2009年01月17日

やっぱり三重県最高!!

とタイトルではいかにも釣れた感じですが・・・
「暖かさ、適度な波、、、快適な釣りが出来るぴかぴか(新しい)

三重県のありがたみを感じながら釣りをしました。


この日、訪れた磯は、大好きな熊野の磯。
フカセが釣れているみたいだったので、 狙いは良型グレメインで!!

駐車場で出会い、「一緒に行こう。」と気さくながまかつさん(ガマカツでバシッときめられていたので、勝手に名称しました)と一緒に磯に向かう。

黒潮の影響だろう。
ガンガンに潮が流れている。


オキアミの解凍する間だけルアーを投げた後、フカセに没頭。
でも3ヒロでやるが、エサは取られない。

30後半のグレを釣った、がまかつさんから竿2本でシモらせ、更に沈めているとアドバイスを頂く。
僕も試してみると、この日初のアタリるんるん

ベラだったが、アタリ取れるのか疑心暗鬼だった深タナに少し自信がつく。
でも潮の流れが速すぎて、このタナでは同調はしていないだろうなと感じた。


潮下の方で、朝遅い時間におじさんが来て、釣りを始めている。
釣り始めてすぐ、50センチ位のグレどんっ(衝撃)
おそらく僕とがまかつさんのコマセが効いてるのだろう。

そこからおじさん、怒涛の3連荘exclamation×2
全て僕の自己最高を大きく上回るグレだった。


昼前、寝ぼけた僕にも眠眠打破させてくれる強烈なアタリがあったが、対応しきれずにブッチン・・・ふらふら

その後アタリもないので、磯寝眠い(睡眠)
寝ていると、がまかつさんが「足元でボイルしてるで!!」
親切に起こしていただいたが、寝ぼけた僕が起きた時には異常なし。

その後、フカセでコッパ大と30cm位のチャリコを釣って納竿。
釣果には恵まれなかったが、がまかつさんの釣り方など見たり、聞いたりできて、フカセが少しうまくなれそうな気がした釣行だった。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。