2009年02月08日

尾鷲地磯を彷徨って

ヒラスズキを夢見る後輩Sと尾鷲の地磯へ!!

朝から投げとおすが、ヒラ・青物の反応は全くなし。。。
すっかり意気消沈してしまい、二人座り込む。
これじゃあ2月最後の休みが台無し・・・

「地磯、開拓せーへん??」と言ってみると後輩がやる気にぴかぴか(新しい)
原生林をよじ登り、トータル2時間は歩いただろうか・・・
何とか行ってみたかった磯の絶壁上にたどり着く。
頑張れば降りれそうだったが、安全を考え、ロープを準備し後日に来ることに。

結局引き返し、降りれそうな場所で釣りをする。
ここも初めての場所で、シモリがたくさんあり、ヒラスズキ狙いの後輩Sにとってはかなりいいポイントだった。
僕にヒラスズキのアタックがあったが、いつものように弾かれる。。
真昼間でベタ凪ぎだったのでこの1発のみ。

まだ道(道ないけど・・・)が曖昧なので、3時頃撤収し、いつものポイントに戻る。


夕方も何もドラマは起きず・・・
僕は昼間の地磯開拓ですっかりバテ、磯の上に転がる。

辺りはすっかり薄暗くなるが、後輩Sは無我夢中でヒラスズキを狙っている。
こんなに暗くなると、青物は無理だろうな〜と空を眺めていると、遠くから変な声がexclamation&question




以前、N山先輩から「この磯は何か見たくないもん出るぞ!!」と脅かされていたので、急に寒気が・・・





気味悪い声は、後輩Sの雄叫びでした(笑)
僕の方に有り得ないスピードで駆け寄って来た後輩が手にしていたのは、、、

87センチの見事なヒラスズキexclamation×2
おめでとうるんるん
初めての1匹がランカーやと、人生狂わされるで〜



僕も人生狂わないように、2月中はとりあえずこれで釣り禁。潮の遅い地域では働きたくないので、就職活動に専念します手(グー)
親切な先輩、友人、後輩の方々、デカイ魚を釣って誘惑しないでもらえると嬉しいです。

内定もらったら、とりあえず教授には黙っといて・・・
バレるまで串本でハローワークかな手(チョキ)

いや〜不景気やから大変っするんるん

2009年02月07日

昼から

午前中用事があったため、昼から青物狙いで。
先輩M、友人N、後輩Sがいる熊野の地磯に。

でも・・・ベタ凪ぎの日に昼から釣れる気がしない。

先輩のフカセをやらせてもらい、1投目で運良く30アップのグレを釣っただけ。

この後、先輩がグレの50upを釣り、自己記録更新ご満悦で終了。
いや〜凄かったです。
ゴリ巻きで50のグレをすんなり浮かす先輩の腕に脱帽でした。おめでとうございますわーい(嬉しい顔)

僕と後輩Sは車内泊で次の日に備えるるんるん

2009年02月05日

釣れなくてもいい釣りだったけど

基本的にヒマな僕には珍しく、この不景気時代の就職活動は精神的に疲れる毎日。
大阪までの電車の中でiPodから流れる音楽を聞くより、磯に行って波の音が聞きたい。。。
そんな社会不適合者の僕は、ルアータックルを持ち、ふらっと熊野の磯へ!!


のんびり準備し、アスリートミノーをキャストしてみると、いきなり磯際で70センチ位のヒラスズキヒットexclamation×2
フッキングと同時にズリ上げパンチ
手の届きそうなところで、フックが外れ、コロ×Aと海に戻って行かれました。
う〜ん、会社から落とされるより、悔しいっすバッド(下向き矢印)


ええサラシ出てるので、まだチャンスはあると思い、気を取り直しキャスト!!
またまたガツンとexclamation×2
いきなり強い突っ込みぴかぴか(新しい)

ヒラスズキってこんなに引く魚やったっけ・・・。
もしかしてかなりデカイのか?!
それとも青物か?!!
ゴリ巻きで足元まで寄せてくるが、アップダウンが激しいサラシの中でフックオフたらーっ(汗)



今のまたヒラスズキやったんだろうか・・・



疑問に思いつつ、またまた気を取り直してK-TEN14センチ(パール・チャート)をキャストexclamation×2
ルアーを確認しながらサラシの中をゆっくり引いてくる。

足元で飛び出してきたのは・・・



ヒラスズキではなく・・・



本命の・・・





006.JPG011.JPG

77センチ、よく肥えられたメジロ様でした手(チョキ)
無欲で釣りに行くと、いいことありますわーい(嬉しい顔)


まだまだ釣ってやろうとギラギラし出すと、やっぱりノーバイト。

でもこの1匹で充電完了し、昼過ぎにニヤけながら帰宅しました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。