2009年03月21日

釣れなくてもいいやん!! 4日目

この日も車内泊をして、友人Nと大島の地磯に。

3連休の真ん中ということもあって人だらけ・・・。

車を止めるところで寝ていたのだが、1時半に磯にいく人もあせあせ(飛び散る汗)
それから3時頃まで、たぎった釣り人が何人も磯に向かっていったようだ。

鈍感な僕は爆睡していたので、友人N情報ですが(笑)



僕らはのんびり5時出発でなんとか場所を確保し、釣りはじめる。

なんか釣れる気配がない・・・。

波がすっかり落ちて、平和な海面。


毎日この磯で釣りをしている元気な強者夫婦の方の話によると・・・
今年はナブラも少ない。
ベイトも少ない。
ってことで場所移動ダッシュ(走り出すさま)

しかし移動した磯も人だらけで満足に釣りが出来ずに終了。


今年は串本不調なのか・・・。
でも夢を求めて、また近いうちにリベンジしてきますexclamation×2

2009年03月20日

釣れなくてもいいやん!! 3日目

友人Nと車内泊して朝を待つ。

夜中、暴風と豪雨で何回か起こされるが、朝7時頃に天気も良くなってきて、出撃!!

海は荒れていて、足場の高いところならなんとかという感じ。

ベイトは足元にたくさんいるが、ダメ。。。

ジグをフルキャストしても、サラシの切れ目に届かない。

昼頃、大コケしてしまい、膝とソルティガとミュートスで受け止めてしまう。
タックルも体も心もボロボロになって、流血しながらの撤収たらーっ(汗)


このあと串本のエサ屋さんで、数は少ないが3kgは当たり前と吹き込まれ、アオリを狙いに行くが・・・
もう思い出すのもしんどくなってきたので、ここらへんで(笑)

2009年03月19日

釣れなくてもいいやん!! 2日目

前日、尾鷲のDさん宅に泊めていただき、N山先輩と友人Nと島勝の渡船に
今寒グレシーズン、ラストのつもりだったので、なんとしても釣りたい。。。

一級磯、ササドの地に降ろしてもらい、釣りを開始。
初めていく磯でよくわからないが、いい感じぴかぴか(新しい)

弁当を届けてくれるまでは、気配ムンムンだったが、釣りきれず。。。
この日も大した釣果なく、終了。

いつもお世話になっている餌屋さんのオススメで初めて島勝に行ってみたが、なかなか良い所だった。
それに500円のお弁当がメチャウマるんるん
でっかいトコブシが入っていて、このお弁当を食べるだけでとても幸せな気分になれた。


このあとN山先輩と別れ、友人Nと串本に直行ダッシュ(走り出すさま)
なんとか夕マズメに到着し、地磯に入ってルアーを投げるが、なにもなし。

2009年03月18日

釣れなくてもいいやん!! 1日目

前日東京から帰ってきて、アルバイトを済ませ、わくわくしながら連荘釣行の準備をする。

1日目、N山先輩と古和浦でフカセ釣り。
久しぶりの渡船ということで、朝からソワソワわくわくしてしまうるんるん

そして名礁大島にぴかぴか(新しい)

準備をして1投目、ドスッと手元に伝わってきていきなり30センチちょいの口太

その数投後にまた30ちょいの尾長


今日はいけるグッド(上向き矢印)と思ったのはここまでで、強烈な上り潮で餌すら盗られなくなり、タイムアップ・・・。

2009年03月11日

ヒラスズキブーム

前回のヒラスズキの乱舞を体験してブーム到来中の僕と、前々から釣ってみたいと言われていた先輩おぱたさんで前回と同じ地磯へexclamation×2

先輩が道中バテバテだったが、気を遣うことなく早歩きで磯に向かう←失礼致しました(^^)たらーっ(汗)
到着したのが日の出後だったので、急いで準備をする。

一投目、二投目・・・

バホっどんっ(衝撃)





