2008年07月29日

気になって・・・

一昨日の熊野釣行
ウネリが強くてはっきりとはわからなかったが、トップに何かが出た気が。。。
 
気になる・・・

でも、、、
その磯へ行くまでの山道、真横が絶壁で昨日の大雨で少々怖い・・・
って事で車を停める場所は同じで近くにある地磯で再確認してきます。

バイトが終わって、今1時半。。。
急がないとダッシュ(走り出すさま)


って事でクルマをぶっ飛ばし、なんとか日の出とともに釣り開始!!

八時半までやるも、ミノーにヒラが出ただけ。。


やっぱりちゃんと再確認したいため、一昨日の磯に行くことに。


一時間弱歩き、着いてみると、、
、沖向きはウネリがきつく、釣り座がないもうやだ〜(悲しい顔)
仕方ないので少し湾内寄りのところで始める。

午前中はゴマサバのナブラがちょこちょこあるだけ。

もう正午、、そろそろ帰るか・・・と思っていると、
沖からいい潮が入ってきたので、延長することに。

潮目に沿って、ピンテールミノーを投げていると、、、
かなりいいサイズのカンパチが3匹チェイス!!
フラフラとルアーについてくるだけで喰わない。。。
このチェイス一回で姿が見えなくなった。

粘って、一時間後にもう一度チェイスがあったが、興味はあるみたいやけど、見切られてる様子。

それから何もなく潮も悪くなったので、2時頃終了。


あ〜〜カンパチは難しぃ。。
何回もチャンスがない上に、なかなか口を使ってくれへんし。
数匹の群れやからナブラもでーへんし。。


しかしなんとかしてあのナメとるカンパチを仕留めたい。。。

2008年07月27日

熊野地磯

毎度お馴染みの友人Nとショアジギ初めての後輩Gと熊野の地磯へ


真っ暗なうちから地磯に向かい、日の出前から釣りはじめるが朝マズメ不発。。。

厚くなりバテてきたので、午前の部ラスト1時間と決めてキャストを続ける。

青物も薄めなので、磯際ミノーを通しヒラスズキを狙う。
一人で歩き回り、遠くでHITexclamation×2
足場が垂直で高いため、どうしようか悩んでいるとバラシたらーっ(汗)

その後ゴマサバのナブラがあり、2匹釣って午前の部終了。



いつも通り、昼間は泳いで日陰で昼寝眠い(睡眠)

午前中フカセのおっちゃんにシイラまわってたと聞き、夕方期待していたのだが、、、
あまりの気持ち良さに4時まで寝てしまい、完全出遅れあせあせ(飛び散る汗)


急いで地磯に向かい、午後の部開始ダッシュ(走り出すさま)

それから暗くなるまでキャストを続けるが、40センチ位のゴマサバ数匹と30センチのシオのみバッド(下向き矢印)



あ〜デカイ魚が釣りたいわ〜



2008年07月26日

津市野池

3ヶ月いた南伊勢から津に戻ってきたので、四年間通った野池に。

四時に出発、ルアーはバジェトチャートカラーのみ

やる気あるのかないのか??自分でもわからない(笑)

日の出前、一発でるもヒラスズキ並みの食いの下手くそさ

明るくなってきて、、、
ゴムボート+フローターAが浮かんでるのに気付き、いっきにヤル気右斜め下右斜め下右斜め下してしまう



明日、青いヤツがルアー丸呑みしてくれるのを期待しつつ、5時に帰宅

2008年07月20日

久し振りに潮岬へ/二日目

200807220200000.jpg二日目、三人揃って寝坊。。
急いで四時半から磯に向かうが、人がいっぱいで青物を狙える場所は空きなし。

朝マズメだけヒラを狙って早目に帰宅し、昨日の魚を肴に宴会することにした。

とりあえず昨日釣れたポイントでミノーを投げてみて様子を伺ってみる。
磯際でハタ系の魚が下から突き上げてくるも、のらず。。
50センチくらいのめちゃくちゃ旨そうなヤツだったのに。。

しばらく粘るが、暑くなってきたので、終了。

車に戻ってみると、先端に入っていた人も帰る準備中みたいだ。
話を聞いてみると、青物一本あげられたみたい。

寝坊したことを後悔しながら、僕らも帰宅の準備を。

まあクーラー空っぽで帰るわけじゃないから、まあいいや…


津に戻って捌いてみると、内蔵脂肪たっぷり、メタボなヒラスズキ!
身には適度に脂がのってて、とても美味しかった!!
また近いうちに(出来れば平日に)こっそりいってこよかな

2008年07月19日

久し振りに潮岬へ/一日目

P1000139.jpg連休に潮岬に行ってきました!!

