2008年10月12日

iso満喫

例年、僕らのサークルは学祭(11/1、2)で水族館を作る。
その水族館で展示する魚を採集するためにサークルメンバー9人で串本へ!!
僕と友人J、後輩Tは地磯へダッシュ(走り出すさま)

綺麗な魚、キモい魚、魚種問わず何でもCome On!!なので、今回はフカセ釣りメインで。
ショアジギタックルやタモ網も持参。


今週も一段と寒くなり、餌屋も満員、渡船屋も混雑とフカセ師が多くなってきた。
日の出とともに地磯に向かうと、やはり人が何人かいるので、空いている場所に入る。


まあとりあえず朝イチはルアーを投げるが、不発。。

タイドプールで展示用の小さい魚を採っていると、うりた渡船にいった後輩Kから着信が。
メンドクサイ(笑)が海を眺めながら電話をしていると、突然ナブラ発生。
規模は小さいが、サイズは良さそう!!
すぐさま電話を切り、ポップクィーン130をキャストするといきなり水面が爆発しヒットexclamation×2
だが、かかった場所が悪かったのか、すぐばらしてしまう。
この後もチェイスがあったが、アタックに至らず、ナブラ消滅眠い(睡眠)

このメジロクラスのバラシで完全に消沈してしまったので、フカセにチェンジexclamation×2


エサ取りも少なく、あんまり気配なし。。。
ナブラが気になり沖ばっかり見ていると、いきなり竿がノサれラインブレイク。。。

その後、潮も止まり反応もない。


午後3時頃からちょっと荒れてきて、フカセにはちょうどいい感じ。
木っ端グレが小気味良くウキを沈めてくれる。
フカセをやったことのない後輩に「ちょっとやってみる?!」とタックルを貸してみると、

いきなり「いや〜よく引きますね〜。」と後輩T。
1投目で30センチの口太グレ!!
俺、、、木っ端しか釣ってないのに(笑)


まともなサイズの魚を何も釣っていない僕は、少々焦りながらウキを眺める。
するといきなり消し込まれ、串本のモンスターヒット!!

かなりデカイ・・・
シモリだらけのポイントだったので、糸を出したくない。
友人Jの「竿折れそう・・・」とのアドバイスも気にせず耐える。
3発のデカイつっこみをなんとかしのぎ、浮いてきたところで、針ハズレ・・・ふらふら

「釣られてしまったと思ったわ〜」とニコニコする友人Jの悔しがる顔を見たかったが、最後にでかいのが一発来てくれて気持ちよかった。

バラシばっかりの23回目の誕生日釣行だったが、フカセの楽しさや串本の魅力を再認識でき、とても清々しい1日だった。


ついでに一緒に行ったメンバーへ!!
帰り道、サプライズで明らかに食べきれない量のケーキありがとう!!
いや〜量はもっと少なくて良かったけどな(笑)、嬉しかった手(チョキ)
ありがとう




































×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。