のらない。。。



しかし、ヒラスズキの姿を確認できて安心する。
この日も僕のいる磯のどこかにひっそりと潜んでいるはず・・・
そう確信するが、朝マズメはもう一度出ただけで終了。

サラシが小さく、チャンスは夕方まで厳しいと思い、フカセに変更する。

でも、エサトリばっかふらふら
コマセを蒔くと、キタマクラ、カワハギを確認。
一気にやる気ダウンしてしまう。。

渡船組もあまり釣れていないので、コマセをパパッっと消費して、ルアーマンに復帰ぴかぴか(新しい)



そして夕マズメ・・・
先輩にチャンスは今からだと思いますよ!!と言い残し、サラシをランガンしていくexclamation×2


薄暗くなってきて、、、



くるか?!くるか?!
ハラハラドキドキしながら、ミノーをリトリーブー(長音記号1)


とても小さなサラシの切れ目に差し掛かった瞬間


バホっグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)




一気にドーパミン噴出し

無我夢中でゴリ巻きして抜き上げたのは

ちょいアゲサイズ (ちょっと痩せ気味ですが・・・)
001.JPG



今までどんな青物がヒットしても獲れるようにと、OWNERのスティンガートリプルフックST-66でヒラスズキも狙っていたのですが、、、今回フックサイズをST-46に変更してみたところ、掛かりは抜群に良くなったような。。。

今までブットいフックで、思い切りアワセをかませばいいやん!と思っていましたが・・・
釣果を考えると、重要になってくるんだなと今になってようやく気付きましたわーい(嬉しい顔)


[この日使用したタックル]
ロッド:muthos110H
リール:ソルティガ4500H
PE:GALIS JIGMAN X4  3号
リーダー:漁具用60lb
ルアー:K-TEN BLUE OCEAN 115mm  SH・レッドヘッド



2009年03月07日

ヒラスズキショー

就職活動も僕の中では終盤に近づき、久しぶりにスッキリとした釣りるんるん
並々ではないタギり様で釣りに行ってまいりました。


最近、外しなしだった熊野の磯に行きたかったけれど、前日までの雨続きで山道が少々怖い。
仕方ないので、直前で尾鷲の地磯に変更。

アオリが無性に釣りたかったので、前日に新品のエギを大人買いする。
270.JPG 一番右の210円エギ以外、全て新品という力の入れ様ぴかぴか(新しい)


しかし磯に到着すると予報通り。。。波&ウネリが高くエギングは厳しそう。
渡船客もなく磯貸切だったが、朝方は足場の高いところしか出来ない。
磯ladysのライジャケを着たカゴ師の後輩ホーキ(男ですが・・・)と先端付近の高場に入って準備する。
273.JPG



前日からイメトレ・妄想していたエギングが出来なくて、萎えていたが、、、
ポジティブに考えると、エロいサラシだらけぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


ヒラスズキを狙ってみると、、やはり出るわ出るわグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


しかし青物を想定し太軸フックをセットしているため、なかなかのらない。


50〜70クラスのジャンプショーを楽しんでいると、バコっとメガサイズヒット!!

ゲームのような激しいエラアライを楽しんで、寄せてくるが、想定外のデカさと高過ぎる足場あせあせ(飛び散る汗)

ウネリを見ながら移動し、刺身を想像した瞬間、、、バレましたバッド(下向き矢印)


老魚やから、どうせ不味かったやろ!と自分に言い聞かせてキャストを再開する。
もちろん完全な負け惜しみですが・・・(笑)

次を狙うものの9時が過ぎ、反応が極端にウスくなる。

夕方まで厳しいかな、、、と思いながらキャストを続ける。



1時間・・・





2時間・・・・・





3時間・・・・・・・・・・・・・・





出てくれました
即抜き上げ可能な僕サイズ!
284.JPG


この後、真っ暗になるまで果敢な姿を何度も魅せてくれたが、結局獲れたのは一本のみ。。。
でもこんなにヒラスズキが出たのは初めての経験で、楽しい一日となりました手(チョキ)


確実に獲っていくために、今後タックルや釣り方など試行錯誤しないと・・・


[この日使用したタックル]
ロッド:muthos110H
リール:ソルティガ4500H
PE:GALIS JIGMAN X4  3号
リーダー:漁具用60lb
ルアー:K-TEN BLUE OCEAN 14cmレッドヘッド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。