2008年09月27日

ランガン 紀伊長島〜二木島〜紀伊長島

串本から帰る途中、貧果に終わったためか変なテンションでエギングに行くことになってしまった。
津に戻りエギングタックルを準備し、OBのN山さんの車で数時間前通ったばっかりの42号を南下!!

まずは紀伊長島の漁港。
ベイトもたくさんいたが、ホタルイカサイズしか確認できず。
日の出とともに人が多数押し寄せてきたので、さらに南下。


そして海山の漁港に
墨跡がたくさんあったが、アオリの姿も確認できず。
人も入れ替わり立代わりってことでさらに南下。


次は僕一押しのカジカのポイント!!
比較的目立たない場所にあるので、貸切手(チョキ)
そこで早速ラインが走るが、フッキングせず。
その直後、先輩がコロッケサイズをゲット!!

よく見るとコロッケサイズが群れで回遊している。
このポイントで先輩もさらに1杯追加、僕もなんとか2杯釣ることができた。


数は伸ばせそうだったが、パラダイスを求め甫母に移動ダッシュ(走り出すさま)
ここはホタルイカサイズばっかりで、コロッケすら見当たらない。
ホタルイカサイズさえ数も少なかった。


甫母で釣りをしていたおっちゃんによると二木島の方がいいらしい
早速移動する。
噂通り、コロッケもないサイズがウヨウヨしている。
少し深めのところからなんとかコロッケ追加るんるん

だが後が続かないので、結局良かったカジカのポイントに移動!!
カジカで1杯追加したもののパッとしないため、先輩おすすめの紀伊長島の漁港へ移動。

もうすでに薄暗くなってきている。
信頼しているアオラ帝王3号ピンクでゆっくりテトラ際を攻めると、
ラインが走り、あわせると今日一番のジェット噴射exclamation×2
あがってきたのは、500〜600g位と思われる良型exclamation×2
串本ではアベレージサイズだが、事前情報によると三重では最大級サイズ。
200810011644000.jpg

このあとコロッケを追加し、納竿。


初秋アオリ&準備不足で主に使用したエギは途中の釣具店で買ったもの。
カラーローテーションをすればもっと釣果は良かったと思う。
秋アオリの反応を見るのにラトル入りのエギはとても効果的だった。


結果6杯だったけど、今の三重県の釣れ具合からしたらまあまあかな〜
伊勢志摩の方が釣れているみたいなので、近いうちに行ってみたいと思う


エギ:アオラ帝王3号、ゴールドサクラダイ
   MD SQUID・H-RV SLOW3号、金-グリーンスギ





2008年09月26日

鰤政を求めて 2nd Day

2日目、とりあえず友人Nの希望で本州最南端の地磯へ!!

朝イチ30分位はいい感じだったが、だんだん風速10メートルの強風が吹き荒れ、ウネリを増強。
危険を感じ、風裏になる大島の地磯へ移動。

ここはとても平和な海面いい気分(温泉)
と思いきや、到着して準備している間に腹黒い分厚い雲があせあせ(飛び散る汗)
秋を思わせる冷たい雨に1時間耐え、釣り開始。

夕方までこの磯でのんびりし、40センチ位に成長したシオ&ツバスを3人で5匹ゲット!!


このまま終了とおもいきや、3人ともこのままじゃ夏休みの思い出にならんということで、エギング!!
今回、持ってきているのはショアジギタックルのみ・・・
重いサオでエギをしゃくってみたが、もちろん坊主。
まあ他のエギンガーも釣れている様子は無かったが。。

今回、青物の気配がまったくなかった串本釣行だったバッド(下向き矢印)

2008年09月25日

鰤政を求めて 1st Day

台風も通り過ぎ、黒潮も一気に接岸。

タギリまくりのM1、3人組、最後の夏休みの思い出を求め、串本へ!!
到着してみると、第一希望の磯は満席バッド(下向き矢印)
もうすでに薄明るくなってきたので、第二希望の磯へ移動。

