2008年01月19日

めちゃくちゃ魚影濃ぃ〜串本(^^)

tako.jpg19日、串本のうりた渡船に行ってきました!!

朝到着して、渡船屋の待合で話をしていると、、、
エサ取りでムロアジが沸いていると。。
エサ取りやのに30から40センチあるみたいで、魚の引きは味わえそうとワクワクします。

6時半になり磯渡しの時間になると、みんな目の色変わっているがく〜(落胆した顔)
紀東では考えられないような強烈さです。
みんないい磯にのろうと、列を成して並び、船首から場所をとっていきます。
船首に大勢の人が集まるため、船が傾き喫水ギリギリ!!
方向転換の時、船べりと水面の高さが同じになります。
船べりに座ってる兄ちゃんは、ケツが水面に漬かってるやないかどんっ(衝撃)

10分ほどで、なんとか無事に名磯アシカに到着しました。
アシカは今、ムロアジが沸いていて人気ないみたいですが、連れ4人で貸切状態だったので、気分が高揚しますわーい(嬉しい顔)

着くとすぐに、友人のナベがムロアジを釣り、楽しそうではないか。。
僕も準備をし、始めてみるとムロアジ入れ食い。。
とりあえずみんな魚の引きを味わうべく、ムロアジを釣って癒されるが、10匹程釣ると流石に飽きてくる。。

僕は表層にウロウロしているムロアジを避けるため、コマセを打ち分け、針の付近にガン玉を打ち、一気に底まで落とす作戦に!!

数投後、作戦が的中して、ドカーンどんっ(衝撃)とデカイ何かがヒットグッド(上向き矢印)

今までの人生で1番でかい何かには間違いないぴかぴか(新しい)
しかし、耐えようにも僕の腕ではどうしようもなく、一気に海面に竿が突き刺さり、一瞬でブチ切られてしまった。。
先輩いわく、ブダイ系の何からしい。。

ここまで強烈な魚の引きを味わったのは初めてで、ブチ切られはしたが、何か爽快感があった。

ほんとに凄かった。
針にかかっているのは、猛牛かと思えるような引きだった。


そのあと、ムロアジの魚影がさらに濃くなり、どうしようもなくなる。
バスロッドでムロアジを釣って遊んだりしていると、50センチくらいの青物が回ってきた。
連れの磯ロッドにジグを結び、チョイ投げすると、1投目にヒット!!
磯竿だからか、ジャンプされすぐにバラしてしまう。

あ〜こんな簡単に青物ヒットするなら、ショアジギング用のタックル、買うべきやったな〜眠い(睡眠)

それから数時間すると、また青物が回ってきた。
よく見ると、キハダマグロやん、、、(友人もマグロっぽいと言っていたので、間違いないだろう)
さすがに釣れなかったけど。。

その後も、ムロアジの攻勢は続き、、
ラスト1投。
残ったコマセを全部撒き、仕掛け投入
うまいことエサ取りをかわし、仕掛けが馴染んだ瞬間>>>

キュイーンー(長音記号1)
よっしゃ〜と思うも、これまた一瞬でブッチンバッド(下向き矢印)

まあ残念やけど、最後にもう一度夢を見させてくれたから、まあ良しとしようexclamation×2


渡船からあがって、アオリを狙いに漁港巡りに
しかしアオリの生命感は全くなし。。

先輩が、巨大タコを見つけ、エギで引っ掛けた。
穴に潜られ、ピンチあせあせ(飛び散る汗)
4人でタモで突っつき、なんとか頑張る。
しかし、ラインブレイクバッド(下向き矢印)
でも諦めず、タモで突っつき、出てきた瞬間に僕のエギを引っ掛ける。
またまた戦闘開始!!
さらに先輩のエギも引っ掛け、頑張る。。
しかし、僕がラインブレイクし、先輩のエギも足切れバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

けれど、長期戦のおかげで、巨大タコも疲れていたのか、ウロウロしているところをタモでGET!!

めちゃくちゃでかい!!
こんなデカタコ見たことねぇ手(チョキ)

ホントに紀東では味わうことのできないことばっかりの潮岬釣行でしたぴかぴか(新しい)
また近いうちにいきたいなぁハートたち(複数ハート)


19日のオミヤ
ムロアジ 42匹(大半リリースしたけど。。)
オジサン  1匹(35センチくらいの。。)
巨大タコ  1匹(軽く3キロオーバー。。)







×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。