきまするんるん

先輩ぼらさん、ヘタレな僕と2日間一緒に行っていただきありがとうございました(^^)v



2009年05月03日

ちょっとハードなGW釣行 1日目

OBボラさん、友人Nと車に釣具をたくさん積み込み、準備をする。

まずは夜アオリということで、津を10時過ぎに出発し、二木島へGOooダッシュ(走り出すさま)

二木島midnight はすでに釣り人でいっぱい。。。
何とか三人が入れそうな所を見つけ、アオリを狙う。
アジを泳がせるが、アオリの反応はない。。。

ぼらさんが小さいアオリ釣られた以外は、ハイライトなく4時になる。



アオリは諦め、ショアジギングの準備をし、地磯へ

地磯は二人のフカセ師しか居らず、テンションupわーい(嬉しい顔)


まずヒラスズキを狙ってみるとセイゴサイズが飛び出してきたが、のらない。。


俺のシャバジグに結び換え、探ってみる。
テロテロ巻いてると・・・

ガっツンどんっ(衝撃)


始めの元気の良さで期待してしまったが、ガリガリの60センチ
286.jpg


もしやハマチ連発?!
と期待してしまったけど、これで終わり



この間、ヤエンで良型が釣れた地磯にいる先輩たちと合流し、エギングをしてみようと思ったが、強風で何も出来ずバッド(下向き矢印)


この日はこれで終了。
サークルの合宿のキャンプ場がある下北山に向かうダッシュ(走り出すさま)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。