しかしシオ1匹だけで気配がないので、また移動。


地磯マップを手に地磯の新規開拓手(グー)
いいところを見つけたが、潮岬方面は荒れていて釣りにならない。

この後もまた移動し、青物の気配を探したが、何もなしで終了。

2008年09月22日

初フィールド、君が野ダム

台風後、海はどこも大荒れなので家でのんびりと考えていると、、
OBのモリモリ先生にバス釣りに半ば強引??に連れて行かれる

先輩の情報では、トップでバコバコ、巻物でガツンらしい(笑)
久しぶりのバス釣りで準備も出来なかったので、ベイトオンリーの強気タックルを手に君が野ダムへexclamation×2

到着すると珈琲カラーのドシャ濁りたらーっ(汗)

朝イチはバズベイトに数回アタックし噂もまんざらでなかったけど、その後反応薄め・・・

結局だんだん弱い釣りになっていき、先輩から借りたスピニングのダウンショットで子バス2匹で終了。。

あまり釣れなかったが、モロコやハス、オイカワなどがたくさんいて、ポテンシャルは高そうなフィールドだった。

2008年09月14日

串本キャンプ 2nd day

2日目、、、
後輩Sがヒラを狙いたいということで、潮岬の地磯へ!!

到着すると、いい感じにサラシが!!

釣り開始2投目で真っ白なサラシの中からBlack Finがアタックしてくるが、のらず・・・

後輩も3度襲われるがフッキングせず・・・

それにしてもヒラスズキは喰うのヘタクソあせあせ(飛び散る汗)
ヒラスズキがヘタクソなのかexclamation&question釣り人がヘタクソなのかexclamation&question

両方かな眠い(睡眠)


このあと平和な時間を過ごし、終了。


自分のタックル(特にロッド)に自信がなくなってから、魚が釣れん・・・言い訳やけど。
注文したミュートス110H、早く届かへんかな〜

2008年09月13日

串本キャンプ 1st day

サークルメンバー8人で串本キャンプexclamation×2

1日目、みんなで大島地磯へ!!
ちょい荒れで、気配ムンムンぴかぴか(新しい)

朝イチからキャストを続け、、、
後輩GがK-TENミノーの早巻きでモンスターヒット!!
足元でヒットし、物凄い突っ込みで完全にのされている。
→フック伸ばされ、バラシ。。

とれへんかったけど、これでルアーメンバーのテンショングッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


この後、40センチ位のツバスがポロポロ程度


ダメかなと思いながらも、信頼するポップクィーンをキャストし続ける。
すると、チェイス→水柱exclamation×2 待望の青い魚雷exclamation×2


ヒットしたポイントの手前に目に見えるほど浅い瀬があったので、フッキングせずゆっくり誘導するように寄せてくる。
ファイトに持ち込める場所まで少しというところで、方向転換され針ハズレ・・・。


この後、同学年のまっつんが知らない間に50センチ位のオオモンハタをゲット!!

僕も負けじとボトム付近でジグをシャくるが、ロスト連発。。


夕方まで粘るが、大したこともなく終了たらーっ(汗)



2008年09月06日

串本にて

先輩Dさんと共に串本大島の地磯へ
前日に黒潮が離岸してしまうが、到着してみると結構潮が動いている。

湾内寄りで薄暗いうちからキャスト開始!!
朝イチ、Dさんのミノーにヒットするが、バラシ・・・
直後に僕のミノーにもチェイスがあるが、喰いきらず・・・

沖向きに移動してすぐ
Dさん、40センチのカンパチゲット!!

この後も小さいナブラは何度かあるもののHITせず。


昼前にDさん帰宅。
このとき潮岬付近の磯へ移動ダッシュ(走り出すさま)

先端で大きな潮目があり、青物がベイトを追いかけているのを確認。
アスリートミノーS12で攻めてみる。
真昼間ということもあり見切られるので、超高速巻き→ヒット!!
が、、足元でバラシバッド(下向き矢印)

このあとサメが入ってきて、反応がなくなる。
この磯は諦め、朝に入っていた地磯に移動し夕方までやるが、異常なし。


今回、数少ないチャンスを釣果に繋げられない非常に悔しい釣行となった。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。