久し振りの串本釣行。
気合いMAXで暗いうちから地磯へ向かうもウネリが強く、先端で釣りをするのは断念。。

海が落ち着くまで、地寄りの所で釣り開始することに。

いい感じでサラシが出来ていたので、ヒラスズキを狙ってミノーをキャストしてみる!!
うまく泳がず、表層を転がってきたミノーにヒラスズキがアタック!!
のらなかったが、活性は高いみたいだった。

しばらくすると友人Jが少し離れたところで、アスリートミノー12Sで55センチのヒラGET!
んぅ〜ウラヤマシイ。。

僕は15センチのミノーにチェンジし、サラシの中をゆっくり攻めてみると、
足元でフッっと軽くなった。。
魚??サラシのせいか???と思っていると、
ジャンプされ、バラシ。。。
70〜80位はありそうな良型だった。
一応アワせておけば良かったな。。。


そうしてるうちにウネリがマシになってきたので、先端に入ってみる。

友人Nが高級魚アカヤガラを釣るものの、青物の気配はないので、午前の部終了!

昼間、涼しいところで休んで、3時頃また地磯へ!

先端で釣りをしてる人に話を聞いてみるが、釣れてないみたい。

僕はもう一つの先端で釣り再開!
だんだん涼しくなってきた頃、ベイトが何かに追われている。

その話をNにした直後、、、
Nの竿が根元から曲がっている!!
ギャフを持って駆け付けると、、、すでに近くにいた方にタモ入れしてもらったみたい。

凄く綺麗な魚体のマダイ、76センチ!!デカ過ぎる。
おめでとう

僕も釣りたい一心でキャストを続けるが、不発。。

薄暗くなり、みんなが片付けはじめ、ボウズを覚悟する。

最後にと14センチのKーTENミノーでサラシをランガン!!

足元でヒラアタック→のらず。。
チョンチョンとアクション→アタック→のらず。。。
サラシの流れにのせて流し→アタック→三度目にしてフッキング成功!!

足元でかけたため、主導権を与えず、サラシを利用して一気に抜きあげる!!

73センチ、ヒラスズキゲット!!

九回裏にホームラン打ってやったって感じで、とても嬉しい一匹だった!

このまま一日目終了




使用タックル
ロッド:メジャークラフト ソルシア962H
リール:フリームスJ4500番
ライン:PE3号+リーダー40lb
ルアー:ピンテールチューン40g
SYSTEM MINNOW 15HDーS
KーTEN ブルーオシャン14センチ

2008年07月13日

久し振りに熊野まで

200807142210000.jpg最近忙しくてなかなか遠出できなかったけど一段落したので、友人Nベと甫母へ青物狙い!!

日の出前から出発し、地磯へダッシュ(走り出すさま)
朝マズメ、何もなし。。

どんどんランガンしてみると、サラシの中でシラスが追われている。

そのサラシにピンテールチューン40gを投げてみると、、、
3投目、足元でヒットどんっ(衝撃)
フッキングと同時に磯にあがってきたのは、50センチジャストのヒラスズキexclamation×2

この後も何匹かジャレついてくるが、小さすぎてフッキングせず。。


しばらくしてヒラの反応もなくなったので、沖を探ってみる、、、
サラシの切れ目に差し掛かった瞬間、メジロらしきヤツがミノーにアタックしてくるも、フッキングせず。
くっ悔しい。。。


その後、日が昇ってきて、もう汗だらだらあせあせ(飛び散る汗)
クルマに戻り、冷たいビールでブレイクタイム(*^^*)


その後、また違う磯へ

とりあえず泳いで体を冷却した後、釣り再開!!
が、、ベタ凪ぎカンカン照りで、反応なし。

夕方6時まで粘るも、友人がガシラをインチクで釣っただけ。。


もう一日中滝のように汗が出て、飲み干したお茶は4リットル。。
トータル2時間弱も歩いたからかもしれないけど。
これからのシーズン、熱中症に気を付けないと。。。





今回は青物釣れてないんでどーでもいいですけど、具体的な地磯の名前はやっぱり伏せておきます。
メールなどで直接聞いてもらえれば、全然OKですが。。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。